5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 07月 18日 ( 1 )

山に登る中高年

 大雪山系のトムラウシ山と美瑛岳で3件の遭難があり、10人の方が亡くなるというたいへんな結果になってしまいました。たとえ夏山でも高い山に登ることは非常に危険が伴うことであり、常に事故と背中合わせだと言われていますので、それなりの計画や準備はしていたのだと思いますが、想定を越える悪天候に見舞われたことが最大の原因だったとは思います。

 トムラウシ山で亡くなった一人の方は単独で登山しておられたようですが、他の2つのパーティは旅行代理店によるツアーだったということで、それぞれ3名のガイドがついていたにもかかわらず、トムラウシ山の18人のパーティではガイド一人を含む8人が死亡するという大惨事になりました。

 亡くなった方は61歳のガイドの方を含め、もっとも若い方でも59歳、ほとんどが60代の方ということで体力的に厳しかったことが原因のひとつに考えられますが、最近山に登られる方の多くが中高年だと聞きます。

 昔は、山に登って事故に遭うのはなんとなく若者と相場が決まっており、「娘さんよく聞けよ 山男にゃ惚れるなよ 山で吹かれりゃよ 若後家さんだよ」などという歌もあったものですが、最近は若者が登山をしなくなっているということも聞きます。

 これは2004年に出た梅棹忠夫,山本紀夫編の「山の世界 自然・文化・暮らし」という本に寄せられた編者(国立民族学博物館・山本紀夫)からのメッセージの一部です。
 もうひとつ驚いたことがあります.それは,山から若者の姿が消えてしまったことです.わたしの学生時代,山には若者の姿しかなかったように記憶しています.ところが,現在は京都の北山でも,積雪期の北アルプスでも若者の姿はほとんどなく,登山者の大半は中高年の人たちばかりです.最初は驚いただけでしたが,やがて若者の山離れは野外科学の将来を考える上でゆゆしき問題であると思うようになりました.この状態がつづくと山を舞台にした野外科学者が育ってこないからです.
 昔の学生の代表的な趣味のひとつが山歩きだったという感覚は私にもありますが、だからといって若者のほとんどが山に登っていたわけではありません。それでも、毎年の夏休みや冬休みには各大学のパーティが全国あるいは世界各地の山に登り、毎年のように若者の山岳遭難のニュースが流れたものです。北海道では、大雪山系日高連峰で1970年に福岡大学のワンダーフォーゲル部のパーティが数日かけてヒグマに追跡され、5名中3名が殺されるという悲惨な事件も起きていますが、その時大雪山系・日高連峰には全国の大学のパーティがひしめき合うように入っていたとも聞いています。

 今はどうなのでしょうか。昨今の山岳遭難では中高年の事故が多いように思いますが、山に登る若者は本当に少なくなっているのでしょうか。それとも、大学山岳部などでは長い間のノウハウの蓄積で事故を起こすことなどほとんどなくなってきているのでしょうか。山に登るにはそれなりの費用が必要ですので、この不景気の時代に多くの若者にそれほどの余裕がないということも原因の一つになっているのかもしれません。

 もちろん、山に登る若者の遭難のニュースなど聞きたいわけではありませんが、山に登る若者がある程度の数存在するということも、なんとなく国として経済だけではなく心の豊かさの象徴にもなるような気がします。私は特に山に登りたいと思ったことはありませんが、山に登る若者がいることも国としては大事な要素なのかもしれないと感じています。

 亡くなった方々のご冥福を心から祈り、同じような事故が再発しないように願いますが、そのことから派生してちょっと違うことを考えてしまいました。
by stochinai | 2009-07-18 16:21 | 札幌・北海道 | Comments(7)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai