5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 05月 26日 ( 1 )

 北朝鮮が行った前回の「核実験」の時には、失敗だったのではないかという説や、通常爆弾をたくさん寄せ集めて核爆発のように見せかけただけだったのではないかなどという説が、たくさん流れてたように記憶しています。

 ところが、今回の核実験はその真偽について疑う報道はほぼ皆無で、それどころか前回の「核実験」と比べて今回の爆発が何倍も大きいなどという解説もあり、もはや北朝鮮が核爆発を起こす能力を持っていることを疑っている人はいなくなっているように思われます。

 つまり、北朝鮮が「核保有国」の仲間入りをしたということが国際的に認知されたということなのでしょう。

 いろいろな局面で世界が北朝鮮を仲間はずれにしていても、こんなことで北朝鮮が危険な国としての「列強」の仲間入りをしてしまうのだとしたら、世界の外交はいったいなにをやっているのだということを言わざるを得ません。

 そもそも、核拡散といいながら、核兵器を持っている国がそうではない国が新しく核兵器を開発するのだけを防止しようという論理そのものに無理があるので、こうしたことを止めることが難しいのだと思います。

 オバマさんが核軍縮を言い出したことをあざ笑うように行われた北朝鮮の核実験に対して、もっともショックを受けているのはおそらくアメリカなのでしょう。しかし、隣国の韓国や日本の安全を考えるとイランやイラクのようにいきなり宣戦布告するわけにもいかず、窮地に追い込まれたのは間違いないように思われます。もちろん、韓国や日本も窮地に陥っているわけですし、今回は中国もかなり動揺しているように見えます。

 やはり、国民もろとも孤立させるという今の「西側」の北朝鮮政策は、やはり間違っていたと言わざるを得ないのではないかと感じています。

 当面はいろいろと腹立たしいことがあったとしても、北朝鮮に新しい文化が続々と流れ込むような国際化をさせたら、ソ連の崩壊とまではいかなくても、だんだんと市民の側からの解放圧力が高まっていき、時間はかかるかも知れませんが平和的に国家体制の改革も可能ではないかと、私は考えています。

 それにしても、北朝鮮で核科学が急速に発展しているのだとしたら、彼の国での科学者は優遇されているに違いありません。日本でも、科学者を優遇すると科学はどんどん発展すると思うのですが、日本の政策転倒者は科学の成果なんかいくらでも外国から買えるから、日本独自で科学が発展しなくても良いとでも思っているのでしょうか。

 国際的に孤立しているが故に仕方がなくだとはしても、独自に科学を発展させようとしている北朝鮮の姿勢に、少しは学ぶべきものもあるかもしれないという気がした、今回の核実験でした。
by stochinai | 2009-05-26 19:38 | 科学一般 | Comments(14)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai