5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2013年 03月 06日 ( 2 )

 2月17日の我が家の前の道路です。この後も雪は増えて、日曜日には車が一台通るのがやっとの道幅になってしまい。町内のお年寄りを迎えに、あちこちから毎日たくさんやって来るデイサービスのマイクロバスも大変でした。

before
アフター排雪作業と春めく太陽_c0025115_2291994.jpg
 こちらが、月曜日の排雪作業後の同じ場所です。

after
アフター排雪作業と春めく太陽_c0025115_180712.jpg
 もう、トラックですらもすれ違える道幅になっています。このまま大雪なしに春を迎えたいものです。

 今日は朝からみぞれ混じりの雪が降っており、一日中太陽を見ることがなかったのですが4時過ぎに西の空の雲のすき間からまぶしい太陽が顔を出しました。
アフター排雪作業と春めく太陽_c0025115_1872976.jpg
 さすがに一旦顔を出すと、もはや春の光の強さを感じさせてくれます。

 雲のすき間からこぼれ出る光の帯はあちこちをスポットライトにように照らし、さながら「サッポロ・オン・ステージ」といった様相で、しばし楽しませてもらいました。
アフター排雪作業と春めく太陽_c0025115_187308.jpg
 しかし、それもさほど長く続かず、太陽はまた雲隠れ。

 しばらくして5時過ぎ、太陽が山の向こうに隠れる寸前にもう一度顔を合わせることができました。
アフター排雪作業と春めく太陽_c0025115_1873297.jpg
 もう真西に近いあたりに沈むようになっていますね。

 あと2週間で春分の日になるのですから、当たり前といえば当たり前です。

 最近、ネットのサービスやiPad・iPhoneのアプリなど(Androidも?)で簡単に毎日の日の出日の入りの方角がわかるようになったこともあって、この冬ほど毎日の日の出日の入りの場所を気にして過ごしたことはなかったかもしれません。最新の文明の利器が何百年・何千年も変わらない自然の営みを知ることの役に立ってくれるのは、不思議な組み合わせにも思えますが、科学が進めば進むほど我々の自然の理解が進んできたことを考えると当たり前のことでもあるのでした。

 どんなに厳しい冬の後でも必ず春が来ることを教えてくれる「科学」は、我々に希望を与えてくれることもある存在でもあるのだと感じる瞬間です。
by stochinai | 2013-03-06 18:31 | 札幌・北海道 | Comments(0)

3月5日のtwitter

[exblog] 昨日 bit.ly/XJvlFN


posted at 19:47:11


【賛成】石炭を日本のエネルギー政策の主役にしては?アゴラ htl.li/imc6J 「アメリカの発電の内訳は今以って石炭火力が半分弱・今後、シェール・ガス・石炭・余る・日本が安値で引き取れ・日本の「脱硫技術」は世界一・二酸化炭素・回収・リサイクル・電力・廉価」


posted at 12:50:16


【北海道:節電緩和】HBC NEWSi htl.li/imbDa 「政府と北電は、1月から協力を呼びかけてきた1日13時間の節電を、4日から5時間に短縮・7%の目標を掲げた政府と北電の節電への協力呼びかけは、今週8日で終わり」


posted at 12:44:08


【氷づけのマンモスから脳摘出】NHKニュース htl.li/imb7t 「3年前、ロシア北極圏の永久凍土から発見された、氷づけのマンモス・解剖・脳を取り出すことに成功・ロシアではこれまでに数百体のマンモスの頭蓋骨・脳がほぼ完全な状態で取り出された例はなく」


posted at 12:40:34


【婦人科がん研究者・大分大学医学部高井教行さん取り下げ論文増加中】10月に3編、今回4編追加して7編の取り下げRetraction Watch htl.li/ima72 高井さんはこの方では?科研データベース htl.li/imaDn


posted at 12:35:05


【冒険志向スコア】データえっせい:若者は萎縮させられている? htl.li/im9jI 「若者の冒険志向の水準そのものが低く,かつ,年長層との差も小さい・日本とエジプトくらい・ドイツは,中高年層の冒険志向はほぼ同程度ですが,若者のそれが大きく違って」


posted at 12:28:18


[exblog] 3月4日のtwitter bit.ly/W0pKey


posted at 06:06:36


by stochinai | 2013-03-06 06:53 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai