5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 08月 29日 ( 1 )

 今週は、火曜日に札幌から東京へ、水曜日に東京から札幌へ、木曜日にまた札幌から東京へ、そして今日金曜日に東京から札幌へ戻ってきました。

 その間、あちこちで局地的な集中豪雨などがあったらしく、これだけ移動を続けていると、いつどこでそれにぶち当たっても不思議はないと覚悟していたのですが、昨日羽田へ降りる時に上空で少し順番待ちのための旋回飛行をして遅れたくらいしか影響を受けず、さすがに「晴れ男」を自称しているだけのことはあると、勝手にいい気になっておりました。いくら奥の方とはいえ、東京都内で土砂崩れがあって鉄道が運休になったりしていたので、さすがに今日は何か影響があるかと思っていましたが、飛び立つ時は日差しが暑いくらい羽田周辺は良い天気でしたが、まわりを遠くを見渡してみると、関東地方の北から南西の方向までは、ぐるりとものすごい入道雲に囲まれており、そちらは大雨が降っているのではないかと心配になりました。

 3時頃に羽田を飛び立ってみると、北側にはそれほど雲が発達していません。ところどころで、こんなかわいらしい入道雲というよりは、坊主雲といった感じのものがモコモコと頭を出しているくらいでした。
異常降雨を空から見ると (おまけの「円い虹」)_c0025115_21204179.jpg
 しかし、もう少し北へ進むと段々と雲が濃くなって、かなり広い範囲にわたって積乱雲が発達している不気味なところもありました。
異常降雨を空から見ると (おまけの「円い虹」)_c0025115_21224178.jpg
 こういうところの下では、いわゆる局地的な大雨になっているのかもしれません。

 こちらは、足を2本前に投げ出したスフィンクスの前半部のように見える小さめの入道雲が、晴れた空に作られているの、まわりには雲がなく地上がよく見えることから、わかります。
異常降雨を空から見ると (おまけの「円い虹」)_c0025115_21255834.jpg
 次から次へと、おもしろいかたちの積雲・積乱雲が出てくるのでずっと見下ろしていましたが、すこし雲が薄く広がっているところに、なんとなく七色が見えます。はじめは窓の反射か何かと思っていたのですが、どうやらこれが飛行機から見えるという「円い虹」なのではないかと、急いでシャッターを切ってみましたが、あまり良く撮れませんでした。
異常降雨を空から見ると (おまけの「円い虹」)_c0025115_21285773.jpg
 サイズを小さくしたほうがよく見えるかもしれませんので、もう少し縮めてみます。
異常降雨を空から見ると (おまけの「円い虹」)_c0025115_21305687.jpg
 どうでしょうか?なんとなく内側にも小さな虹があって、2重に見える気がします。残念ながら、このあたりで雲が切れてしまったので見えなくなりました。逆に、厚い雲がかかっているところでも、虹は見えません。適切な薄さの雲と、太陽・飛行機そして観察者(私)のすべての位置関係がぴったりと合わないと見えないのだと思います。良いものを見させていただきました058.gif

 この後、東北地方にさしかかると雲はどんどんと厚くなってきました。最初は、こんなとんがり帽子の雲を見て喜んでいたのですが、
異常降雨を空から見ると (おまけの「円い虹」)_c0025115_21522892.jpg
さらに進むと飛行機の飛んでいる高度まで濃い雲に覆われ、まるで雪に覆われた高山に突っ込むような恐怖感を(ちょっとだけですが)感じました。
異常降雨を空から見ると (おまけの「円い虹」)_c0025115_21391844.jpg
 この下は間違いなく大雨が降っていると思われます。大きな被害にならないと良いのですが・・・。

 集中豪雨の被害に遭われた方々には本当にお気の毒なことですが、そういう異常気象をもたらしている雲の様子などは空から見ると、かなり迫力のある画像として見えるのでしょうね。

 そう言えば、一時期こういう画像を壁紙にしていたことがあります。

 Hurricane Elena
by stochinai | 2008-08-29 21:53 | つぶやき | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai