5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 05月 08日 ( 1 )

 TheScientist は、おもしろいですね。例の偽装雑誌事件の続報が出ました。

News: Elsevier published 6 fake journals (最初の記事では7誌となっていましたが、訂正 「エルゼビアは6つの偽装雑誌を出版していた」)

 今度の矛先は、メルクよりはエルゼビアになっています。TheScientistの取材に対して、エルゼビアの広報担当がe-mailで明らかにしたところによると、エルゼビアのオーストラリア部門では2000年から2005年にわたって、例の Australasian Journal of Bone and Joint Medicine 以外に、同じように一般の査読付きの学術雑誌を偽装したものを5誌(あわせて6誌)出していることがわかりました。

the Australasian Journal of General Practice
the Australasian Journal of Neurology
the Australasian Journal of Cardiology
the Australasian Journal of Clinical Pharmacy
the Australasian Journal of Cardiovascular Medicine
既報
the Australasian Journal of Bone & Joint [Medicine]

 しかし、これらの雑誌のスポンサーがどこであるかについては、明らかにすることを拒否しています。前のニュースでは、過去のことでもあるしこれ以上調査はしないと言っていたエルゼビアですが、さすがに問題の大きさに気がついたのか、調査を開始し、謝罪広告も出しました。

Statement From Michael Hansen, CEO Of Elsevier's Health Sciences Division, Regarding Australia Based Sponsored Journal Practices Between 2000 And 2005
偽装雑誌の拡大とエルゼビアの謝罪_c0025115_12111875.jpg
 内容については、TheScientistの調査通りのことが、エルゼビアのオーストラリア部門で起こっていたことを認め、会社として非常に間違った行動だったと謝罪しています。

 現在社内調査中ではあるが、これは会社ぐるみで起こしたことではないということを強調し、過去のことでもあるし、担当者もずっと前に会社を辞めているし、今後このようなことは二度と起こらないと言っています。

 最後に「この事件が、著者、編集者、消費者、雇用者のすべてからなるコミュニティにご迷惑をおかけしたが、このことによってエルゼビアの出版や営業全体の姿勢がゆらぐものではない」と結んでいます。

 さて、表に出てきていないところを含めメルクなどの製薬会社は謝罪するでしょうか?
by stochinai | 2009-05-08 12:28 | 科学一般 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai