5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 06月 01日 ( 1 )

さらば新潟

 学会は昨日で終わったのですが、飛行機の関係でもう一泊させてもらいました。

 さすがに大多数の方は帰ってしまったので、昨日は北海道と沖縄それに地元と東京という4人で夕食を取ることになりましたが、大会関係者が2人いらっしゃいましたので、今回の学会の振り返りと再来年の沖縄大会(来年は京都)へとつなげる即席のミニ意見交換会という意外と意義深いものになった気がします。

 今日は特にすることもなかったので、早めに空港に行ってラウンジで明日の講演会の準備などをしていました。(ここのラウンジには、無料のLAN設備がないのが、残念でした。)
さらば新潟_c0025115_22352969.jpg
 空港では、今回大会会場になった朱鷺メッセの広告がデカデカと出ている横に、今年行われる国体の広告が並んでいました。そして、国体のスローガンも「トキめき新潟国体」と、最近は新潟のすべてがトキに集約されているような勢いです。トキ・ブームがこけないことを祈らずにはいられません。

 講演のパワーポイントに手を入れてもまだ時間があまったので、空港のあちこちを探索したところ、おそらく地元の人でもその存在すら知らないのではないかと思われる奥まったところに、かなり渋い「エアラインPRルーム」なるものを発見。人っ子一人いませんでしたので、ゆっくりと見せていただきました。

 そこで、発見したのがこちらへ来る時に乗った、エアドゥのシロクマ機ベアドゥのミニチュアです。
さらば新潟_c0025115_22424094.jpg
 これは欲しい人がかなりいそうですね。

 新潟は定期便も飛んでいる国際空港のようなのですが、その国がユニークです。
さらば新潟_c0025115_22452269.jpg
 グアムやソウル、上海はまああちこちの「国際空港」にもありそうな相手地域ですが、特徴的なのがハルビンに飛んでいる中国南方航空とウラジオストク、ハバロフスクへ飛ぶウラジオストク航空ではないでしょうか。

 ウラジオストク航空のツボレフのミニチュアもありました。
さらば新潟_c0025115_22474037.jpg
 奥にあるのが、中国南西航空機です。

 私はだいぶ前にツボレフには乗ったことがあるのですが、ものすごい騒音と天井からの水漏れでトラックの荷台に乗っているような雰囲気だった記憶があります。などと思い出していると、窓の外に同型のツボレフが到着しました。
さらば新潟_c0025115_2250368.jpg
 機体の汚さも含めて、懐かしい機体です。

 そういえば、空港内にもロシアの方がたくさんいてロシア語が飛び交っていました。新潟とロシアは昔から交流が盛んだという記憶があります。どういうきっかけでそうした交流が生まれたのかしりませんが、地元には有名なお話でもありそうですね。

 ともかく、学会は終わりました。新潟の皆さま、お世話になりました。お疲れさまでした。
by stochinai | 2009-06-01 23:02 | つぶやき | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai