5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 10月 04日 ( 1 )

ポプラ並木周辺の秋

 ご存じの方はご存じのとおり、私は「堆肥フェチ」で、熟成しつつある堆肥を見るとうれしくなる性質があります。

 今日はポプラ並木の横で、りっぱな堆肥の山を発見しました。
ポプラ並木周辺の秋_c0025115_1711289.jpg
 せっかく巻いた牧草も、食べる動物が少ないせいか堆肥になってしまうのですね。私にはこの山が、大量の炭酸ガスを吸収した貯蔵庫のようにも見えます。(まあ、少しずつ放出もしているのでしょうが。)

 学生の刈り入れ実習を待っているのでしょうか、その近くにはたわわに実った稲穂をたたえた田んぼがあります。スズメよけのネットが情緒を壊していますが、金色の稲穂は日本の秋の象徴ですね。
ポプラ並木周辺の秋_c0025115_1755981.jpg
 もう少し理学部側に行くと、秋咲きクロッカスの群落がありました。昨年、植物園で見たものと同じもののようです。
ポプラ並木周辺の秋_c0025115_1771758.jpg
 少し近寄ってみました。
ポプラ並木周辺の秋_c0025115_1773922.jpg
 農場の横にある建物では、昼行灯のように夜間灯がボーっとついていました。省エネではありませんが、なんとも言えない風情を感じました。
ポプラ並木周辺の秋_c0025115_1793648.jpg
 ポプラ並木の入り口付近にあるナナカマドです。
ポプラ並木周辺の秋_c0025115_17101574.jpg
 よく見ると、右半分(南東方向)が色づき始めているのに、左半分はまだ青々としています。霜のあたり方などの関係なのかもしれませんが、不思議です。

 理学部では3号館の改修工事が行われていて、すっぽりとシートがかかっているのですが、今時のシートは防音にもなっているのですね。
ポプラ並木周辺の秋_c0025115_17124373.jpg
 先週からユキムシが飛んでいます。今年は初雪が早いかもしれません。
by stochinai | 2008-10-04 17:19 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai