5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 11月 25日 ( 2 )

自分の身は自分で守る

 銃刀だけではなく、手榴弾までも流通する物騒な日本になってきています。

 先日、テレビのニュースショーでコメンテーターをしていた警察出身の方(佐々さんだった?)が、「警察も忙しいし、警察官の数にも限りがあるので、これからは何でも警察に頼ろうとせずに、自分の身は自分で守ることを考えてください」というようなことを言っていました。

 たしかに、SECOMとかALSOKとかいうホーム・セキュリティ会社の宣伝をテレビでよく見かけるようになりましたが、あれはあくまでも泥棒よけくらいのものではないのでしょうか。

 もちろん、お金を払えばボディガードを雇うこともできるのでしょうが、かなりお金がかかりそうなので、大きな会社の重要人物といったようなケースでなければ、とても経済的に無理でしょう。

 逆にいうと、そういう経費を自前で出せるような人は警察が守ってあげなくても、自分で自分の身を守るようにお願いしても良いのかもしれません。もちろん、今回のような政府関係者を守るのは警察の大きな使命のひとつだと思いますので、それまで「自分で守れ」というのはちょっと酷だとは思いますが、退職した人の面倒までは警察でも見切れないという現実もありそうです。

 警視総監でさえ狙撃されたことがある国ですから、一般の人間が命を狙われるなどということは誰も想定してはこなかったこの国の「安全神話」はもはやくずれてしまったと考えるべきなのかもしれません。

 子どもの頃から、何かあったら反射的に警察にお願いするというのが、この国の常識だったと思うのですが、いざという時には警察が頼りにならずに殺人事件が起こってしまったことも、ニュースで良く聞きます。警察を責めることは簡単ですが、警察も他の役所と同じくおそらく人手不足なのだと思われますので、なんでも警察に頼るのではなく、自分で自分の身を守るようにして欲しいと、警察OBの方がいうこともわかるような気がします。

 もちろん、いきなり襲われてしまった時などは、自己責任とまでいうのは酷な話だと思いますが、この国は危険な国であるという前提にたった自己の危機管理は必要になってきたと理解すべきなのでしょう。

 とりあえず、宅急便などはドアを開けずに受け取れるしくみを一刻も早く作ってほしいところです。
by stochinai | 2008-11-25 21:57 | つぶやき | Comments(3)
 エキサイトからのお知らせです。
11月26日(水)0時より、
サーバーの定期メンテナンスのためエキサイトブログのサービスを一時停止いたします。
これにより、エキサイトブログ全サービス(モバイル投稿含む)の利用ができなくなります。

期日:2008年11月26日(水)
時間:深夜0:00~昼12:00(12時間)
内容:消耗しているサーバーのパーツ交換
    パフォーマンス改善の為、全データベースの最適化処理
    全サーバーのOSアップデート
 トラブルなく、明日の昼には再開できることを祈りたいと思います。

 よろしくお願いします。
by stochinai | 2008-11-25 19:37 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai