5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 04月 26日 ( 3 )

白いバッファロー

 BBCはよほどアルビノの動物がお好きなようで、先日のピンクのゾウに続いて、今度は白いバッファローの登場です。

BBC NEWS | Africa | Rare albino buffalo seen in Kenya
 
白いバッファロー_c0025115_21251777.jpg
 色は白というよりはベージュと書いてありますが、目がなんとなく赤っぽく見えるので、やはりアルビノの可能性はありそうです。

 ただ、記事の中に、このバッファローが発見されたケニアは今年は干ばつで飢饉に襲われており、そこに住むマサイ族がこの白いバッファローがその飢饉をもたらした不吉な兆し(bad omen)であるとして殺してしまう恐れがあるのだそうで、ライオンなどの天敵に見つかりやすいだけではなく、そちらの心配もあり、この赤ちゃんの前途が心配されています。

 AFPの日本語記事にも同じ内容のものが配信されていました。

ケニアでアルビノのバッファローを確認、同国初 写真2枚 国際ニュース : AFPBB News

 BBCの写真をよく見ると、こちらの写真の一部を切り抜いたものだということがわかります。良く見比べてみてください。
白いバッファロー_c0025115_21324696.jpg
 天敵やマサイ族を前にすると、「動物愛護」や「かわいそう」などという考えで、この赤ちゃんの将来を心配することはなんとも次元の違いを感じてしまいます。

 自力で生き延びて、白鯨のような伝説になってくれることを願いましょう。
by stochinai | 2009-04-26 21:41 | 生物学 | Comments(0)
 トリインフルエンザで騒いでいたところへ、思わぬ伏兵のブタインフルエンザのヒトへの感染が確認されたようです。震源地はメキシコで、調査が進むにつれて感染者は続々と増えていますが、とりあえずブタインフルエンザに感染していたヒトの死亡例(現時点では、ブタインフルエンザが原因で死亡したとは確認されていないと思います)は20人だけで、メキシコに集中しています。

 とりあえずは、感染によって極端に症状が悪化するということが確認されているわけではありませんので、一般的なインフルエンザに対する注意をしておけば良いと思います。

 Googlemapを使った、ブタインフルエンザに感染したヒトが確認された地域を示す swine flu map を見ると落ち着くかもしれません。逆に、あちこちに広がっているので、不安になる人もいるかもしれませんが、恐ろしげな映像を見せられるよりはましでしょう。ただし、個人が情報を集めて発信しているということは認識しておいてください。
 
H1N1 Swine Flu

 まずはメキシコ・アメリカです。
ブタインフルエンザマップ_c0025115_2054759.jpg
 それ以外ではニュージーランドの高校生に続いて、フランス(ボルドーとマルセイユ)でも確認されているようです。
ブタインフルエンザマップ_c0025115_20545011.jpg
 トリインフルエンザもあるのですが、こちらはほとんどのポイントで死亡例があるようです。こちらも個人の情報です。

2009年鳥インフルエンザ発症マップ
ブタインフルエンザマップ_c0025115_20591038.jpg
 同じニュースを繰り返し聞かされるよりは良いかもしれません。

 また、アメリカだけですがGoogleが公式にインフルエンザの動向を州毎に表示するページを提供しています。

Google Flu Trends

 ウェブに書かれた記事などのデータを解析して、どこでどのくらいインフルエンザが流行しているのかを推測しているものですが、CDC(アメリカの疾病予防管理センター)の発表よりも2週間早く、かなり的確な値が出せているようで、ここでもGoogleのすごさを自慢しています。

 仕組みの解説ページ
by stochinai | 2009-04-26 21:10 | 医療・健康 | Comments(0)
 早朝には雪が積もっていたのですが、スイセンは咲き乱れ、レンギョウも咲き始め、モクレンも咲きそうになるなど、やはり春なのです。
春かと思えばまた冬に逆戻り_c0025115_18254036.jpg
 ちょっと間延びしてはいますが、この黄色は春の象徴です。

 モクレンもまもなく満開を迎える予定ですが、不思議なことにほとんどのつぼみが右側にねじれています。方角的には北西側に折れ曲がっている感じです。
春かと思えばまた冬に逆戻り_c0025115_18271766.jpg
 午前から昼間での強い光の当たる反対側に曲がっているように見えるのですが、これまでも毎年そうだったのかどうかは記憶が定かではありません。

 気温が低いので、つぼみが開くのが足踏み状態になるだろうと思っているうちに、午後5時くらいにはみぞれが雪に変わってしまいました。
春かと思えばまた冬に逆戻り_c0025115_1831475.jpg
 定点観測している道路です。

 そして、こちらはレンギョウが咲き、チューリップももうすぐという我が家の庭です。
春かと思えばまた冬に逆戻り_c0025115_18325589.jpg
 植物たちは、この程度の寒波で障害を受けることはないのですが、人は震え上がっています。

 しかし、過去を思い返せば、子どもの日に雪が降るなど珍しいことではなかった記憶がありますので、これがふつうの北海道です。
by stochinai | 2009-04-26 18:35 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai