5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 05月 14日 ( 2 )

 この本は出た時にというか出る前に予約して買ったものだと記憶しているのですが、私自身にとっては必要がなく学生のためにと思って買ったものなので、あまりまじめに中を見たことがありませんでした。すでに日本のアマゾンには在庫がなく、イギリスのAmazonでもなんと残りが1冊と貴重本になりつつあります。2003年出版のアフリカツメガエルの組織学図版集です。

 Color Atlas of Xenopus laevis Histology
専門書の間違いを発見してしまった_c0025115_2112690.jpg
 で、先ほどある方からメールをもらいました。

 両生類の免疫やリンパ組織の研究者ならば知っていることなのですが、ヒトが風邪をひいたり、虫歯になった時に腫れる「リンパ節」というものは、両生類のカエル(無尾類)になって初めて進化してきたと考えられており、同じ両生類でもイモリやサンショウウオのような尾の長い有尾類にはありません。ところが、アフリカツメガエル(Xenopus laevis)は無尾類なのですが、例外的にリンパ節がありません。

 ところが、なんとこの本にはリンパ節(Lymph node)の組織が堂々と載っているのです。私にメールをくれた方はこれを見て、ツメガエルにはリンパ節はなかったはずじゃありませんか、というような疑問のメールをくれました。

 研究室にはこの本があるのですが、上のような事情で私はまじめに目を通しておらず、メールをいただいてから見てみると、リンパ節というキャプションの入った写真があります。

 しかし、残念ながらこれはリンパ節ではなく、成体になって退化中の胸腺なのです。私は大学院生の頃には、アフリカツメガエルの胸腺の発生を研究していましたので、これはひと目見てわかりました。しかし、いくら口で言っても写真に対抗するのは難しいので写真がないかと思って探したのですが、スライド以外はなかなか見つかりません。万事休すかというところで、なんと修士論文を見つけました。博士論文ならば、国会図書館にもありますし、北大の機関リポジトリHUSCAPでも公開されているのですが、残念ながらその中には良い写真はありませんが、修士論文の中にはなんとか使える写真がありましたので、ここに転載しておきたいと思います。

 世界初公開の私が作って撮影した、アフリカツメガエル成体の胸腺の組織切片写真です。
専門書の間違いを発見してしまった_c0025115_21135711.jpg
 上の本をお持ちの方は、この写真と見比べてください。本に掲載された「リンパ節」と間違って記載されている胸腺は、これよりは退化の度合いが激しいですが胸腺の髄質にあるさまざまな構造物などがそっくりだということに納得いただけると思います。

 何十年ぶりに見た修士論文ですが、当時の写真は自分で現像し、文字や矢印などはレトラセットという会社の転写シールでゴシゴシと貼り付けてあるものです。写真の現像や製版などは、今となってはなんの役にも立たない技術ですが、当時はその技術がないと投稿論文用の図版も作れなかったのですから、研究者は必死にそうした技術を学んだものです。

 それにしても、当時の生化学や黎明期の分子生物学的技術など、今ではまったく使い物になりませんが、組織学だけは不滅だということを実感できます。

 それが、私の財産かもしれません。
by stochinai | 2010-05-14 21:19 | 生物学 | Comments(2)

5月13日のtwitter

Thu, May 13


  • 20:40  ダメダメ、プレゼンの邪魔したらダメ! (#hikari_road live at http://ustre.am/bNTj )

  • 20:39  そらのさん、司会の役割を果たしましょう!!! (#hikari_road live at http://ustre.am/bNTj )

  • 14:08  クモとモウセンゴケが同じ餌をめぐって競争をしている証拠を提出した論文 Evidence for competition between carnivorous plants and spiders — Proceedings B http://ow.ly/1Ks3T

  • 13:39  ビアガーデン:開催時間30分短縮-札幌・大通公園 「午後9時・終了」「他にも、DJブースやステージ設置の原則廃止▽音量制限(拡声器直下から5メートル地点で限度75デシベル)▽会場内や芝生部分を照らす照明の制限」など 毎日jp http://ow.ly/1KrJc

  • 13:36  大通駅の乗客4.4%減|札幌の不動産屋日記 「通駅が4.4%も減っているのは意外」「地下鉄駅近くの人口は増えているのも事実」「通勤・通学は徒歩だけれども、地下鉄駅の近くがいい」「中央区の人口がさらに増えるとも予測できる」  http://ow.ly/1KrFT

  • 13:31  札幌てくてく: サッポロ・ミツバチ・プロジェクトが始まります。銀ぱちの田中さんのレクチャーをお聞きしました。 「銀座・・ビル屋上でミツバチを飼うプロジェクトが・・札幌でも、今年から都心でハチを飛ばします!」「サッポロ・ミツバチ・プロジェクト」 http://ow.ly/1KrCM

  • 12:48  誠 Biz.ID:YouTube、特定の相手にだけ動画を見せる新オプション導入「既に・限定公開する機能があるが・アカウントを持っているユーザー25人まで・・新しいオプションは人数に制限はなく・アカウントを持っていない相手とも動画を共有できる」 http://ow.ly/1Kr5X

  • 12:41  牛の処分が遅々として進んでいないことが一目でわかります。完全隔離をして治癒が見込めるというのでしたら、それでも良いのでしょうが、どうやらそうではなさそうです。: データで見る口蹄疫(2010年 宮崎) その4: コンタンのブログ http://ow.ly/1KqXO

  • 08:49  札幌市役所の屋上から・・・。|ぽちの日記。 札幌100マイル 「意外と知られていない大通地区のビューポイント、それは札幌市役所19階、つまり屋上でありまする。」「入場無料だし、時計台を俯瞰できるポイントは、ここだけ」  http://ow.ly/1KnCR

  • 07:28  札幌で地球環境映像祭「アースビジョン in 北海道」-14作品を上映 - 札幌経済新聞 「「あけぼのアート&コミュニティーセンター」(札幌市中央区南11条西9、TEL略)で5月16日、「アースビジョン in 北海道~地球環境映像祭」」  http://ow.ly/1Km1v

  • 07:26  ピーナツアレルギーの子どもが10年で3倍以上に増えた! Rate of childhood peanut allergies more than tripled from 1997 to 2008 http://ow.ly/1KlXR

  • 07:23  私的なことがらを記録しますが今週、紙の本を大量に捨てました ― 藤沢数希 : アゴラ 「数日前・・持っている本の3分の2は捨てたと思う」「本の維持管理費が到底許容できる範囲を超えていた」「電子書籍というのは結構大きなイノベーションなのかも」 http://ow.ly/1KlQp

  • 07:17  とても珍しい白いカワウソの赤ちゃん 目が黒いのでアルビノではないのですが、とてもかわいいので人気が出そうです イギリスの水族館で Extremely Rare White Otter Cubs - ZooBorns http://ow.ly/1KlJF

  • 07:13  入試において、受験生の本人確認をどこまで行うのか - Clear Consideration(大学職員の教育分析) 「入試当日は問題の配布・回収など大学側でもやらなければいけないことがたくさんあり・・本人確認を入試当日に行うのは事実上難しい」 http://ow.ly/1KlFJ

  • 06:44  今日の問題はジュゴンでした ランダムに出るのかも? ワンクリック募金 みずほ証券:生物多様性スペシャルサイト http://ow.ly/1Kl4c


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2010-05-14 07:37 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai