5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 02月 21日 ( 1 )

 駅ビルに巨大店舗をオープンするのに伴い、札幌の三省堂でもサイエンスカフェをすることになり、5月分をブルーバックスの著者(不肖私)とイラストレーター(CoSTEP修了生)のダブルキャストで展開する企画が進行中です。

 本日は昨夜からの暴風雪の中、第一回目の打ち合わせを行いました。メンバーは例のごとくSalsa・M姫コンビと本の著者とイラストレーターの4名です。

 札幌は昨夜からの暴風雪が今日も吹き荒れ、朝から飛行機はもちろん、JRも道路も麻痺状態で大変な一日になりました。これは、今朝の我が家の風景です。窓に雪が張り付き、家の前には大変な吹きだまりができていました。
暴風雪、三岸好太郎美術館、サイエンスカフェ打ち合わせ_c0025115_1272899.jpg
 というわけで、まずは除雪で大汗をかくところから1日が始まりました。

 今日の打ち合わせは、Salsaさんの提案で三岸好太郎美術館で開かれている特別展示とミニ・コンサートで心を清めてからやろうということになり、暴風雪の中を知事公館の裏にある三岸好太郎美術館に集合です。特別展示は「おばけのマールとちいさなびじゅつかん」で、なんとこの美術館を舞台に描かれている札幌発の絵本シリーズの原画展です。
暴風雪、三岸好太郎美術館、サイエンスカフェ打ち合わせ_c0025115_1343195.jpg
 私は札幌の夕焼けを描いたこの絵が、とても気に入りました。
暴風雪、三岸好太郎美術館、サイエンスカフェ打ち合わせ_c0025115_1351030.jpg
 絵本の展示らしく、空中にまで広がっています。
暴風雪、三岸好太郎美術館、サイエンスカフェ打ち合わせ_c0025115_1363871.jpg
 今回見た展示では、科学技術コミュニケーションにも参考になるアイディアがたくさんあることを感じさせられました。

 さて2時からは、ミニ・コンサートです。大変な天候にもかかわらず、たくさんの人が集まりました。確かに有名な絵に囲まれて味わう音楽には、格別のものがあります。
暴風雪、三岸好太郎美術館、サイエンスカフェ打ち合わせ_c0025115_139958.jpg
 三岸好太郎はサーカス(ピエロ)や、音楽にも強く引かれていたらしく、マールの冒険に出てくるサーカスのシーンややこうしたミニ・コンサートも三岸の作品と非常に良くコーディネートしているものであり、それらに触れた後で三岸のオリジナルを見るとまた違った味わいが感じられます。美術館も立体的に楽しむ時代になったのですね。

 また、三岸は貝殻や蝶にも惹かれていたようで、こうした蝶の標本などを見ていると今度は昆虫や貝殻の標本展もここで開かれるに違いないと思いました。
暴風雪、三岸好太郎美術館、サイエンスカフェ打ち合わせ_c0025115_1451354.jpg
 というわけで、えらく文化的な雰囲気に浸ったあとでのサイエンスカフェの打ち合わせでは、アイディアが百出。実現するかどうかはともかく、今まで誰もやったことのないような企画の連発で、今日もまた非常にエキサイティングで生産的な打ち合わせになりました。

 とはいっても、後半はアルコールの勢いもあったので、明日の朝になってみると「使えない」というアイディアもたくさんあったような・・・。

 ともかく、長~い一日、お疲れさまでした。
by stochinai | 2009-02-21 23:59 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai