5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 03月 28日 ( 1 )

 ニコンの子会社であるアメリカのニコン・インスツルメンツが主催している『ニコン顕微鏡写真コンテストSmall World』(Nikon's Small World Photomicrography Competition)というのがあるのだそうで、今年の入賞作が発表になっています。

 ニコン顕微鏡写真コンテストに入賞した10作品

 アメリカのサイト Small World

 日本のサイトには13作品、アメリカのサイトには97作品がアップロードされています。これが、1位になったマウス胚で、胚が赤で卵黄嚢が緑の蛍光で染め分けられています。
ニコン顕微鏡写真コンテスト_c0025115_19502982.jpg

 まあ、たしかにきれいな写真がたくさんあることはあるのですが、どちらかというと実際に顕微鏡をのぞいてみると、このくらいの美は日常的に味わえるのが生物学だと思います。

 最近は分子生物学が全盛で、形の美しさを味わえる生物学が減ってきているという現実はあるのですが、こういう写真をみているとやっぱり生物学は形の学問だなあと感動します。サムネールを転載しておきますので、全部ご覧になりたい方はアメリカのサイトへどうぞ!
ニコン顕微鏡写真コンテスト_c0025115_19555489.jpg

by stochinai | 2008-03-28 19:56 | 生物学 | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai