5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2012年 10月 04日 ( 2 )

 今朝6時の東の空です。登る朝日を眺められる季節になってきたことを改めて感じます。
c0025115_18232532.jpg
 さて、日本の新聞にも取り上げられていたようですが、見落としていました。海外のニュースで「日本が・・・」とか「日本人が・・・」とかいうフレーズがあるとついつい反応してしまいます。
c0025115_18305875.jpg
 しっぽを捨てて逃げるカタツムリとはなかなかおもしろそうなお話です。

 原著の論文もオープンアクセスになっているので、是非ともごらんください。
c0025115_18353283.jpg


 著者は単独です。学振のポスドクで現在はオランダの研究所にいる細 将貴(ほそ まさき)さんが、世界で初めて沖縄・八重山諸島の石垣島と西表島に住むイッシキマイマイというカタツムリが捕食者であるイワサキセダカヘビに襲われるとしっぽを切り捨てて逃げることを発見しました。

 もちろんカタツムリは失ったしっぽを再生できるのです。
c0025115_18414238.jpg
 こちらが産経ニュースに載っていた上が尾を失って再生中のもの、そして下が白く見える尾部を再生したイッシキマイマイだそうです。おもしろいことにカタツムリが成長し切ると、この自切による防御はあまり見られなくなるのですが、この時には殻の開口部に出っ張りができていて、ヘビに噛み付かれても殻から引きずり出されずにすむようになっているのだそうです。
c0025115_18473033.jpg
 左が開口部に出っ張りをもつイッシキマイマイで、右はそれを持たない近縁種(ヘビのいない島に住んでいます)。

 といろいろとおもしろいことがあるのですが、調べているとなんと著者の細さんが自分で論文を解説しているホームページをお持ちだということが判明しました。こちらをごらんください。わかりやすい素晴らしい解説があります。

 ホームページ 「人生は最適化できない!」

 原著論文の解説ページの最初に「投稿論文が3回リジェクトされた」と書かれているのは、専門家にしかわからないかもしれませんが、涙なくしては読めない笑い話です。

 というわけで、私がグダクダと解説するよりはご本人のページに行ってください。まとめだけを引用しておきます。
c0025115_185362.jpg
 再生現象の方により興味を持つ私としては、カタツムリが小さいうちは再生力も強いのでどんどん自切して逃げて、モリモリ再生するのではないかと感じたところもあります。大きくなると再生力が落ちてくるので尾を切り捨てるのではなく殻から引っぱり出されないようになるのかもしれません。また、自切部位がどこにあってどのような構造をしているのかを明らかにできればかなりおもしろい発見になります。また、大人と子どもとで再生力に差があったりしたら、そのメカニズムを含めておもしろい研究ができそうです。

 というわけで、生態学者の発見ではありますが、発生学(再生学)からみてもおもしろい現象を発見してくれたものだと感謝しています。

 世界を股にかけて活躍する日本の若い研究者は頼もしいかぎりです。

 さて、今日も最後の写真は例によって北大農場の夕景です。
c0025115_18232720.jpg
 ポプラ並木にかかる巻雲が美しいですね。
by stochinai | 2012-10-04 19:03 | 生物学 | Comments(0)

10月3日のtwitter

Wed, Oct 03


  • 18:53  [exblog] 世界の国からこんにちは http://t.co/yYTnC16J

  • 13:31  【変わらない国】庶民は主権者になれるだろうか(志村建世)ブロゴス http://t.co/1xgtXInv 「次の選挙・自民党が政権に復帰・安倍氏が首相・原発は積極的拡大はない・が・「直ちにゼロ」にはなりそうもない・意識を持つ・「市民」・は確実に増え」たが「庶民」が大多数のまま

  • 13:20  【ブタ生肉は危険】豚を生で食うとは-新小児科医のつぶやき http://t.co/oQ6Y3JAw 「豚は常識として「生では食べない」・SPF豚を無菌豚と称して販売されている実態がある・トンデモナイ目にあう危険性・どうしても獣肉を生を食べたい人がいるのに驚かされ」

  • 13:16  【日本語で知り合いから来たらだまされそう】Twitterスパム増加中 不審なDMに気をつけろ:I believe in technology http://t.co/OEwDH5sP 「ログインさせ・Usernameとパスワードを盗み・典型的なTwitterスパム・フィッシング」

  • 13:10  【疲弊する教師たち】道教科研公式ブログ http://t.co/quWxkRis 「「我が子をこんな余裕のない人が教えていていいのか。もっとゆとりある条件で子どもに人間らしく健康的に向き合ってほしい」という声があがり、教師の労働条件が改善されていくと理想的なのですが・・・」

  • 13:08  【BSE対策見直し】「20か月齢」から「30か月齢」に緩和へ(1)|科学技術のアネクドート http://t.co/zRfIIrKY 「内閣府の食品安全委員会という機関が9月、輸入してもよい米国産の牛肉の月齢を、20か月以下から30か月以下に緩和してもよいとする評価」

  • 06:41  [exblog] 10月2日のtwitter http://t.co/Rejs63PK


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2012-10-04 06:17 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai