5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 02月 09日 ( 2 )

 新しい言論プラットフォームとして立ち上がって日も浅い「アゴラbeta」で、池田信夫先生が非常に興味深い議論をしています。

 「中間小説」の必要性 - 池田信夫

 簡単に言ってしまうと、学問的に正しいことを言うことと、ポピュラリティを得て政策などに反映されることは別だということです。
藤原正彦氏のような議論は、学問の世界では問題になりませんが、彼の本がベストセラーになったことでもわかるように、床屋政談では主流派です。政治の世界でも「市場原理主義」を批判する通俗的な議論が与野党を問わず多く、経済学者の意見はほとんど影響力がない。
 これを、政治家や大多数の国民が「無知」であると片づけて終わりにするることももちろんできますし、いわゆる象牙の塔の住民はそうして生きてきているのだと思います。

 しかし、さすが池田先生の偉いところは「この責任は、経済学者にもあると思います」と、あっさり認めていることです。そして、その理由を経済学をひろめる人材の欠如に求めます。
日本の経済学は、理論的水準ではそれなりの段階に達していますが、実証研究が弱い。さらに少ないのが、一般向けに経済学の考え方を広め、あるいは政策として提案する経済学者です。経済学の専門誌には高度な理論が出ているのに、永田町では藤原氏のような「大衆小説」が流行し、派遣労働の規制のような明白にナンセンスな政策が出てくる。それを進めたのが、もとは政治学者だった舛添要一厚労相なのだから、病はなかなか深刻です。
 私とは意見が異なりますが、彼はそういう意味で(学問的業績はあまり評価できないものの)竹中平蔵を「超人的な雄弁」を持っていて、政策に反映させられる経済政策を語ることのできる稀有な経済学者として評価しています。

 この考えをあまりにも強く推し進めると、中味などはどうでも良く大衆を扇動できる経済学者が必要だというとんでもない議論になってしまうのですが、さすがに池田先生もそこまでひどいやつが扇動者になれるとまでは思っていないでしょう。

 おもしろいのは、経済学を伝えることの重要性を説いた次の文章です。まずは、原文を引用します。
経済学は自然科学と違って、経済学者だけが知っていても役に立ちません。多くの人々、特に政策担当者がそれを理解しないと意味がないのです。その意味で、経済学のロジックをわかりやすく伝え、合理的な政策を提案することは、学問そのものに劣らず重要です。経済学者が学術誌のような「純文学」に集中するのは、学界での地位を得るためには重要でしょうが、限界生産性から考えると、今のように間違いだらけの大衆小説ばかり横行している状況を是正するほうがずっと重要だと思います。
 この中の経済学を、生物学と入れ替え、自然科学を仮に教育学と入れ替えてみましょう。
生物学は教育学と違って、生物学者だけが知っていても役に立ちません。多くの人々、特に政策担当者がそれを理解しないと意味がないのです。その意味で、生物学のロジックをわかりやすく伝え、合理的な政策を提案することは、学問そのものに劣らず重要です。生物学者が学術誌のような「純文学」に集中するのは、学界での地位を得るためには重要でしょうが、限界生産性から考えると、今のように間違いだらけの大衆小説ばかり横行している状況を是正するほうがずっと重要だと思います。
 どうでしょうか。おそらく、たいていの学問分野に対して、同じようなあてはめが可能だと思います。

 池田先生、そのわかりやすく伝える人材こそが我々が最近一所懸命宣伝している科学・技術における科学・技術コミュニケーターなのです。同じ意味で、経済学にも経済学コミュニケーターが必要だということには120%同意いたします。

 ただし、最後でおっしゃっている「当サイトも、いい意味でのパンフレットとして、経済学の常識を政策担当者やジャーナリストに伝える「中間小説」の役割を果たしたい」というくだりは結構なのですが、さらに中間小説よりも噛み砕かれた経済学の常識を市民に伝える「ライト・ノベル」ともいうべきコミュニケーターも育てる必要があると思います。

 そこまでやって初めて、学問が人々の元へと届けられ、役に立つことになるのだと思いますが、いかがでしょうか。
by stochinai | 2009-02-09 21:12 | CoSTEP | Comments(3)
 どこまで信じて良いものやらわからないのですが(笑)、落ちる前の思い出としてクリップしておきます。
Amazon ランキング項目増加_c0025115_1526245.jpg
 遺伝子・分子生物学

 遺伝学

 ブルーバックス
by stochinai | 2009-02-09 15:29 | つぶやき | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai