5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 02月 22日 ( 1 )

 自衛隊が事実上の解雇通知 札幌地裁で係争中の女性自衛官に(02/16 20:52)
 同僚からわいせつ行為を受けたなどとして、道内の航空自衛隊に所属する女性自衛官(22)が国に損害賠償を求めた訴訟で、原告の代理人弁護士が16日、記者会見し「女性が事実上の解雇通知を受けた」と明らかにした。
 これが日本を守る自衛隊の実態ということでしょうか。最初のセクハラ事件に関して空自千歳地方警務隊から書類送検を受けた地検も不起訴処分にしたということで警務隊および地検双方にも共犯の疑いもあり、そうなると日本という国ぐるみでセクハラを見逃し、パワハラを擁護したということになると言わざるを得ません。

 事件の概要は例えばこちらをご覧ください。

 女性自衛官人権訴訟で明らかになった自衛隊の実態

 被害者からの申し立てが中心なってはいますが、加害者および管理者(自衛隊)からの説明が極端に少ない以上、それをほぼ信じても良いと思っています。要するに、自衛隊内で発生したセクハラ事件を訴えでた女性自衛官に対して、組織ぐるみとも言える退職強要があり、組織内では問題の解決はないと思った原告がセクハラおよびパワハラに対する損害賠償訴訟を起こしたのですが、今度は自衛隊あるいは防衛省という組織として、現時点において説明することのできない理由(内定であるという理由で航空自衛隊はコメントを拒否しています)で、彼女の任用継続を拒否するという発表がされたということです。

 私は知らなかったのですが、自衛官は公務員でありながらその身分保障のない職業のようで、彼女の身分である「空士長の任用は2年ごとに更新される」という期限付き雇用だったそうです。このサイトではおなじみのポスドクや派遣社員を含め、「再任が可能な期限付き雇用」という身分が、雇用主に対して如何に弱い立場に置かれているかということを象徴的に示している事例だと思います。

 明らかに悪いことをした「犯人」がいて、それを訴えた人間が組織の「和」を乱すものとして排除されるというのは、伝統的な日本的組織には典型的に見られるパターンですが、それは決して許されるべきではないという立て前から、例えば大学などでは毎月のようにセクハラ・アカハラ(パワハラ)を理由とした懲戒免職が報告されるようになってきました。

 中には、それは本当にアカハラなのか?と思われるような事例がないわけでもありませんが、基本的に(そして時には必要以上に)弱い立場のものの立場にたった処分が行われるということで、とりあえずは良いのだと思います。もちろん、不当な処分があった場合には、それに対する訴えも認められなければなりません。

 そんな中で、今回の航空自衛隊=防衛省がとった対応はあまりにも古くさく、そんな組織の状態でこれからの日本の防衛を担うことを任せられるのかと、はなはだ疑問に思われるところです。かの自衛隊を心から愛する多母神さんのご意見も是非ともうかがいたいところです。(彼なら、自衛隊という組織を守るためには、どんな理不尽な要求でも上司の意見には従えと言いそうですが、それを言った時点で自衛隊は終わりだと私は思います。)

 女性自衛官は数が増えてきているようですがまだまだ少なく、それだけに非常に優秀な人が多いと聞きます。そういう優秀な女性自衛官の能力を発揮させて、本当の意味で日本と世界の平和を守ることに貢献してもらえるのであれば、現時点では明らかに違憲な自衛隊の存在というものを見直すこともあり得るかもしれませんが、こんなふうに組織ぐるみでセクハラ・パワハラを続けているような組織に日本の国民が守れるはずはありません。そんな自衛隊ならいりません。

 最後にこの被害者であり、再度被害者になりつつある女性自衛官が訴訟を起こした時の記者会見に送った声明の一部を引用させていただきます。ソースはこちらJANJANです。
 私は、私の人権と女性としての尊厳を取り戻すため、国と闘いたいと思います。3年前、自衛隊に入隊したころ、私は自衛隊に対する大きな期待と夢を持っていました。今でも私は自衛隊に期待をしております。それは、今後自衛隊が社会常識が通用する普通の組織となり、女性が安心して働ける職場になれるかどうかにかかっていると思います。

 最後に、私が立ち上がることで、同じ体験をされた方に勇気と希望を与えることができればと思います。
 自衛隊だけにとどまらず、日本という国全体に投げられた課題だと思います。
by stochinai | 2009-02-22 23:24 | つぶやき | Comments(12)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai