5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2013年 10月 29日 ( 2 )

 我々は知識としてヘビには毒を持つものがあることを知っているのでヘビを見ると思わず恐怖を感じてしまうのかと思っていましたが、昔からニホンザルやチンパンジーなどの類人猿もヘビを怖がることが知られているとのことです。
類人猿の脳回路に記憶として刻まれたヘビの恐怖_c0025115_2029680.jpg
 このヘビの写真は、下の論文の解説記事(Snakes On the Brain: Are Primates Hard-Wired to Recognize Snakes?)からの引用です。

 この写真の記事のもととなる興味深い論文が、10月28日付のPNASオンラインに載りました。
類人猿の脳回路に記憶として刻まれたヘビの恐怖_c0025115_20333912.jpg
 上に述べたヘビの写真の出ている記事を読んでいただくと良いかもしれませんが、原著の論文に書かれている内容もそれほど難しいものではありません。

 生まれてからずっとオリの中で飼育されて、一度もヘビを見たことのない成体のニホンザルに、コンピューターディスプレイに映されたヘビ、サルの顔、サルの手や無関係な図の映像を見せた時に、脳の中で神経細胞がどのように反応するかを記録したものです。
類人猿の脳回路に記憶として刻まれたヘビの恐怖_c0025115_20395413.jpg
 この図の上から、それぞれの映像を見た時に、反応した細胞の数(A)、細胞の反応の強さ(B)、そして反応するまでの速さを示したもので、いずれの場合もヘビの写真を見た時に、もっとも多くの細胞が、もっとも強く、そして最も早く反応したという結果です。

 写真をいろいろなパターンに変えても、ヘビには強く、他のものにはそれほどでもない反応が起こったことが一目瞭然です。
類人猿の脳回路に記憶として刻まれたヘビの恐怖_c0025115_20395687.jpg
 解説記事によれば、類人猿の祖先となる現存の哺乳類とそれを食べるくらい大きなヘビが進化したのが1億年くらい前、そして毒ヘビが進化してきたのが6000万年くらい前だということで、類人猿が進化してきたときにはすでに恐ろしい敵としてのヘビがあちこちにいたようです。

 というわけでヘビに対する警戒心が、類人猿の脳の神経回路にハードウェアとして刻み込まれるくらいの脅威と時間的余裕があったということなのかもしれません。

 ちなみに、この研究の中心となったのが富山大学のグループだったので、被験者としてのサルがニホンザルだったようです。

 ヒトにはヘビを恐れる他にクモが恐いというクモ恐怖症というものがあると知られていますが、それも類人猿の脳に回路としてハード的に組み込まれていたりするのでしょうか?

 心理学や行動学と進化学が結びつくと、いろいろとおもしろい研究が生まれるものだと思います。
by stochinai | 2013-10-29 20:54 | 生物学 | Comments(2)

10月28日のtwitter

[exblog] 札幌、秋真っ盛り bit.ly/17TbkiR


posted at 19:34:06


【日本中のホテルで出てくるよ!】札幌のホテルでもエビ「虚偽表示」HBC NEWSi htl.li/qexHy 「ルネッサンスサッポロホテル・内部調査・中華料理のメニューで「大正エビ」や「芝エビ」と表示されたものが実際には・別の種類のエビを使用していた」


posted at 18:56:25


【子供みたいだけど、どっから入った?】滝野でまたクマ 再び閉園 HBC NEWSi htl.li/qexwi 「滝野すずらん丘陵公園でまたクマの痕跡がみつかり28日から再び臨時閉園・監視カメラ・27日午後3時過ぎに公園の南東側のフェンスの内側を歩くクマの姿」


posted at 18:54:28


【もちろん実施していないが、狙われたものは全部盗聴可能というところが大罪】米国の諜報機関は本当に全部の電話やメールの盗聴を実施できているのか?ニュースの教科書 htl.li/qea9b 「ドイツやフランスも日常的に盗聴その他の行為・国際政治とは所詮そのような」


posted at 12:51:05


[exblog] 10月27日のtwitter bit.ly/1bt3KxJ


posted at 05:38:59


by stochinai | 2013-10-29 07:04 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai