5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 11月 25日 ( 2 )

 「飢えた子の前で文学は有効か」

 この言葉に初めて接した時に、人が単なる動物としてのヒトではなく、知性を持った人間であることの意味を考えてみろと言われた気がして、「大学生」になったことを実感した記憶があります。

 最近ずっと考えているのが、「飢えた子の前で科学研究は有効か」ということです。

 事業仕分け人たちがやろうとしていること、あるいは少なくとも建前として言っていることは、貧困国家である日本でその貧困を解決するために、とりあえず税金を使って行う事業のうち、優先順位の低いものを仕分けていくということだと思います。

 仕分けられる側が予算を主張するためには、その「論理」に対抗できるだけの「説得力のある理由」が述べられなければなりません。しかも、それがあらかじめ作文されたものではない証拠として、仕分け人と行う真剣勝負のディベートに勝たなければなりません。

 全国あるいは全世界にリアルタイムで流されている以上、勝敗の判定を下す審判は視聴者(国民、納税者)ですから、その場で言い負かされたら仕分け人と言えども、引き下がらざるを得ないでしょう。
飢えた子の前で科学研究は有効か_c0025115_2133598.jpg
 私が何日か前に書いたエントリー「公開でプレゼン・ディスカッションできる場で敗退した文科省」で、言いたかったのは、そんな願ってもないチャンスをもらっていながら、仕分け人を言い負かすことのできなかった事業予算申請をする文科省側のプレゼンターの問題点でした。

 今日の仕分けでは、大学の運営費交付金のところでは、文科省の大学政策(運営費交付金が毎年1%削減されていることとか、COE・GCOEのこととか)に対するつっこみはかなり的確だったと感じられました。大学という教育の場で、選択と集中が本当に良いことなのか、なぜGCOEはCOEの半分の採択数しかないのか、どうして5年で終了するのか、大学教育には連続性が大事ではないのか、なぜ法人化した全国の大学に文科省から天下りがどっと入っていると同人、文科省から出向職員がたくさんいるのはなぜか、などなどの質問に対して文科省の方々はほとんど的確なコメントができなかったと思います。

 それにもかかわらず、国立大学法人の運営費交付金は「削減」とはならずに「見直し」という結果でした。これは、先の競争的研究費が削減されたことから見ると、研究費は削減しても教育費は削減しないでおきたいという民主党政権の意向を示しているのかもしれません。枝野さんと蓮舫さんも、国立大学の運営交付金の削減や、天下り官僚の存在は強く非難していたものの、大学教育にはお金をかけなければならないというニュアンスの発言を繰り返していたと思います。中村桂子さん(?)の意見もとても良かったと思います。

 それを考えると、今の民主党政権には、大型の研究費は多少削減しても仕方がないが、将来へのつなぎとなる基礎研究は教育と同じように振興しなければならないということは受け入れてもらえる議論かもしれないと感じました。

 天下り官僚が文科省からぶんどってくる競争的大型予算ではなく、民間人や地元の住民がはいった新しい大学法人の運営組織が、未来の日本を支える人材と基礎科学を保証するために、大学とそこで行われる多様な研究を維持する。そんなことならば、受け入れてもらえるのかもしれません。

 飢えた国民の前でスーパーコンピューターを見せても「いらない」と言われるかもしれませんが、将来の日本を支えるために必要な大学と、それを支える最低限のインフラと教育研究を復活させることにならば、多くの国民は多少の飢えはがまんして賛成してくれる、そのくらいの支持を得られないようなら大学は一回つぶれるしかないでしょう。

 ノーベル賞などの受賞者や超有名大学の先生達が、仕分け人を非難したり、民主党を非難したり、マスコミを非難したり、東大法学部を非難したりしても、飢えた国民の共感は得られないのではないか。そんなことを感じている今日この頃です。
by stochinai | 2009-11-25 22:04 | 科学一般 | Comments(29)

11月24日のtwitter

Tue, Nov 24


  • 12:29  こんな小春日和の穏やかな日は|双子の白クマ赤ちゃん通信|お母さん絶好調。子供たちを追い回して、いじり倒してかわいがってます。 http://ow.ly/FaEL

  • 10:42  宮田さん(2009/11/24 RANKING MAIL 第1361号)ここは是非とも、米国科学財団(NSF)のような科学者の組織が予算を受け取り、わが国が今必要な科学とはなにか、大所高所に立って、配分する仕組みが必要です。 http://oneclip.jp/CQgztA

  • 08:22  新型インフルエンザ・ウォッチング日記「グラクソ社ワクチン副作用報道のゆくえは?」:なんらかの意図(スピン)をもって朝日に流され、そして他紙がワッと追いかけという状況になっているのかもしれません。 http://oneclip.jp/6IzKRW


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2009-11-25 13:10 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai