5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 07月 21日 ( 1 )

 夜になって札幌はだんだんと風が強くなってきました。この感じは、雨の前触れのことが多いので気象庁の雨雲レーダーをみてみると案の定、雨雲が迫っています。
天気が下り坂の海の記念日_c0025115_22563836.jpg
 大通公園では今日からビアガーデンが始まったようですが、夜になると肌寒いくらいになってきていますので、北海道の屋外での飲み会はやはり昼間の太陽の下が良いようです。

 また、こちらも恒例になった「北海道大学 緑のビアガーデン」は今年もあるようです。8月5日から10日までの6日間だけですが、エルムの森の中の100年記念会館はロケーション抜群です。ただ、例年、ちょっと混みすぎるので、静寂な雰囲気というわけにはいかないのがちょっと残念ではあります。それと、勤務時間との関係もあって、開店が5時半から8時半までと短いのが、いかにも国立大学法人内のキャンパスイベントそのものという物足りなさもあります。まあ、大学祭がアルコール禁止の大学ですから、キャンパス内でアルコールが飲めるということだけでも「英断」なのかもしれません。

 その緑のガーデンの一角を占拠して、「ゲリラ・サイエンス・カフェ」をやろうというアイディアもあるのですが、もちろん予告をしたり、そもそもやるのかやらないのかということすら明らかにしないのが、ゲリラのゲリラたる所以ですので、どうなるのかは誰にもわかりません。しかし、札幌には行動力のある「こ~すてっぱ~(CoSTEP修了生)」がたくさんいらっしゃいますので、案外あっさりと実現してしまうのかもしれません。

 最近、私はアルコール系のサイエンス・カフェというのは主役を決めた飲み会で良いのではないかと思い始めております。ある日の夕方、ふと思い立ってある人の話が聞いてみたくなり、適切なゲストを確保し、同じようにそんな話を聞いてみたいと思ってくれるような参加者にメールを送り、5-6人のメンバーであっさりと成立してしまうものではないのかと思っています。

 ただの飲み会だと、どうしてもみんな自分がしゃべりすぎてしまうものですが、この「ゲリラ・サイエンス・カフェ」では、ゲストのおしゃべりを優先するというルールを作り、参加者同士の会話を軽く禁止することで、カフェが成り立つのではないかと考えています。

 そうなってくると、実はゲストよりもそれを迎える参加者選びが難しいのかもしれません。閉鎖的ではない、そんなコミュニティを作ることができたら、かなり楽しそうですよね。
by stochinai | 2008-07-21 23:31 | 札幌・北海道 | Comments(4)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai