5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 03月 27日 ( 1 )

 昨日から今朝にかけて、愛知大学の法科大学院が「日弁連法務研究財団」の評価で、不適合の認定が行われたというニュースがあり、ふ~んと思っていたのですが、たった今のNHKローカルニュースで北海道大学の法科大学院も、法学部出身者を優遇するような入学試験を行っているという理由で「不適合」の認定がされたと報道されました。

 ネットを見ても、まだ情報が取れないのですが、他にも数校あって愛知大学と合わせてたしか5つの法科大学院が不適合とされたようです。

 法科大学院 一橋、北大など新たに4校「不適合」
 今回評価した9校のうち一橋(東京都)、北海道、千葉、香川の4校に対し、授業を受ける人数が多すぎたり専任教員の資質に問題があったりして、機構の定めた基準に適合しないと判定した。

 評価結果によると、一橋大では、一部の授業の受講生が標準(50人)の2倍にあたる100人もいた授業があったため「双方向的な授業をめざすという基本的な法科大学院教育のルールに反する」と指摘。北海道大は、法学を学んだ経験がない人を対象とする未修者コースの入試で法学の基礎知識を問うていた点が「多様な人材を受け入れる法科大学院の趣旨に反する」と判断された。

 北大としては抗議をしたているところらしいのですが、かなりショックなニュースです。

 どうなるのでしょうか。

 今調べてみると、北大のホームページに抗議文(状況説明文?)が掲載されていました。(この素早い対応は、とても良いと思いました。)

 こちらの評価は愛知大学と異なり、日弁連ではなく独立行政法人大学評価・学位授与機構が行ったものだと書かれています。そうだとすると、事態はより深刻です。

 法科大学院の認証評価結果について

 大学評価・学位授与機構が定める基準に適合していないと判断された理由は、「北大法科大学院の入学試験においては、2年課程と3年課程を併願した場合の3年課程の選抜について『学修評価枠』において法律科目試験の成績が考慮されており、基準を満たしていない」ということだそうです。

 結果として、今回このような評価を受けたことは大変残念なことであり、北大法科大学院としては、次年度以降の入試について、併願者の選抜において法律科目試験の結果を参考にしない新たな入試制度を定め早急に本HPなどで公表する予定でおります。
 つまり、入試選抜の方法を緊急に変更するようですね。

 なお、「評価報告書」がすでに発表されており、その中にすでに北大の法科大学院からの抗議に対する検討結果も書かれています。

 それによると、「基準を満たしていないとする判断に変更はない」ということになっています。つまり、抗議が却下されたということですね。

 これほど細かいところまでチェックされて、「不適合」とまでされてしまうのはなんだかなあ、という気がしますが、今の大学の置かれている位置を象徴的に表しているような気もします。他人事ではないのですが・・・・・。
by stochinai | 2008-03-27 18:40 | 大学・高等教育 | Comments(5)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai