5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 07月 25日 ( 3 )

 コンピューターの世界はもともと工学系ですから、日本の工学系の学会の常識がコンピューターの世界の常識になっていることが多いです。私は、基礎生物系なので英語のcomputerをカタカナで表記する時には、工学系で標準とされるコンピュータではなく、コンピューターと書かないと、落ち着かない気持になります。

 コンピューターやプリンターのマニュアルでは、コンピューターはコンピュータ、プリンターはプリンタと表記されておりますが、それは日本の工学系の学会で決めた表記法なのだと聞いたことがあります。しかし、コンピューター関連のものがこれだけ社会に浸透してくると、もはやコンピューターはコンピュータになってしまうのではないかというあきらめの気持になりかけていたところなのですが、マイクロソフトが本日、英断とも言える発表をしています。

 マイクロソフト製品ならびにサービスにおける外来語カタカナ用語末尾の長音表記の変更について~ 新しい長音表記ルールに順次移行 ~
 これまでマイクロソフトでは、外来語カタカナ用語末尾の長音処理に関しては、JIS 用語や学術用語に規定されていない用語について、「2音の用語は長音符号を付け、3音以上の用語の場合は(長音符号を)省くことを “原則” とする」主旨の規定に則した表記ルールを採用していました。しかしながら、コンピューターの普及が進み、技術進歩とともに過去のハードウェアおよびソフトウェアの制約が解消されつつある現状を受け、今後は、より自然な発音に近い表記を採用します。
 この文章だけを読むと、ン?という感じですが以下の変更例を見ると、たちどころにわかります。
ようやくcomputerがコンピューターに_c0025115_19131397.jpg
 今までも私は、頑固にコンピューターと表記をしてきましたが、意外とすでにあちこちのメーカーも普通の表記をするようになってきていたらしいです。
 採用ルールは新聞・雑誌やTVで原則とされているほか、同業界内の多くのメーカーで採用されており、ユーザーフレンドリーです。
 そうなんですよね、だれのための表記なのかを考えたら、当然のこととは言え、マイクロソフトの決断を歓迎したいと思います。

 ゼロックスやコニカミノルタ、リコーなども賛同しているようなので、今後一気に変わるのではないでしょうか。
by stochinai | 2008-07-25 19:19 | コンピューター・ネット | Comments(4)
 山田ズーニーの大人の進路教室、藤井さんの最終回のポッドキャストがリリースされています。

 第二十二章 「研究」を仕事にしますか?
Lesson85 文系か?理系か?決められなかった 7月3日 放送済み

Lesson86 研究を仕事にする 7月10日 放送済み

Lesson87 妻として母として、そして自分のやりたいことをやるための転職 7月17日 放送済み

Lesson88 文系理系の橋渡しをしたい 7月24日 放送済み
 今回の話で私の印象に残ったのは、(言葉は正確ではありませんが)将来、子どもに向かって、「自分はあなたを育てることで、何かを我慢したことなどないばかりか、あなたと一緒に成長することができた」、というようなことをおっしゃっていた言葉です。これは単なるポジティブ思考というだけではなく、そういう気分になれないのであれば、とても子育てなんてできないだろうなあと感じました。

 これは、大学における教育についても同じようなことが言えて、研究者の中には「教育などをやっている時間があったら、1分でも長く研究をしたい」と、教育に対してきわめてネガティブな意見を持っている人もいますが、「学生を教育することで、自分も成長できる」という意見をお持ちの方もいらっしゃいます。学生にとって、どちらの先生の教育を受けたいと思うかは明らかだと思います。

 藤井さんのお子さんも、きっと藤井さんに育てられて良かったと思うことでしょう。
by stochinai | 2008-07-25 13:20 | 科学一般 | Comments(1)

 【体脂肪が気になる方に・・・ブレンディ 香るブラックをサンプリングプレゼント!】というコピーにおもわず引き寄せられて、迷わず応募してしまいました。

 届いてびっくり、こんなにたくさんいただけるとは思っていませんでした。サクラもビックリ「何コレ?」
【クチコミ案件】体脂肪が気になる方に・・・_c0025115_12222635.jpg
ブレンディ 香るブラック 1L
280mlあたり、熱量 23kcal /たんぱく質 0.9g /脂質 0g /炭水化物 6.3g /ナトリウム 60-120mg
関与成分:コーヒー豆マンノオリゴ糖(マンノビオースとして)3.0g
※本品は1日摂取目安量(280ml)あたりカフェインを120mg含有します。
 これがなんと1ダース。12リットルです。これだけ全部飲んだら、絶対痩せると思いました。

 「飲み方: お食事の際に、1日280mlを目安にそのままお召し上がりください。」

 そうですか。このペースで飲むと、これだけあっても2ヶ月はもたないことになります。これは、今流行のトクホ(特定保健用食品)の許可を厚生労働省から取得していて、「お腹の脂肪を減少させる効果が実験的に証明されている製品」なのです。出張が間にはいったりして、毎日飲み続けているわけではないのですが、12週間飲み続けれると効果が出ることになっています。

 もちろん、薬ではないのですから、おいしくないと意味がありません。私はブレンディのレギュラー・コーヒーは好きで良く飲んでいるのですが、このブレンディもレギュラーコーヒーに負けない良い香りと味わいがあります。微糖タイプはほんのり甘いということですが、私のいただいたブラックはもちろん無糖なのですが、ほんのりとした「甘味」が感じられます。これは、健康成分と考えられているマンノオリゴ糖(マンノビオース)の味なのかもしれませんが、砂糖で甘味を加えてしまうと感じることができなくなるくらい微妙な甘味で、なかなか良い感じです。

 12リットル飲むまでにどのくらい痩せるか楽しみなことです。もしも、ほんとうに痩せたらご報告したいと思いますが、甘いドリンクを飲んでいる人ならばそれをこれに代えると確実に痩せるはずですが、私はもともと甘いドリンクはあまり飲まないので・・・。

 そうか、もしもビールをすべてこれに代えることができたら、痩せますね。(できるのか?)
by stochinai | 2008-07-25 12:46 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai