5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 02月 15日 ( 2 )

 九州大学法学部では、成績だけでは発見できない才能を見出すということで始められたはずの、書類選考や面接などによる人物重視型の「AO入試」を平成22年春から廃止すると発表しました。

 「学生の成績悪い」九大法、AO入試廃止へ
 九大アドミッションセンターによると、法学部で導入後の入学者の成績を比較したところ、AO入試で入学した学生の成績は通常の前期、後期試験での入学者より低い傾向にあることが判明。AO入試廃止を決定した。
 今や、全国の大学に広がっているこの入試方法ですが、もともと「普通の学科試験の成績では落ちてしまうような学生の中に才能が埋もれているかもしれない」という理由で始めたのですから、普通の入試ではいってきた学生と同じ基準で「学科の成績」を比較したら、それは低いことは当たり前なのではないでしょうか。

 それを、「成績などの結果を見れば、制度を廃止するのも一つの見識だ」などとおっしゃる九大のアドミッションオフィスの見識は教育審議会さんのおっしゃるとおり、「そんな『見識』などいらない」と言われても反論の余地はないと思います。
 問題が生じたならその対策を早めに講じればよかっただけの話。AO入試がきちんと機能するようにすべきだったはず。そういうことをいったいどれだけやってきたというのか。それもなしに,「AO入試は全国に広がっているが、成績などの結果を見れば、制度を廃止するのも一つの見識だ」などと,馬鹿げた「見識」を示してみせる。よくこんなことが言えるものだ。これは,「ゆとり教育」をろくに検証もせずに「転換する」と言っている中教審やマスコミと同じ。
 AOで入った学生は、専門を除くと学科の成績が他の学生より劣ることは、一般的な傾向だと思います。というか、そうした選抜ではなく面接やプレゼンを重視して、普通の学科試験では見ることのできない基準で合格させたのですから、それは知った上で合格させたのだと思います。

 今日行く審議会さんがおっしゃるように、「問題が生じたならその対策を早めに講じれば」いいだけの話なのですが、我々は「学生の出来が悪い」と嘆く前に、どれだけそうした努力をしてきたというのでしょうか。あるいは逆に、彼らの得意なところを伸ばしてやるための教育をどれだけやってきたでしょうか。

 もちろん、「流行に流されるままに、『AO入試』を取り入れてみたが、失敗だった。ここに、自己批判して責任の所在を明らかにし、学長・教務委員長・AOオフィス長が辞任するとともに、今後の廃止を決定します。申し訳ありませんでした」ということで、廃止するというならそれはそれで一貫性も感じられますが、「AO入試をやってみたけれども、それで入ってきた学生が不出来だったことがわかったので辞めます」では、あまりにも無責任過ぎるると非難されても、大学の一員として私は反論できません。謝るしかありません。

 私も一時期、「AO入試」にかかわったことがありますけれども、これはまさに合格判定ををする教員が試されている選抜方式だと思い知らされました。選抜する側が、充分に準備をし、志望する受験生のことを十二分に予備調査し、そしていざ面接などの時には、彼らの資質を充分に判断するための力がこちらにないと、とても合否の判定などできるものではないと思いました。

 その上で、いろいろな教科の試験をしないで入れるということの重みと、彼らの将来を考えたうえで普通の学生とは別カリキュラムを用意するというようなところまでをサポートするということもやった上ではじめて成立する非常に難しい選抜方式ですから、そうしたことにほとんど素人の教員が持ち回りでできるようなものではないのだと思います。「AO入試」には、採用試験をする会社の人事部の人クラスのAO担当専門教員が必要です。

 つまり、「AO入試」の廃止は学生の成績が悪いから等では決してなく、大学に「AO入試」をするだけの力がなかったからであると告白すべきものだというのは、今日行く審議会さんのおっしゃる通りです。

 今我々がやるべきことがあるとするならば、より意味のあるAO選抜方式の確立と、AO選抜で入学を許可した学生に対する教育プログラムを1日も早く作り上げることなのだと思います。

 (大学を動かせないくせに、大学の中からそんな無責任な声を出すな、と言われると反論のしようもないのですが、一応言うだけは言っておきたいと思います。すみません。)
by stochinai | 2008-02-15 21:31 | 大学・高等教育 | Comments(8)
 日本では、「セクハラ・ポスター」「裸祭り」で変に有名になった蘇民祭ですが、なんと National Geographic News のサイトで動画で全世界配信されています。

 こちらが、Google News における日本の騒ぎ。(読みにくい場合はクリックして、別画面に拡大してご覧下さい。)
蘇民祭 on the National Geographic News_c0025115_1221382.jpg
 一方、こちらが、National Geographic News サイトのクリップです。「セクハラ・ポスター事件」にも触れていますが、淡々と1000年続く伝統行事のレポートをしています。
蘇民祭 on the National Geographic News_c0025115_123321.jpg
 動画をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

 来年は、外国からも観光客が集まるかも知れませんね。
by stochinai | 2008-02-15 12:05 | つぶやき | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai