5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2007年 01月 31日 ( 1 )

詰替用カップヌードル

 日清食品のカップヌードルと言えば、1月5日にインスタントラーメンの発明者であり日清食品の創業者でもある安藤百福さんが亡くなったことが記憶に新しいのですが、おもしろい製品を発売します。

 その名も「カップヌードル リフィル (詰め替え用)」です。同時に「カップヌードルシーフードヌードル リフィル (詰め替え用)」及びリフィル専用オリジナルカップ「マイヌードルカップ (プラスチック製リユースカップ)」とリフィル各1食をセットにした「カップヌードルリフィル スターターパック(下の写真)」も発売とのこと。

 まあ、いちおう環境に優しいエコスタイルを標榜しているということなのでしょうが、要するに簡易包装したカップヌードルの中味だけの販売を始めたということです。

 味はさておき、そのアイディアはすでにはるか前からチキンラーメンが実現していることです。チキンラーメンはカップ入りと袋入りが売られており、袋入りは適当な容器に入れてお湯を注ぐだけでできあがります、また、豪華などんぶり付きのセット(下の写真)も売られているので、むしろなぜカップヌードルではそのような売り方をしないのか不思議に思っていたのは私だけではないでしょう。

 チキンラーメンの味は、私はあまり好きではないのですが、カップヌードルは比較的好きで特にシーフードヌードルは「かなり好き」です。

 しかし、詰替用であるにもかかわらず希望小売価格が122円とは、ちょっと高すぎます。さらにカップ付きのスターターパックは、中味が2個分で570円というのは余りにも高いのではないでしょうか。普通のカップヌードルは、スーパーのセールでは80円台で売られていることもありますので、実際には値崩れしてくるのでしょうが、カップなしならば、50円以下になってもらいたいところです。

 と、ちょっと興味を持って発売を待っている気分だったのですが、残念ながら「3月26日(月)より関東地方1都9県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県、群馬県、栃木県、茨城県、長野県、新潟県)のコンビニエンスストア、百貨店、バラエティーストア並びに通信販売で新発売いたします」とのことでした。通販だと、安くなることはほとんど期待できませんので、とりあえずはスルーします。

 しかし、ほんとうにエコをめざすというのならば、もっともっと簡易包装のものを作るべきではないのでしょうか。
by stochinai | 2007-01-31 21:36 | つぶやき | Comments(10)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai