5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2007年 10月 18日 ( 2 )

灯油の値上げ

 夏が暑かったせいもあるのか、今年の秋は冬へと向かうスピードがとても早く感じられます。もはや朝晩は暖房なしには過ごせないくらいですが、今年も灯油の値上がりがおさまりません。
 
道内最大の灯油共同購入団体、生活協同組合コープさっぽろ(札幌)は十五日、札幌地区の灯油価格(定期配達、税込み)を史上最高値の一リットル当たり七九円とするなど全道で四円値上げして需要期入りすることを明らかにした。(北海道新聞)

 暖房のためとはいえ、灯油を燃やすことは環境への炭酸ガスの放出ということになり、それを削減することは歓迎されることなのかもしれません。しかし、北海道の冬に灯油の使用料を削減することには、おのずと限度があります。

 「道内の標準的な世帯は灯油を年間千九百リットル消費」すると言われているのだそうです。実は灯油の値上がりは毎年のように続いており、5年前には1リットル約40円くらいだったものが、この冬には約80円と、なんと2倍になっています。つまり、5年前に年間8万円くらいだった灯油代が、この冬には16万円になるということです。夕張の例を出すまでもなく、北海道は全体として経済状態が悪い状態が続いており、灯油の値上がりはそれに追い打ちをかけるマイナス要因になります。

 北海道にはたくさんの石炭が使われずに埋まっています。相次ぐ炭鉱事故や燃やすことによって生じる汚染物質の多さ、さらには扱いの不便さから、夕張を代表とするほとんどの炭坑は閉鎖され、石炭は使われないまま放置されています。

 しかし、このペースで灯油が値上がりを続けるならば、いずれは石炭を燃料として使うことを真剣に考えなければならない時がくるものと思われます。もちろん、これだけ科学技術が発展してきたのですから、石炭をそのまま燃料に使うのではなく、何らかの前処理をすることで液体化するなり、もっと使い勝手の良い、そして汚染物質を放出しないような燃料へと転換することで、石油に匹敵するような、あるいはそれ以上に優秀な使いやすく環境負荷の少ないものにできるように思います。

 私はそちらの方面にはまったく疎いのですが、そうした研究が盛んに行われているという話も聞いたことがありません。石油がほとんど採れない日本ですから、不安定な輸入に頼るばかりではなく、石油に代わる代替燃料の開発を今のうちから本気でやっておかないと、何十年後かにいきなりパニックになることは明らかだと思います。

 目先の経済に振り回されずに、そういう何十年後の未来に向けた研究を行うのも大学の大きな使命でなないでしょうか。そうした、日本の将来の安全にかかわる研究に対してなら、税金を使うことにも国民の理解が得られると思います。

 灯油の値上がりのことを考えてもついつい大学の将来を考えてしまうのは、もう「職業病」と言えるのかもしれませんね。
by stochinai | 2007-10-18 21:54 | 札幌・北海道 | Comments(3)
 本日、午後1時から日本学術会議の公開シンポジウムが六本木の日本学術会議講堂で行われるようです。「事前申し込み不要 来聴歓迎」だそうですので、お近くの方でお時間のある方は行かれてみてはどうでしょうか。

 大隅さんは、ここでの議論も踏まえて講演してくださるとのことです。

-------------------------------

研究・教育者等のキャリアパスの育成と課題

    主催:日本学術会議 生物科学分科会
    後援:生物科学学会連合

日時:平成19 年10 月18 日(木)13:00〜18:00

場所:日本学術会議講堂
    東京都港区六本木7-22-34
    (東京メトロ千代田線「乃木坂」駅下車 青山霊園方面出口徒歩1分)

はじめに
 浅島 誠(東京大学副学長,日本学術会議副会長,生物科学学会連合代表)

現状分析
 宮島 篤(東京大学分子細胞生物学研究所教授,日本学術会議生物科学分科会副委員長)

基調講演
大学院重点化とポスドク1万人計画が目指したもの,もたらしたもの
 有馬朗人(東京大学名誉教授,元文部大臣,日本科学技術振興財団会長)

博士号の価値〜生物科学系のキャリアパスを考える
 大隅典子(東北大学大学院医学研究科教授)

大学における科学技術キャリア創生支援の試み
 兼松泰男(大阪大学先端科学イノベーションセンター教授)

製薬企業からみた,博士号取得者への期待
 竹中登一(アステラス製薬会長)

リクルートからみた,高学歴人材の活用について
 大垣憲之(リクルートエージェント執行役員)

若手人材のキャリアパス多様化に向けて
 山脇良雄(文部科学省科学技術・学術政策局基盤政策課長)

総合討論
司会 西谷和彦(東北大学大学院生命科学研究科教授,日本学術会議生物科学分科会幹事)
    米田悦啓(大阪大学大学院生命機能研究科教授,日本学術会議生物科学分科会幹事)

おわりに
 中野明彦(東京大学大学院理学系研究科教授,日本学術会議生物科学分科会委員長)

事前申し込み不要 来聴歓迎

問い合わせ先
 理化学研究所・中野生体膜研究室
 E-mail: kfukaya@riken.jp
 Fax: 048-462-4679
by stochinai | 2007-10-18 12:27 | 科学一般 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai