5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 04月 07日 ( 2 )

 「この世界」でご活躍中の佐々木俊尚さんの新しい本「電子書籍の衝撃 本はいかに崩壊し、いかに復活するか?」が、創刊記念として今日の正午から先着一万ダウンロードに限り、定価1000円のところを110円という破格のキャンペーン価格で発売するということだったので、12時ちょっと過ぎにディスカヴァーデジタルブックストアから購入してみました。
電子ブック「電子書籍の衝撃」購入顛末記_c0025115_20155978.jpg
 12時なるまでは、新刊のところにこの本「電子書籍の衝撃」は表示されていませんでしたが、12時を過ぎてアクセスした時にはしっかりと110円という税込価格で表示されていました。
電子ブック「電子書籍の衝撃」購入顛末記_c0025115_20181779.jpg
 早速詳細をクリックし、購入の手続きをとりました。私はいままで、ディスカヴァーデジタルブックストアから何も購入したことがなかったので会員ですらなかったのですが、とりあえず午前中に会員登録だけは済ませておきましたので、購入からクレジット決済の手続きまでは比較的スムーズに進みました。

 ところが、支払いが済み、クレジット取り扱い会社から支払い確認メールが届いたにもかかわらず、ダウンロード可能なファイルが格納されるはずの「わたしの本棚」にはいつまでたっても本が表示されません。そうこうしているうちに、サイトの動きがおかしくなり、再度ログインを促されたり、パスワードが間違っているというメッセージが出たり、あげくのはてにはサイトそのものにアクセスすることすらできなくなりました。

 もともとある程度評判になっていた本ですし、1000円の本が110円で発売になるという衝撃のキャンペーンですから、サイトにアクセスが集中しなんらかのトラブルが起こるだろうことは予想していたことでしたが、想定を越えたかなりの大混乱が起こってしまったようです。

 まあ、私はすでに購入手続きが終了しており、クレジットの支払い確認のメールも持っておりますので、混乱が収まるまでしばらく待とうと鷹揚に構えていられましたが、購入途中でトラブルに巻き込まれた人や、購入しようとしてアクセスできなかった人は、かなり焦ったのではないでしょうか。

 というわけで今日は無理かなと思っていたのですが、先ほど私には「ダウンロードができるようになりました」というメールが届き、無事にダウンロードすることができたました。ありがとうございました。
電子ブック「電子書籍の衝撃」購入顛末記_c0025115_20332948.jpg
 しかし、こちらをみるとその後も断続的にトラブルが生じているようです。

 http://twitter.com/discover21

 サイトの中の人は今日の昼から食事やトイレの時間も惜しんで復旧作業にとりくんでいることは良くわかりますし、想定外に大量のアクセスがあったことが原因だというのは理解できるのですが、たとえそうだとしても、プロが商業的にサイトを運用しているのですから、ここをスムーズに乗り越えることが今後の日本における電子書籍の将来にも関わる大切なポイントになることだと思いますので、どうか泣き言を言わずにがんばっていただければ、と思います。

 ダウンロードしたファイルdis88759808.bookは、同じサイトから無料で配布されているT-Timeというリーダーで読むのですが、これが思ったよりも快適でした。

 電子版ですから本のサイズというものはないのですが、なんとなく新書版の雰囲気だろうと思いながらそんな画面にして見ています。
電子ブック「電子書籍の衝撃」購入顛末記_c0025115_2041217.jpg
 デフォルトではこのように横書きなのですが、多くの新書版のように縦書き表示にしたほうが読みやすいようです。
電子ブック「電子書籍の衝撃」購入顛末記_c0025115_2041429.jpg
 私のように老眼になってくると、ディスプレイで文字のサイズを大きくして読めるのはとても楽です。物珍しさもあるのでしょうが、読むスピードも紙に比べると遙かに速い気がします。

 本の中ではキンドルやヌックなどというリーダーが写真入りで出てきますが、今や我々の眼前にはiPadも登場しています。

 電子ブックをリーダーで読むという便利さを知ってしまうと、どちらが良いかなどという議論をすることすらばからしくなることは、すぐにわかります。もちろん紙の本が良ければそれを選ぶという選択肢も残り続けるでしょうから、今後は読む方が媒体を選択する自由が保障されることを強く期待したいところです。

 何百冊・何千冊という本が簡単に持ち運びできるiPadのようなリーダーに収まり、そして配給される書籍のレパートリーが拡がり、さらに印刷されたものよりもはるかに安価に手に入るということになれば、崩壊しつつあると言われている本の復活の仕方は想像する必要すらないでしょう。

 初日のトラブルはまだ続いておりますが、運良くたどり着けた私は一足先に心地よい電子書籍の衝撃に打たれているところであります(^^)。

 私にとって、2010年4月7日が「電子ブック初日」になりました。
by stochinai | 2010-04-07 21:14 | コンピューター・ネット | Comments(0)

4月5日のtwitter

Tue, Apr 06


  • 23:24  朝食に卵を食べると日中の余分なカロリー摂取が避けられる Eating eggs for breakfast helps reduce calorie consumption throughout the day by 18 percent http://ow.ly/1v7p3

  • 23:21  きまぐれ雑記 : 博士課程の入学定員割れ問題 「定員割れをすると、「その・・専攻は必要ない」、また、「定員割れを放置した大学の責任は大きい」、と」「定員割れを避けるため、合格にしたいが、入学しても明らかに卒業できない人を入学させられない」  http://ow.ly/1v7eu

  • 19:38  日本企業は置いてけぼりを食って終わり? クローズアップ現代4月6日 シリーズ アジア新戦略 アジアの“人材”を呼び込め 「日本企業がその原動力となる人材の確保に苦慮」「企業は日本語能力や協調性を不可欠としているため、ミスマッチが起きている」  http://ow.ly/1v2n1

  • 18:43  暇人\(^o^)/速報 : 【日本】葬式の平均費用、日本231万円、イギリス12万円、ドイツ19万円、韓国37万円、アメリカ44万円 島田裕巳著 『葬式は、要らない』 http://ow.ly/1v1o2

  • 17:57  クリック1円募金 RT @dff_ClickBokin: dffのクリック募金、これまでに生み出された寄付額は、約2億6700万円。赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで、すべての日本人が2回ずつはクリックした!計算になります。「チリツモの代表例ですね」と、よく言われます。

  • 17:25  私が教わった先生は「風呂が建つ」とおっしゃってました :岩波新書で家が建った時代: 天漢日乗「アカデミックポストが少ないのに、奨学金を貰ったらある年限で就職してないと返還しなくてはならない」「大器晩成型の学問分野は死に絶えるしかない」 http://ow.ly/1v0Dn

  • 15:08  さっぽろ産業ポータル| 経済産業局からの発出文書を装う文書にご注意下さい! 「鉱業法に関係する書類として、東北経済産業局長名を偽り、偽りの印鑑を使用した文書が・・FAXで」「存在しない「東京経済産業局」発行の文書が・・FAXで」  http://ow.ly/1uZaI

  • 15:06  札幌は急に自転車がえています。私は冬中乗っていましたが、何か?: 自転車を解禁しました|札幌の不動産屋日記 「雪がほとんど解けましたので、本日から自転車に乗ることにしました」  http://ow.ly/1uZ9y

  • 15:04  中央区の中古マンションが売れています|札幌の不動産屋日記 「価格は上昇し、在庫が減少しています。ちょっとしたバブルと言ってもいいようなレベルだと感じていますが、仕事を通しての実感ですから、私だけが感じているのかもしれません。」  http://ow.ly/1uZ8M

  • 09:18  お伽噺のような謎 - 新小児科医のつぶやき 「帝京」「2004年度の医学部学費データ」「初年度学費:14,207,200円 6年間学費:49,192,200円」「学費免除制度は「無い」」これだけで十分お伽噺なのですが・・・ http://ow.ly/1uUY4

  • 09:11  春の予感-I've been mellow-|ぽちの日記。 札幌100マイル 丸山動物園のシロクマ ピリカ特集 ララのお尻  http://ow.ly/1uUTt

  • 07:26  道新高田記者が司法記者クラブをモーセのように歩いた日~道警総務部長名誉毀損裁判関連 - 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊) 「現場の記者が意味もなく委縮している、まさに今のムードを的確に表していると感じました」  http://ow.ly/1uTkS


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2010-04-07 07:08 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai