5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 08月 09日 ( 1 )

 「週間金曜日」の8月1日号に、女子柔道が日本国内で注目されるようになるきっかけとなる世界選手権金メダル、ソウル五輪銅メダルを獲得した、山口香さんのインタビュー記事が載っていました。山口さんのことを、本家YAWARAと書いてありますが、当時彼女は女三四郎と呼ばれていたように記憶しています。逆に、「YAWARA」という女子柔道漫画は彼女をモデルにして描かれたものだそうです。現在は、筑波大学大学院准教授であり、全日本柔道連盟強化委員会メンバーでもある彼女は、谷亮子が選ばれた五輪代表の選考に関して異議をとなえ、CAS(スポーツ仲裁裁判所)への提訴も考えていたということです。

 スポーツというのはルールがあって、誰の目にも勝敗がはっきりわかることで成り立っているゲームです。世界的大会の日本代表はそのルールに則って行われる選考試合で決められるべきものだというのが、常識というものでしょう。しかし、2年間の出産による空白期間があった谷は、昨年の世界選手権の選考をかねた全日本選抜の決勝で敗れたにもかかわらず、世界選手権の日本代表に選ばれています。その時は、谷にとっても柔道連盟の選考委員会にとっても幸運なことに、谷が優勝できました。その前の選考において、スポーツの世界ではあるまじき「不正」が行われたにもかかわらず、批判者であるべきマスコミも総動員で「不正な選考の正当化」に荷担していたようです。

 今になってみれば、それが今回の谷に対して屈辱的な不幸をもたらしたと言えないでしょうか。今年の五輪柔道代表選手選考をかねた全日本選抜で、またまた谷は決勝で破れたにもかかわらず、48キロ級の日本代表に選ばれました。もちろん、今回も昨年の世界選手権のように金メダルを取っていれば、ある意味でハッピーエンドとなっていたのかもしれませんが、(マスコミの報道を除く)大方の予想通り不安が的中し、柔道で谷は銅メダルに終わってしまいました。

 オリンピックで銅メダルを取るということは、確かに賞賛に値するすばらしい成績です。しかし、日本には今の谷よりも強い選手がいる(少なくとも全日本の選考会時点ではいた)のです。その選手が出ていたならば、銅メダル以上の成績を獲得する可能性が期待されたはずだと、誰しも考えることだと思います。

 今回の国内での選考過程を見る限り、谷にとっては金メダルを取る以外の選択肢はなかったと思います。そういう意味では、谷がもっともショックを受けているのだと思いますが、実力以上の期待を担わざるを得なかった彼女も、不明朗な選考の犠牲者です。

 山口さんはインタビューの中で、いくつか重要な発言をしています。
 どのスポーツもそうだと思いますが、二年前の実績を引っ張ってくる競技なんてありえません。二年間、彼女がいない間に積み上げてきた他の選手の実績を認めてあげたかった。それに最後には結果を出した。それでも選ばれないということは、全日本が自己否定をしているということですよ。
 スポーツの大事なことは、最低限のモラルとルールを守ることでしょう。
 (選考過程に関して、柔道界がおかしいという声があることに対し、自分が発言するのは)私たちには説明責任があるからです。だから、私も、その汚点の一部です。会議として通らなかったけれど、会議の一員です。でも、それを外に出すなというのは大きな間違いだと思います。
 発言しちゃいけないのかなと思っている方はたくさんいると思います。モノを言わない流れが、そのことが戦争になってしまったり、独裁者をつくったりします。そう考えると、発言しないことは罪なんです。
 水泳やマラソンなどの競技でも、かつては現在の柔道連盟と同様な「おかしな」選考がまかり通っていたと記憶していますが、山口さんがおっしゃるように、そのことが後に続こうという選手たちのやる気を失わせ、新人が育たなくなることにもつながり、そしてしらけてしまった観客が競技から離れていくという、負のスパイラルにはいってしまうことに気がつき、国内での選考会の成績のみで半ば機械的に決定するようになってきているはずです。

 機械的に決めることで「金メダルに一番近い選手を選ぶことができなくなる」という議論もあるかと思いますが、逆にたとえ一発勝負でも機械的に勝敗が決まるというところがスポーツの醍醐味であり、選手たちの希望でもあるのだと思います。選手たちの希望と、観客の興奮を生むためには、くだらない権威を持った連盟などというものは解散させるべき存在でしかありません。
by stochinai | 2008-08-09 22:28 | つぶやき | Comments(17)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai