5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2007年 09月 08日 ( 2 )

 台風一過の札幌です。昨夜は夜半頃に雨もほとんど上がり、風もない「穏やかな台風」でした。
重要文化財「札幌農学校第2農場」_c0025115_175249.jpg
 これは、いつも利用させていただいているweathernewsさんのサイトからお借りした、昨夜から今日までの1時間ごとの雨量グラフです。

 こちらは気温のグラフですが、朝のうち曇っている時にはそうでもなかったのですが、日が照り出すと久々に夏が戻ってきた感じでした。
重要文化財「札幌農学校第2農場」_c0025115_1793578.jpg
 あまりにも天気が良いので、まっすぐラボに行く気にもなれず、ほんとうに久しぶりに北キャンパスにある第2農場を散歩することにしました。こちらに良いガイドがありますので、参照しながら下の写真をご覧下さい。

 外からはしょっちゅう見ているのですが、柵に囲まれた中に入るのは何十年ぶりの気がします。びっくりしたことに、最近は建物の内部が博物館仕様になっておりました。総合博物館と同じく無料ですので、札幌にお寄りの節には是非ともおいで下さい。

 今日は人も少なく、のんびりと散策を楽しめました。まずは入り口です。
重要文化財「札幌農学校第2農場」_c0025115_171634100.jpg
 重要文化財になったのが、私が北大に入学した年なんですね。そういえば、あの頃は柵もなく、まわりでキャッチボールとかしていたような気がします。
重要文化財「札幌農学校第2農場」_c0025115_17182636.jpg
 これらがメインの建物ですが、誰がとっても絵はがきみたいになっちゃっいます。人が少ないのが、わかると思います。
重要文化財「札幌農学校第2農場」_c0025115_17205120.jpg
 製乳室の表札です。
重要文化財「札幌農学校第2農場」_c0025115_1725429.jpg
 こちらは製乳室の床下の空気抜きの窓です。どことなく時計台を思わせるところがかわいいですね。
重要文化財「札幌農学校第2農場」_c0025115_17264325.jpg
 収穫室穀物庫です。
重要文化財「札幌農学校第2農場」_c0025115_17302462.jpg
 サイトの写真と比べるとわかりますが、穀物庫の入り口の階段にバリアフリーのスロープが備え付けられているのはさすがです。

 打ち捨てられて朽ち果てた農業機械の車輪部分も、意図的というほどではないのでしょうが歴史の証拠に見えます。重ね板バネが懐かしく思えました。
重要文化財「札幌農学校第2農場」_c0025115_1738595.jpg
 モデルバーンの中に、珍しいものを発見しました。エルムの鐘というものです。
重要文化財「札幌農学校第2農場」_c0025115_17484426.jpg
 こちらに詳しい説明がありますが、広いキャンパス・農場を持つ札幌農学校には7つもこんな鐘があって、時を告げていたそうなのです。なかなかいいですね。こうした伝統は、是非とも復活してもらいたいものです。

 鐘の音を聞きたい方はこちらにありますが、そんなにロマンチックな音ではありませんので、覚悟して聞いてください(^^;)。

 今日からロゴも、モデルバーンの守り神に変えました。
by stochinai | 2007-09-08 17:55 | 札幌・北海道 | Comments(0)
 今朝の朝日新聞be(b-business)に出ていた【フロントランナー】「商品の短所を長所にする商才ボーズ社長佐倉住嘉さん(71)」の言葉はなかなか良いと思いました。

 商品の短所を長所にする 商才ボーズ社長 佐倉住嘉さん(71)
 ――かつて、オーディオ王国だった日本の名門メーカーの多くは今、勢いを失っています。どうしたらいいのでしょうか。

 佐倉  それはやはり技術ですよ。絶えず先進性を追って、しっかり技術に投資している企業は、伸び悩む時期があっても必ず再生します。でも、営業政策に技術開発が甘んじているようではだめ。技術力と営業力が、一緒に伸びていかないと。

 ――「あそこの製品が売れているから、似た製品を安く出せ」という考えではだめだと。

 佐倉  はい。逆に、他社とは違わなきゃいけない。我が社は他社に追われ続けることで、ブランドを確立してきたのです。
 スピーカーのボーズは今や日本でも有名になりましたが、元マサチューセッツ工科大教授のアマー・G・ボーズ博士が作った会社です。

 今現在、ボーズ社にどのくらいの博士がいるのか知りませんが、佐倉さんの考え方からいけば、間違いなく積極的に博士を雇用している会社に違いありません。

 日本の会社も自社開発するより、外国から特許を勝った方が安いなどと言っていないで、どんどん(使える)博士を雇い入れてチャレンジしていって欲しいと思います。

【蛇足】最近、「使えない博士」の話が多いのですが、そもそも使えない博士というのは形容矛盾の存在だと思うので、たとえたくさんいるとしても、特殊例として議論からはずすと話が進みやすいと思っています。つまり、それこそ自己責任というもので。
by stochinai | 2007-09-08 16:16 | つぶやき | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai