5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2007年 04月 18日 ( 1 )

留学生100万人計画

 今の政府の目玉が教育改革なのだそうですが、このくらいメチャメチャに食い荒らされると、真面目に批判する気もだんだん失せてくるものです。実は、それが教育再生会議の本当の狙いだとしたら、それもまた恐ろしいことです。

 ということで、いずれ出てくるだろうと思っていましたが、やっぱり出ましたね。今度は留学生100万人計画だそうです。

 2025年に留学生100万人 教育再生会議が目標

 留学生100万人計画:第2次報告に盛る方向 再生会議

 たしか中曽根総理大臣の頃、1983年に約1万人しかいなかった留学生を21世紀までに10倍の10万人に増やそうという計画がありました。バブル時代ということもあり、信じられないほどの奨学金(母国に送金して留学生の家族・親族を養ってもあまるほどだと聞いたことがあります)をたくさんの留学生に与えたこともあって、この目標は計画・実施した文科省自身がおどろくほどのスピードで2003年までに達成されてしまいました。

 下のグラフはここからお借りしたものですけれども、その様子をしめしたものです。折れ線グラフが留学生数で、棒グラフが投入された予算です。
留学生100万人計画_c0025115_2218594.jpg
 バブルが崩壊した頃に予算が頭打ちになってしまったのですが、なぜかその後に留学生が激増して、2003年までに10万人を達成したということを示す、興味深いデータです。

 このとき20年で10倍にできたので、今度も約20年後の2025年までに10倍の100万人に増やすことは可能だろうというのが、今度の100万人計画のようです。少子化で日本人学生数が減っているため、減った分を留学生で補填しようというのは日本産業界の要請でもあるのでしょう。しかし、日本の学生に対する奨学金が切りつめられたり、取り立てが厳しくなっている一方で、大量の予算を留学生のためにつぎ込むという政策は国民に支持されるものでしょうか。
 奨学金支給など予算面での支援も必要となるため、再生会議は、高等教育への財政支出を国内総生産(GDP)比で現在の0・5%から各国並みの1%に引き上げることも検討する。
 さらに、我々大学にいるものとしては、留学生1人を育てるには、日本人学生3人を育てるのに匹敵する労力がかかるという「実感」のようなものがあります。教員もどんどん減りつつある大学に、大量の留学生が流れ込んでくるということになると、教育の質そのものが劣悪化することが容易に想像されます。

 それとも、教育再生会議・政府はこの政策と引き換えに、大学教員の数を3倍増くらいにする覚悟があるのでしょうか。それなら、受け入れられなくもないのかもしれませんが、大学教員はあまり増やさずにこんな政策を実施したら、とんでもないことになるのは火を見るよりも明らかです。

 まったく教育再生会議というのは不思議な人達の集まりだと感じます。
by stochinai | 2007-04-18 22:45 | 大学・高等教育 | Comments(8)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai