5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 11月 23日 ( 1 )

 昨夜、自首してきた旧厚生省事務次官および家族の連続殺傷事件の「犯人」が、犯行の動機として言っている「三十数年前の小学生の頃、自分の飼っていた野良犬を保健所に殺されたことに対する復讐」として、今回の事件を実行したということに対して、報道のほとんどが理解不能というコメントをつけていることに対して、あえてひとこと申し上げておきたいと思います。

 たとえ40歳を過ぎた大人であっても、小学生の時に理不尽に自分がかわいがっていた犬を保健所が捕獲し、殺害したという事件があったのだとしたら、その件について一生忘れることができず、機会があるならば報復してやろうと思っていたという気持ちに関しては、私は理解できます。

 幼い小学生の気持ちとして、その責任者を親だと思ったのか、近隣の住民だと思ったのか、保健所の野犬捕獲員だと思ったのか、保健所の所長だと思ったのかはわかりませんし、その責任者を誤って把握してしまうことのほうがむしろ多いということもわかるのですが、そんなことは関係なく自分がかわいがっていた犬を殺した人間を許せないというふうに思ったことは、非常によく理解できます。

 たとえ40歳を越えようが60歳になろうが、小学生の時に受けた強いインパクトあるいは傷を痛みとして抱え続けていることに、私は違和感を覚えません。ですからある日、その報復が行動となって実行されたとしても、それは想定の範囲内です。

 ただし、やはりわからないのは小学生の時に受けた心の傷の原因を作ったのが、通報した近隣の住民か、実際に犬を捕らえに来た保健所の野犬捕獲員か、小学生の理解できる指揮体系としてはせいぜいが保健所の所長くらいまでではないかと思われるにもかかわらず、実際にねらったのがそこからはあまりにも遠い、複雑な官僚体系の中で保健所の上部のさらに上部機関である厚生省(厚生労働省)の中の、実力者としては大人の理解を要求される事務次官だったということです。

 小学生の時に受けた心の傷を死ぬまで忘れないということは、ちっとも不思議なことだとはおもわないのですが、その相手があまりにも不思議なところにいる人だったということが私の理解を越えてしまっています。

 そこで考えたシナリオのひとつがこんなことです。

 小学生の時に受けた傷をいつかなんとか晴らしたいと思っていた犯人が、ある日どこかで厚生労働省の事務次官をなんとかしたいと思っていたテロリストに出会ったとします。テロリストは、なんらかの理由で今回襲撃された文部事務次官の口を封じたいと思っていました。一方、今回の犯人は自分が小学生の時に受けた心の傷を癒すために、保健所の関係者に報復したいと思っていました。

 そのふたりが出会った時に、テロリストが犯人に対して、これこれの元事務次官を殺害すればその思いを遂げられるとささやいたとしたらどうでしょう。犯人の子どもの頃からの思いは遂げられ、テロリストのねらいも達成され、世間的にはわけのわからない最近の事件の一つとして片づくことが可能になるのではないでしょうか。

 こんなシナリオが裏にあるとしたら、今回の事件の真相は決して明らかにならないという気がします。そして、今回の事件もこれ以上の解明は進まずに、これで終わりになってしまいそうです。

 このまま歯ぎしりをするくらいしか、われわれのできることはないのでしょうか。そうだとしたら、この国はかなりやばいところまで来てしまっているのだと思います。
by stochinai | 2008-11-23 23:59 | つぶやき | Comments(5)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai