5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 07月 10日 ( 2 )

 昨日、国立大学協会、公立大学協会そして日本私立大学団体連合会が(1)卒業学年当初や3年以下の学生に対する実質的な採用選考活動を慎む(2)採用活動は可能な限り祝休日や長期休暇に行う(3)正式内定日は卒業学年の10月1日以降にして欲しい、と日本経団連や全国銀行協会、リクルートなど137団体・企業に対し、採用活動早期化の是正を求める要請書を提出したという記事が報じられました。(例えば、産経ニュース「授業にならない! 「青田買い」是正を 大学3団体、企業側に要請」参照)

 たしかに、新卒大学生の就職活動(企業側から見ると採用活動)は年々早期化しており、3年目の冬からというのは当たり前になってきているようです。さらに、通年で採用をしている外資系の存在もあって、新卒採用の「開始時期」というものの存在があいまいになってきて、今年などはすでに3年生の夏頃から動き始める学生も出ているとのことです。

 大学院の修士では就活開始が1年生の秋頃というのが普通で、最近は夏頃から始める学生も出てきているようで、来年になるとおそらく修士入学と同時に2年後に働くための就活が開始されるようになるのは、(笑い事ではなく)現実化するでしょう。

 学部の3年生というのは、ようやく大学らしい授業が始まる時期で、理系だと実験なども多くなりもっとも忙しいのが3年生です。その時期に就職活動で時間が取られるということは、就活をする学生も採用する側の企業も「就職のためには大学での学問は必要ない」と判断しているということにもなります。しかし、大学教育のもっとも充実したところをスキップするというのは、今の大学カリキュラムのままだと、学生も企業も「損をする」ことになると思います。

 長年、就活する大学院生を見ていると、就職活動というのは学生にとって苛酷な試練でありますから、逆にそれが社会人として成長する非常に有意義な契機になっていることも認めざるをえません。半年から1年、そうした活動をしてその間研究者としての成長や実験データの蓄積という面ではマイナスになったとしても、社会人としての成長があったのだとしたら、長い就活期間そのものが、必ずしも否定的なものとして非難されるべきだけのものではないのだと思います。

 同じように、学部生も長い期間就活をすることになっているのだとしたら(私の周辺では、ほとんどの学生が大学院進学をするので、あまり実際に就活している学部生の例は知らないので、間違っているかもしれませんが)、それは単に「大学の教育の機会を失っている」だけではなく、「大学では得られない貴重な教育の機会を得ている」という側面もあるのかもしれません。

 また、学生を社会人として育てるという意味において、現在の大学はあまり評価されていないという声も良く聞きますので、単に企業側に採用活動の自粛を求めるだけでは事態は解決しないと思います。

 そこで、どうでしょう。ちょっと荒療治ですが、大学生も1年生から就職活動をカリキュラム化して、授業の一環として行うようにしてしまうということを検討しても良いのではないでしょうか。

 もちろん、単なる「模擬就職活動」ではなく、そのカリキュラムの中で良いマッチングが得られたら企業へ就職が「内定」しても良いと思います。ただし、あくまでもそれは「仮の内定」であり、その後、企業と大学が協力してその学生をより企業に役立つ存在へと成長させていくための教育を行うのです。その結果、学生が「内定」に安住して成長が見込まれないということになったら、3年生か4年生の段階で大学と企業が協議の上、「内定取り消し」もありうるというシステムにしておきます。

 いろいろと細かくつめなければならないところもたくさんあるとは思いますが、大学と企業(社会)が協力して学生を教育するというシステムをうまく作ることができれば、大学も企業も納得できる高等教育になるのではないかと夢想してみました。

 無理でしょうか?
by stochinai | 2008-07-10 21:32 | 大学・高等教育 | Comments(10)

 ネットを通じた新しいサービスが始まっているようです。最初、シェモア(フランス語で自分のうちで、というような意味)かと思ったのですが、シェアモでした。つまりシェア(Share) More くらいの意味の言葉だと思います。

 『ソーシャル・シェアリング・サービス シェアモ(ShareMo)』 プレスリリースpdf

 サイトに入ってみると、商品の一覧が出てきて、あたかもオークションサイトのような雰囲気がありますが、すべての品物は基本的に無料です。(ただ、シェア対象のほとんどが0クラスになっていますが、時々10000クラスと表示されているものがあって、ちょっと気にはなりますw。)


 とりあえず、私が理解したことは、要するに不要品の無料リサイクル・サイトということです。無料ではありますが、中でポイントは動きます。

 自分ではいらなくなったけれども、まだ使いたいと思う人がいるのではないかというものを持っている人は、商品情報・写真とともにそれをサイトに出品します。誰かが気になってくれて、使ってみたいということになれば、料金着払いで送ります(シェア)。そうすると出品者が1000Rというポイントを獲得します。

 着払いで受け取った人はその時点で100Rをもらえます。気に入ったら2000Rで引き取ることができますが、ポイントを持っていなければ現金で買ったりすることはできないようです。

 気に入らなければ、それをまたサイトに再出品して、次にシェアしたいという人に送ったら、送った人、次にシェアする人、そして最初の出品者それぞれに100Rずつポイントがつきます。

 ポイントがたまると、国際環境NGOである FoE Japan に寄付が行われるとのことですが、これで参加者のポイントが減るということはなさそうです。

 「保有しているポイント(R)によって、会員のランクが決まり、ランクによってシェアできる商品が異なる」という注意書きがありましたので、おそらく上に書いた「シェア対象:10000クラス」というのは、貯金ポイントが10000R以上ある人限定ということではないかと思います。(結構、いいものが出ています。)

 心配な点は、誰もシェアを希望してくれないとポイントがもらえないし、不要品のリサイクルにもならないということと、シェアしてみたものの、次に誰も受け取ってくれないということになると、そのものが「引退」ということになり、不要品が自分のところに残ると言うことになります。これはちょっとした「悲劇」かもしれません(笑)。

 また、たまったポイントはチャリティ団体に被災地にも寄付できると書いてあります。

 さて、この事業のビジネスモデルはどうなっているのでしょう。もちろん、スポンサーがあるのでしょうが、このサイトのムーブメントが盛んになると、まず郵便局などの配送業者が儲かりますので、そういう業者がスポンサーになっているのかもしれません。また、これはセキュリティなどの関係からか、携帯電話からでなければ使えない仕様になっていますので、携帯会社もスポンサーになっている可能性もあります。

 オフィシャルなサポーターとしては、So-net, FoE Japan, MYLOHAS, greenbird が出ています。

 さて、このムーブメントが成功するかどうかは未知な感じがしますが、どこかの宅配業者が集配してくれることで、商品の配送手続きが簡単になったら、意外と利用者は増えるかもしれないという気がしました。

 しばらくはウォッチしてみたいと思います。


by stochinai | 2008-07-10 19:40 | その他 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai