5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 11月 24日 ( 1 )

 先日、母親の血液を調べるだけで胎児の遺伝子診断が簡単にできる新しい技術が開発されたという論文を紹介しました。

 母親の血清中にあるDNA断片で胎児のダウン症診断

 そこのコメント欄で、簡単に診断がつくようになったら、ダウン症の胎児は堕胎されるのではないかという危惧を感じるということを述べましたが、24日付のBBCNewsの記事を読んでみると、少なくともイギリスでは人々の叡知を信頼しても大丈夫だという結果が出ていることを知り、浅はかな私の推測を大いに反省しております。

 Down's births rise despite tests

 イギリスでは、ダウン症の出生前診断が始まった1989年には717人のダウン症児が誕生していたのだそうですが、それが2000年(? at the start of this decade)には、549人に減少して、堕胎が増えたことを示唆しています。ところが、最新の2006年のデータでは749人と診断開始前よりも増えていることが明らかになりました。

 イギリスのダウン症協会(The Down's Syndrome Association)が、ダウン症の子を生んだ1000組の親にアンケートを取って、生む前にダウン症と知りながらどうして生んだのかを尋ねました。宗教的あるいは思想的理由で堕胎ができなかったという30%と、診断結果を信用しなかったという20%の回答を除くと、残りはダウン症の人を知っていたからとか、ダウン症でも暮らしやすい世の中になってきたからという、「ダウン症でも大丈夫」という答えだったということです。

 出生前診断でダウン症がわかっても、家族や友達のサポートが期待されるという回答も多かった上に、ダウン症の子どもがそうではない子ども達と共学で通える学校が普通になってきたということが大きいようです。そうなってくると、ダウン症の子を育てることが、それほど大きな困難を伴わなくなってきたというのが、イギリス社会の現状のようです。

 ダウン症協会の会長キャロル・ボーイズさんは、自分がダウン症の子どもを育てていたころの社会では、ダウン症の子は今とは全然違う扱いを受けており、その当時ならば生んで育てるのは大変だったけれども、社会が変化したことで子を持つ親の考えが大きく変わったと考えています。

 なんと、今のイギリスではテレビドラマにダウン症の赤ちゃんが出演することがあったり、ダウン症の役者さえもいるということです。もちろん、スーパーで働いている人もたくさんいます。

 イギリスでは出生前診断が非常に盛んで、妊婦の2/3が受けると言われていますが、そのイギリスでは診断によってダウン症とわかっても親は堕胎しないというニュースを読んで、私が危惧していた、出生前にわかったら堕胎する親が多くなるのではという考えは、愚かな偏見であることが証明されました。

 イギリスの社会としての成熟ぶりには驚嘆させられました。完全に脱帽です。間違えてうれしいという経験もなかなか貴重でした。

 翻って、日本ではどうなのでしょうか。出生前診断をして、ダウン症がわかっても安心してその子を生んで育てる社会になっているでしょうか。

 とりあえず、ダウン症の子を普通のこと同じ小中学校へ入学させることができないと、教育後進国と言われても反論できないですね。そうなっていますか?

 関連記事:'I can't imagine her any other way'
by stochinai | 2008-11-24 22:30 | 医療・健康 | Comments(9)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai