5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 10月 30日 ( 2 )

Kinoppyを使ってみた

 使うかどうかはさておき、電子書籍の販売サイトは無料で登録できるものについては片っ端から登録していいます。その割には、あまり電子書籍として購入しているものが増えてこないのは、やはり値段と使いやすさの折り合いに、私個人として納得できるものが少ないからだと思います。

 紀伊国屋の電子書籍サイトKinoppyは随分前から登録している記憶がありますが、お金を出して本を購入したことはありませんでした。それが、先日PCで読む電子書籍リーダーKinoppyのバージョンアップのお知らせメールがきて、それに対応した際に、あの「もうダマされないための「科学」講義(光文社新書)」が、書籍版が798円のところ電子版が599円で販売されていたので、ソフトの使い心地のチェックも兼ねて購入してみました。
Kinoppyを使ってみた_c0025115_23173952.jpg
 結果的には(もう少し安くなってもいいだろうとは思いますが)とても満足しました。

 まずは、このKinoppyの姿勢です。
マルチデバイス対応=多様な端末に対応、という意味ですが、紀伊國屋書店の電子書籍のマルチデバイス対応とは、「電子書籍を一度購入すれば、多様な端末で再購入なしに再ダウンロードできること」が特長となっています。
スマートフォンやタブレットを買い替えたり、本棚から誤って削除してしまったりした時にも、紀伊國屋書店でお買い上げ頂いた電子書籍はなくなりません。

Kinoppyの各ストアまたはBookWebで購入の電子書籍は、スマートフォン/タブレットはもちろん、新登場のPC版Kinoppyでも、さらにはソニーReader™でも、再購入せずにお読み頂けます。
Kinoppyを使ってみた_c0025115_23194342.jpg
 私の場合、購入はデスクトップPCから行い、最初のダウンロードもそこから行いました。その後、iOS5のiPod touch、androidのLifeTouch NOTE、そしてiOS5の初代iPad、おっとそれにノートPCと、それぞれにKinoppyというリーダーアプリをインストールして、(もちろん)ログインしさえすれば自動的に買った本もダウンロードされてくるという仕様にとても満足しました。

 そもそも文庫や新書といったものは、読むシチュエーションを制約されたくありませんので、この対応はとてもうれしく感じました。その結果わかったことは、pdfファイルではない「本当の電子書籍」というものは、ハードやリーダーソフトによって、読む際の印象が大きく変わるということでした。

 まずは見比べてみてください。PCのKinoppyでこの本を読む時には、T-Timeというボイジャー製のリーダーが起動することがわかりました。(文庫の時には「ブンコビューア」というものが起動するらしいです。)こちらがそのウィンドウです。
Kinoppyを使ってみた_c0025115_2330167.jpg
 なんとなく新書っぽく表示されていますが、もちろん電子書籍ですから横書きにすることもできます。
Kinoppyを使ってみた_c0025115_23295815.jpg
 こちらの方がなんとなく読みやすい感じですね。

 そして、iPod touchではこんなふうです。
Kinoppyを使ってみた_c0025115_2333335.jpg
 フォントの品質が格段に良いことがわかりますが、さすがに画面が小さいですから、このくらいがせいぜいでしょう。

 一方、画面がちょっと大きいandroidのLifeTouch NOTEでは、かなり書籍版の新書サイズに近い表示になることがわかります。
Kinoppyを使ってみた_c0025115_233508.jpg
 最後はiPadですが、まずは縦に表示させてみました。
Kinoppyを使ってみた_c0025115_23365420.jpg
 画面が広い分、たっぷりと表示させることができます。これはもはや新書サイズではありません。かなり読みやすくなります。
Kinoppyを使ってみた_c0025115_23372164.jpg
 余裕があるので、iPadを横向きにして、2ページ表示させると見開きの新書のイメージになります。これでも十分実用的なのですが、老眼の目にとっては文明の利器の長所を生かしたいと思いました。

 そして、結論的に到達した表示がiPadのこの表示です。横書きにしました。
Kinoppyを使ってみた_c0025115_2337347.jpg
 ものすごく楽になりました。普通に文庫本を読む3倍くらいの速さで読めたような気がします。

 このような使い方ができる電子書籍なので、有形の書籍版と同じ値段でも購入しても良いという気分にもなりますが、流通の実態を知っている以上、これらが同じ値段で販売されることに対する心理的抵抗はまだまだあります。

 というわけで、そこそこのレベルで値段に差がついていさえすれば、もう電子書籍以外はいらないというのが正直な感想です。

 紀伊国屋さん、Good Jobです。
by stochinai | 2011-10-30 23:51 | コンピューター・ネット | Comments(0)

10月29日のtwitter

Sat, Oct 29


  • 16:40  [exblog] にわかイチョウ祭り http://t.co/7Lr62DAd

  • 16:15  計算したらわかる:気になる科学ネタ http://t.co/tIDJjj9O 「フランス放射線防護原子力安全研・海洋に流出した・セシウム137の総量が2万7000テラ・ベクレル・試算・東電・数値の20倍・観測データがあるのなら・解析をすれば・どちらが正しいのかは計算したらわかる」

  • 15:41  「プロメテウスの罠」を読むと菅政権の「人災」が浮き彫りになる-佐藤正久オフィシャルページ http://t.co/UXtAGoRR 「15日夜・浪江町・3カ所の放射能測定を現地対策本部から命ぜられた・計ると・高く・SPEEDIで高い・予測が出ていた地点」 政権の問題ではなさそう?

  • 15:30  【新聞】地方紙の存在意義について (内田樹の研究室) http://t.co/Q4yhk3iB 大新聞に載っているのが嫌味でしたが「記者ひとり、購読者千人くらいの規模・今でも・「小商い」は成り立つはず・いちど「ビッグビジネス」の味をしめたものは、二度と「小商い」に戻ろうとしない」

  • 15:06  【廃炉まで30年】Japan's Fukushima Plant Dismantling Needs over 30 Years : Scientific American http://t.co/S6wiNOs4 今日の朝刊に載っていましたが、ロイターが世界に配信してます。

  • 15:03  【動物と目が合う】Animals That Saw Me - My Modern Metropolis http://t.co/sAIwnITA 動物を見つけた時に、向こうもこちらを見ていることが良くあります。写真集からの抜粋のようですが、写真がいまいち?

  • 14:59  【地元フリーペーパー】日本全国のフリーペーパーを電子ブックでご紹介「ALL FREE PAPER」 http://t.co/ZjGS3Nvm 残念ながら地域で検索とかの窓が付いていないようです。意欲的な試みだけに今後に期待したいと思います。

  • 08:53  [exblog] 10月28日のtwitter http://t.co/iQuuyLeD


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2011-10-30 09:06 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai