5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 08月 08日 ( 1 )

 今日は日本動物学会北海道支部大会が函館であったため、朝一番のJRで札幌を発ちました。札幌駅を7時に出ても、函館駅に着いたのは10時15分頃です。それからなんやかんやと時間がかかり、函館では単に「北大」と呼ばれている水産学部キャンパスに着いたのは11時頃でした。

 会場では缶詰状態なので逃げ出すところもありません。遅れて参加しましたが、そこからは真面目に一般講演、支部役員会、支部総会、午後の一般講演、懇親会とノンストップで参加しました。今日中に札幌へ帰る組のためのJR最終便が午後7時42分ということで、札幌へ戻る人と一緒に函館駅まで来ましたが、私はさすがにJRで日帰りする体力と気力がありませんので、函館で一泊することに。

 思い返せば、2003年に動物学会の全国大会が函館であったので、函館はそれ以来でした。知り合いはみんな帰ってしまいましたので、ひとりで港の周辺を散策しました。

 ホテルからまっすぐ海へ向かうと、繋留保存されている青函連絡船の摩周丸があります。それほど時間は遅くないのですが、ごく少数の釣り人を除くとほとんど人がいませんので、ゆっくりと眺めることができました。
開講150周年行事の函館で_c0025115_2351291.jpg
 煙突に書いてあるロゴはJNR(JRになる前の国鉄)です。かつては、この船には何度も乗って本州との間を往復したものです。当時は札幌から函館まで4時間以上かかっていたと思います。そして、青函連絡船が4時間、そこから東京までまた鉄道で10時間くらいかかっていたのではないでしょうか。札幌東京間の移動で1日がつぶれます。今なら日帰りも普通ですが、当時は東京へ行くだけでも3日がかりの出張でした。

 1986年1月には、青森から函館へと向かう連絡船の中で、スペースシャトル・チャレンジャー号の事故のニュースを聞きました。連絡船のことを考えるたびにその時の光景が目に浮かびます。
開講150周年行事の函館で_c0025115_23564142.jpg
 西波止場の方に少し歩くと、出航前と思われるイカ釣り漁船が停泊していました。おじゃまにならないように、写真を撮らせてもらいました。
開講150周年行事の函館で_c0025115_2359476.jpg
 さすがにプロ仕様の船にはなんとも言えない機能美があります。しばらく見とれていました。

 不思議なことに、赤レンガ倉庫のレストラン通りの方にいってもレストランの中には人がそこそこはいっているものの、意外なほどに人通りが少ないと感じました。おかげでゆっくりと散歩ができたのですが、いつもこんなものなのでしょうか。
開講150周年行事の函館で_c0025115_043147.jpg
 人の少なさはこんなイメージです(笑)。

 しばらく歩いていると、海の向こうからにぎやかな音が聞こえて来ます。コンサートでもやっているような雰囲気です。
開講150周年行事の函館で_c0025115_06845.jpg
 この像の向こうには、函館湾に浮かぶ緑の島があり、どうやらそこで海港150周年イベントが行われているせいで、こちらには人が少なくなっていたという事情のようです。

 おかげで、静かな港を満喫できました。
開講150周年行事の函館で_c0025115_08758.jpg
 明日はのんびりと札幌に帰ります。

 では、おやすみなさい。
by stochinai | 2009-08-08 23:57 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai