5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 06月 06日 ( 1 )

 あちこちで話題になっているので、もはや付け足すことはほとんどないのですが、私たちと研究領域が近いところで使われるDNA鑑定が「決め手」のひとつで判決が確定していたこと、さらにそれが新しい鑑定技術の発展でひっくり返されたという最近のニュースに対しては、やはりそれなりに衝撃を受けております。

 この事例では、悪名高き日本の警察の「決めつけ捜査」と、「どんな容疑者でも絶対に落とせる」というこれでもかという圧迫取り調べ技術による自白だけではなく、それを科学的にバックアップするものとして登場したDNA鑑定によって最高裁で無期懲役が決定していたということがキーになっています。

 それまでも、恣意的な捜査と強引な自白の強要、さらには証拠のねつ造でえん罪を繰り返してきた日本の警察にとっては、「科学捜査」すらも彼らの「直感」を補完するための新しい道具のひとつに過ぎなかったに違いありません。それまでも、平気で非科学的な証拠のねつ造をやっていた彼らには、DNA鑑定の意味を科学的に評価できていなかったことは想像に難くないのですが、そういう警察に利用された科学者の側の問題にため息が出る思いを禁じ得ません。

 警察だけではなく、文系出身者の多い検察や裁判所も実は科学にそれほど強くなく、最先端の科学技術を駆使した証拠だと言われてしまうと、ある程度盲目的に信じさせられてしまっていたという傾向もなかったとは言えないでしょう。

 DNA鑑定が導入された当初は、信頼性の高い個人を同定する新しい武器として、大いに喧伝されたものでした。さらに、その新しい技術を使って「犯人」が同定される度にニュースになっていたような記憶があります。しかし、実際にその技術を扱っていた科学者にとっては、その技術はそれほど決定的なものではなく、ある程度の精度しかない上に、調べる遺伝子の数が限られていたため数百人から千人に1人くらいは同じ型をもった人がいることは承知のことだったはずです。

 冷静に考えると、初期のDNA鑑定技術による個人同定は指紋よりもはるかに劣るものだったわけで、その判定が先端技術というだけの理由で過度に尊重されることの危険性をもっとも良く理解できるのはその技術を使い判定した科学者だったはずです。1000人に1人程度のユニーク性ということは人口10万人くらいのところには同じ型を持った人が100人くらいもいることになります。データベースがありませんがから、そのすべての人について捜査が行われたわけではないのはもちろんで、たまたま警察が「目を付けた」容疑者のDNAを調べた結果が一致したからといっても、それがそれほど過大な意味を持たせることが危険だということはわかっていたはずです。

 報道からだけでは細かいことが良くわからなかったのですが、今回の事例では当時の技術では「同じ型」と同定されたものが、現在の新しい技術で調べ直すと細かい違いがたくさん検出されて、型が違うと判断されたということだと思われます。最近の新しい技術を使うと、遺伝子が100%同じ一卵性双生児以外は地球上のすべての人の違いを見分けられるといいます。この技術で調べ直した結果、犯人と容疑者が別人と判定されたので、最高裁判決も覆されざるを得なくなったということです。

 そういうことが明らかになった今、当時行われたDNA鑑定はすべてが調べ直されなければならないということを意味していると思います。

 警察や検察、裁判所が、自主的に自分たちの行った決定を見直すことはなかなかやらないような気がしますので、そこに携わった科学者から当時の技術の限界を告白するとともに、新しい技術で調べ直すことを求めることが「科学者の良心」というものではないでしょうか。
by stochinai | 2009-06-06 23:59 | 科学一般 | Comments(17)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai