5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 11月 24日 ( 3 )

 日経バイテクがやっている、Biotechnology JapanのWebmasterである宮田満さんのブログ「Webmasterの憂鬱」に的確な指摘が出ていました。

2009年11月24日
官僚が予算配分するシステムには限界が。基礎研究から臨床研究まで、シームレスに資金供給する仕組みの確立を
(2009/11/24 RANKING MAIL 第1361号)


 例によってサッカー談義から始まるのですが、今回の事業仕分けに関するコメントがメインです。
 特に「科学の成果を見せろ」という金色夜叉の仕分け人に対して、(官僚や関係者は)科学の波及効果や、企業と政府の研究開発投資の差について説明をすべきであったと思います。
 とまあ、ここまではよくあるコメントですが、この後で仕分け人の中にいた科学者たちに容赦ない言葉を投げかけます。
自分達が利用されているということに気がついていなかったのが残念。近視眼、視野狭窄の専門家は、全体のシステムを議論する場合では道具として利用されてしまうことも、是非とも皆さんご承知願いたい。
 この後に書かれている、完了が予算配分の主導権を握ると、科学予算も土木予算と変わらない配分の仕方になってしまうというエピソードが語られています。
 結局、官僚が予算配分するシステムでは説得力に限界があります。稲ゲノム計画で農水省が結局、1日も早くゲノムを解読する科学者の常識に逆らい、当初の計画通り年月を掛けて、稲ゲノム解析を完了させたのも、毎年研究費が保障されていることを優先したためです。組織維持のために科学予算を投入する倒錯した世界がわが国にはいたるところに存在します。
 というわけで、なかなか見事な議論の展開です。そして、この後に続く結論には私は諸手を挙げて賛成します。
 ここは是非とも、米国科学財団(NSF)のような科学者の組織が予算を受け取り、わが国が今必要な科学とはなにか、大所高所に立って、配分する仕組みが必要です。日本学術振興会と科学技術振興が、それぞれ旧文部省と旧科学技術庁の出先として、科学政策をまた先状態にしていることがそもそも、無駄であると私は思います。これでは、科学者は官僚の予算配分機構の添え物に過ぎません。両団体を廃止して、日本学術会議やNSF的な活動をすべきだ
 全くその通りだと、私もここ数日考えておりました。しかし、長い歴史を持つ日本学術会議は今までそれをできなかったわけです。先日は国立10大学の理学部長会議が声明を出し、今日は国立7大学と早稲田慶応の学長がが記者会見を行いました。いずれも、「(1)公的投資の明確な目標設定と継続的な拡充(2)研究者の自由な発想を重視した投資の強化(3)大学の基礎的経費の充実と新たな枠組みづくり(4)若手研究者への支援(5)政策決定過程における大学界との「対話」の重視」などを要望したものの、予算を配分する仕組みを変えろとか、さらに進んでその権限を科学者コミュニティに渡せなどというような要望は出していないようです。

 私としては、せっかく全国の大学の有力者が国に対して意見をしようというのですから、もっと強気になって、せめて「対等に」話をしても良いのではないかと思うのですが、我々のコミュニティを代表される方々はいつも政府に紳士的に要望を出すだけです。

 宮田さんがおっしゃるようにすぐに体制を変えることは難しそうなので、「日本の科学者の近視眼的縄張り争いを見ると、3年計画で権限や予算を委譲し、人材の育成から始めなくてはならないでしょう」というのが現実的な提案とも思えますが、現状ではそうした提案すらされておりませんし、残念ながら我々大学側のコミュニティ内部からのそのような動きもありません。

 そうなると、3年計画どころか10年20年かかるような気がします。もちろん、それも今動き出すことができればの話ですから、今動き出すことができないのであれば50年たっても何も変わらないかもしれません。それではいずれにせよ、今困っている人が救われないではないかという声も出てきそうですが、戦後60年以上かけて熟成されてきた官僚機構を壊すためにはその位の時間は覚悟しておかなければならないとも思います。

 というわけで、現在苦しんでいる学生やポスドクを救うための応急処置をしながら、日本の国の科学技術政策の体制を根本的に変えることに着手しなければならないと思います。それができないのならば、民主党政権になった意味はないと思います。

 政権がひっくり返ってももとに戻らないような理想的なシステムを、科学者と政治家が協力して作れたら良いのですが・・・。
1) 米国科学財団(NSF)のような科学者の組織が予算を受け取り、わが国が今必要な科学とはなにか、大所高所に立って、配分する仕組み

2) 健康や医学研究に関しても、英国のMRCや米国のNIHなどのような、研究機関と研究資金の供給機関を
 そのためには、「個別の事業の予算確保を訴えるだけでなく、科学予算投入の仕組みに対して、科学界の側から大胆な提案をする必要があると確信しています。当然、総合科学技術会議のあり方も、俎上に載せるべき」だと、本当に思います。

 宮田さんは、政治家や官僚などにもお知り合いがたくさんいるようですが、その方々は宮田さんがこんなにすばらしい正論をお持ちだということを知らないはずはありません。そうであるならば、なぜそうした政治家や官僚の方々が行動しないのか不思議です。ということは、彼らは正解を与えられてもそれに則った行動をとらないあるいはとれないということなのでしょうか。そうだとしたら、現状は想像以上に厳しそうです。

 どうしたものでしょうか。
by stochinai | 2009-11-24 21:08 | 科学一般 | Comments(6)

11月23日のtwitter

Mon, Nov 23


  • 15:26  @2009Wisdom96 イカやタコの「足」は歩くことよりもものをつかんだりすることに使われることが多いので、解剖学的には「腕」と呼ばれます。  [in reply to 2009Wisdom96]

  • 14:49  ダーウィン生誕200年を記念した写真コンペの入賞作品 ただひたすらにワンダフルな動植物たち BBC News - In pictures: Darwin photo competition http://ow.ly/ESDv

  • 14:43  「北極融解:シロクマのことより人間のことを心配しろ!」 刺激的なタイトルです。 Melting Arctic: Forget polar bears, worry about humans - opinion - New Scientist http://ow.ly/ESw4

  • 14:35  スパコン復活で十字架を背負うのか? - 地獄のハイウェイ - 「スパコン復活に予算を回すために、地味な基礎研究分野が犠牲になって壊滅的な予算削減の対象になった場合に、ムード的なスパコン応援団の人達は十字架を背負う覚悟はあるのだろうか?」 http://ow.ly/ESoH

  • 11:25  :「就活くたばれ!」北大生ら札幌でデモ行進 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ: 「嘘つき合戦の就活はやめろ」「企業の犬にはならないぞ」「腹が減ったぞ」などのシュプレヒコールを上げながら、約20人で同市中心部を練り歩いた。 http://ow.ly/EP9Y

  • 08:22  国立大学法人10大学理学部長会議緊急提言:事業仕分けに際し,“短期的成果主義”から脱却した判断を望む(内容に異論はないのですが、こうした提言だけで要望が実現したことは今までもなかったと思います。書類の世界から出ていないpdfというのも?です。) http://ow.ly/EN9j

  • 07:18  ニュース速報 - 47NEWS(よんななニュース):日航は退職者向けの説明会で、企業年金給付額を3割強、現役社員分を5割強、削減する案を提示。(背は腹に変えられませんから、受け入れるしかないのでは?) http://ow.ly/EMrp

  • 07:05  脳死移植:2月以来の脳死判定 82例目の臓器移植へ - 毎日jp(毎日新聞)「北海道・20代の女性・・移植法に基づき脳死と判定」「心臓は大阪大・・肺は東北大・2人に、肝臓は名古屋大・・腎臓は札幌市立札幌・・小腸は京都大・・膵臓と腎臓は神戸大」 http://ow.ly/EMaF

  • 05:43  NEC撤退の次世代スパコン計画に無理はないのか?|永田町異聞 「いったん立ち止まり、新しい研究者も入れて・・国家戦略を再構築してはどうか」「政治判断で・・結論を覆すことは・・可能・・しかしその場合・・理由を国民にきちんと説明しなければならない」 http://ow.ly/ELgc

  • 05:11  大人がある程度免疫もっているワケ(1988年以降エピトープ共通) - 新型インフルエンザ・ウォッチング日記:H1N1(2009)、実は1988年以前に流行していた季節性H1N1と共通した部分があるから、大人にはある程度免疫がある http://ow.ly/EKWY

  • 03:47  読む政治:「長妻流」で巻き返し 強権「一匹オオカミ」(その1) - 毎日jp(毎日新聞): 「長妻氏は先月、過去に年金記録のぞき見などで処分を受けた職員を新機構に移さない方針を示し、身内の民主党を刺激した」彼を党内で孤立させないことが国民の利益 http://ow.ly/EKa6

  • 03:39  日高先生が亡くなられました。ご冥福をお祈りします。 ニュース速報 - 47NEWS(よんななニュース)京都大名誉教授で動物学者の日高敏隆氏が14日、肺がんのため死去した。79歳。 http://ow.ly/EK8p

  • 01:16  こういうのを「なんちゃって公募人事」といいます。こんなのを認めたのでは、民主党の事業仕分けも誰にも信用されません。: 独立行政法人公募に応募者不足中…求職活動中の方、注目! - 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊) http://ow.ly/EIi4


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2009-11-24 14:03 | コンピューター・ネット | Comments(0)
 ふと思い出したので、忘れないうちにということで貼り付けておきます。映画「ニュー・シネマ・パラダイス」のテーマを作曲者のエンニオ・モリコーネがライブで指揮をしているYouTube映像です。



 何年か前に、日本生命がこの曲をコマーシャル・ビデオで印象的に使っていたのが心に焼き付いています。

 愛する人のために

 かつてニッセイのコマーシャル・ビデオは結構良かったのですが、最近は「余裕」がなくなっている感じがしますね。
by stochinai | 2009-11-24 00:18 | つぶやき | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai