5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 01月 01日 ( 2 )

 出すときにはなかなかはかどらないものですが、新年があけて受け取る年賀状がうれしくないと言ったら嘘になります。今日もきっちりと午前中に配達されてきました。

 もらってうれしいとは言え、出す時にはなかなかスムーズには運ばないものです。経済性とオリジナリティを秤にかけて、私は数年前から日本郵便が配信している年賀郵便作成・印刷アプリの「はがきデザインキット」を使っています。年々改良されていはいるのですが、まだまだ使いにくいところがたくさんあり、柔軟性も低いのですが、昨年(2013年度年賀状)あたりから、なんとか実用に耐えるソフトになってきたように思います。

 年賀状というものは、日本郵便から年賀はがきを買うか、自分で用意したはがきを使うとしても切手は日本郵便のものを買わなければなりません。そういう制約がある以上、年賀はがき作成アプリくらいは十分実用になるものを無料で配布しても日本郵便としては十分に商売になるはずです。

 というわけで、そのアプリを使わせてもらって、日本郵便にはなんのメリットもない、ここに表示する年賀の挨拶状も作成させて頂きました(笑)。昔の郵政省時代だったら、「年賀状の印刷以外に利用することを禁止します」ということくらい平気で言いそうな雰囲気もありましたが、さすがに民営化して以降はそこまで言わないだろうと思っています。

 この図案だと今年の午年以外でも使えそうですね。
2014 あけまして おめでとう ございます_c0025115_22225132.jpg
 午年の午という字は今や干支でしか使わないと思いますが、「牛の角を取ると午になる」と小学校の時に教わった言葉が今でも印象に残っています。というわけで、郵便で送った私の年賀状には「午」の一文字のデザインだけが使われています。

 さて、今日受け取った年賀状の中に、大学院時代の同期生からのものがあり、そこには彼がニッセイのCMフィルムに登場していると書いてありました。少ない情報からですが、YouTubeで意外と簡単に見つかりました。そういう時代になったのですねえ。



 一度見ただけではわかりませんでした。しかし、彼の年賀状に「下駄おじさんとして出ています」と書いてあったので、2回、3回と見ているうちに10年ほど前に家族と一緒に北海道旅行に来た時に会った彼の顔が重なってきました。

 昨夜はボロボロだったとはいえ、綾瀬はるかとの「共演」は羨ましいかぎりです。

 彼は高校教師をしていたので、退職は私よりも早かったのですが、退職後は落語や演劇それに高校の非常勤講師とひょっとすると退職前よりも楽しい生き方をしているのかもしれません。これからそちらの世界へ行く私としては、とても良い見本を見せてもらったような気がして、楽しい気分になりました。
2014 あけまして おめでとう ございます_c0025115_22224763.jpg
 明けて2014年、今年は新しい生き方へと向かう年にしたいところです。

【追記】忘れてました。雪がちょっと降っています。いつもの我が家の積雪メーターがこんな感じです。
2014 あけまして おめでとう ございます_c0025115_22574098.jpg

by stochinai | 2014-01-01 22:42 | その他 | Comments(0)

12月31日のtwitter

[exblog] 2013大晦日  bit.ly/1eo5GcC


posted at 21:35:24


[exblog] 12月30日のtwitter bit.ly/1kWySwp


posted at 07:08:17


by stochinai | 2014-01-01 08:35 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai