5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 07月 10日 ( 2 )

 これまで、酵母、線虫、ショウジョウバエ、マウスなどいろいろな生物を使った実験で、栄養失調にならないようにしながらカロリー制限をすると寿命が延びるということが示されてきました。

 しかし、それがヒトを含む霊長類にも適用できるかどうかを実験で示したものはなかったようです。今日のScience誌に載った論文で、サル(ニホンザルに近い仲間)を使ってカロリー制限をした実験結果が公表されています。このサルの寿命は27年くらいだそうですので、実験も20年以上をかけた長期戦でした。

 結論はタイトルどおりです。

Science 10 July 2009:
Vol. 325. no. 5937, pp. 201 - 204
DOI: 10.1126/science.1173635
Caloric Restriction Delays Disease Onset and Mortality in Rhesus Monkeys
Ricki J. Colman et al.

カロリー制限はアカゲザルの老化関連疾患の発症を遅らせ寿命を延ばす

 同じ27歳の2匹のサルを比較したこの写真が、ある意味ですべてを物語っています。左が食い放題を許したサルで、右が30%くらいのカロリー制限をしたものです。(実験開始は7歳から14歳)
カロリー制限をすると病気にならず長生きできるか_c0025115_1834340.jpg
 左のサルは、どうやら歯も抜けているようで、顔もしぼんでいます。Bを見ると、身体の毛もかなり抜けていることがわかります。おしりの辺りが赤くなっているのは、「お猿のお尻はなぜ赤い」の赤さではなく、皮膚病だと思われます。足の関節も曲がりにくくなっているのがわかります。

 対して、右側のサルは精悍な顔をしており、毛もふさふさで、尻尾も立っており、膝も柔軟に曲がっています。これが平均寿命に達したサル(日本人でいうと80歳くらい?)には、なかなか見えません。

 老化に関連した病気に関しては、がん、心臓病、糖尿病などが調べられています。このグラフは横軸がサルの年齢で、縦軸に病気を持っていないサルの比率がパーセントで示されています。
カロリー制限をすると病気にならず長生きできるか_c0025115_1883329.jpg
 青い線が食べ放題グループで30歳くらいになるとほとんどが老化に関連した病気持ちですが、赤い線で示されたカロリー制限グループでは、平均寿命に達したサルでも病気のないものの方が優勢です。

 というわけで、腹7分目の生活をしていると病気にもなりにくく、長生きできるという結果がヒトに近いサルでも示されたということの意義は大きいと考えられています。

 ただし、この結果からただちに我々の食生活のカロリーを30%減すれば(がんを含む)生活習慣病から逃れられ、長生きできると考えるのは短絡だと思います。我々の大多数は、普及した医学常識から食べ放題というほど食べてはおらず、多くのヒトはすでにある程度のカロリー制限をしていると考えられますので、カロリー制限によって効果を得られるのはごく一部のヒトだけのような気がします。

 それにしても、上の写真を見ると食べ物だけでこれだけ老化現象に差が出るというのは、ちょっとショックではありますね。
by stochinai | 2009-07-10 18:21 | 医療・健康 | Comments(9)

北海道が傘の中

 今朝はかなり降っていました。

 その頃の気象レーダーを見ると、日本列島が傘を差しているように見え、北海道が傘の中です。おもしろいのでクリップしておきます。データは気象庁のものです。
北海道が傘の中_c0025115_12235349.jpg
 これだけだとあまりにも情緒的なので、ちょっぴり科学的にするために同時刻の天気図を並べてみます。
北海道が傘の中_c0025115_1224464.jpg
 低気圧の中央付近の前線の北側で雨が降っていることが良くわかります。

 本州も梅雨前線の北側に沿って雨が降っているのが良くわかります。

 こうして見ると、今日の天気はとても教育的な感じです。
by stochinai | 2009-07-10 12:28 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai