5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2007年 10月 03日 ( 1 )

札幌のプロポルノ教頭

 札幌市立星置東小学校教頭の細田孝幸(54)が児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されたという事件に接して、彼を教員に採用し、教頭に昇進させ、日々の勤務状況を把握すべき、教育委員会、校長、教頭の責任はもっと厳しく問われるべきだと思われますし、そもそも教員採用や昇進のシステムそのものを改めて点検しなければならない、考え直さなければならないと考えています。

 安倍内閣時代を頂点に、政府を先頭として世の中あげて教員バッシングをしていたことは記憶に新しいのですが、教員を非難する前にどうして、その教員を採用し教頭・校長へと昇進させるシステムにこそ問題があるという議論にならないのか不思議でなりませんでした。

 確かに、今回のようなあまりにも異常な例を見ると、安易に普遍化することはできないとは思いますが、指導力不足教員だとかわいせつ教員などが本当にマスコミが取り上げるほどたくさんいるのだとしたら、教員選考・監督・再教育システムの方に問題があると考えるのが当然だと思います。

 それが、いつまでたっても何が起こっても悪いのは教員ひとりで、教育委員会も推薦した校長や教頭も「驚きを隠さ」なかったり、「『想定外の事案』と頭を抱え」ているのは責任回避と言わざるを得ません。

 もちろんこんな男は普通の社会にもそれほどたくさんいるというわけではありませんので、たまたまこの教員を選考したり推薦することになった人々は気の毒だというふうにも思えますが、彼の邪悪さを検出することのできなかった教員採用・評価システムには明らかな欠陥あると見るべきだと思います。

 現状では、教員を採用するにあたって、単に知識の多寡や、教育技術の修得、さらには教育委員会に対する忠誠度などだけで選んでいるのではないかと思われる噂はたくさん見聞きします。その評価方法から見直す必要があるのではないでしょうか。

 また、この教頭は「朝は7時前に真っ先に出勤し、遅い時は午後8時に退勤していた」と校長が語っているそうですが、校長は時間ではなく彼が何をしていたかを見ていたのでしょうか。教頭は「約16年前からわいせつ写真を投稿しており、雑誌への写真投稿で、毎月20万円ぐらい稼いでいた」という、ほとんどプロのエロ事師だったようですから、まわりにはそのことを知っていた人間が複数いたはずです。学校という職場に正常な人間関係が築かれていたならば、そうしたことに対する通報もあり得たと想像されますが、そうしたことが一切なかったのだとしたら、校長を中心とする学校という職場に教育という機能を果たすための良好なコミュニティが作られていなかったことも推測されます。

 もちろん、この教頭自身は同じことを非教育職の人間がやった場合の何倍も重く罰せられてしかるべきだと思いますが、そういう人間を教員から出してしまう日本の教育制度そのものの問題として深く反省しなければならないのではないでしょうか。

 この件だけに限らず、今の日本では人を正しく評価するシステムが崩壊していると考えられる事例に事欠かないように思うのですが、それを直そうとすると日本というシステムを根底から作り直すくらいの大改革が必要なのかもしれません。

 明治時代あたりから、やり直さないとダメなのかもしれませんが、やり直しても同じという結果になってしまうでしょうか。
by stochinai | 2007-10-03 23:22 | 教育 | Comments(14)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai