5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 03月 05日 ( 2 )

 今日は夕方から文系の人文・社会科学総合教育研究棟で開かれた研究者のためのスキルアップセミナー「伝わるビジュアルデザイン」に参加しました。
研究者のためのスキルアップセミナー「伝わるビジュアルデザイン」_c0025115_2341231.jpg
 どちらかというと、我々研究者にとって苦手なビジュアルデザインを上手く使いこなせるようになるにはどうしたらよいかという示唆に満ちた良いセミナーだったと思いますし、そのことを反映してか会場はほぼ満席に近い状態にまで人であふれかえっていました。

 講師が科学番組をたくさん手がけてきた元NHKディレクターや、現役のデザイナー、アートディレクターというところがそちらの方面に疎いということを自覚している北海道大学の研究者(学生や教職員)の心をとらえたのかもしれません。
研究者のためのスキルアップセミナー「伝わるビジュアルデザイン」_c0025115_23455826.jpg
 最初に登場した元NHKディレクターディレクターで現在は物質・材料機構の広報室におられる小林さん。動画で語りかけるプロです。

 珠玉の一言は、「わかりやすく」ではなく「興味深く」話すこと。

 続いて登場した筑波大学のビジュアルデザイン領域准教授の田中さん。

 珠玉の一言は、フォントは普通のものを使いましょうね、ということとパワーポイントでは絵も描けるんです、でした。

 そして、最後に登場した北大が誇るCoSTEPのデザイナー、大津さん。

 珠玉の一言は、描いた絵にはそれを説明する言葉が必要です。

 もちろん、三人の方々はもっと他にもいろいろなことを教えてくださったのですが、さすがにプロの方々はプロらしいかけがえのない言葉を投げかけてくれました。それだけでも、今日の2時間はお釣りがくるくらいの充実した時間だったと思います。

 やっぱり餅は餅屋。

 科学者の方々は努力していろいろなことを自力でやってしまう方も多いものですが、プロにやってもらうと、ずっと少ない労力で、とてつもなく効率的な結果を得ることができるということも改めて教えてもらいました。

 これからは、こういう方向での「分業」が必要だとつくづく思いました。
by stochinai | 2014-03-05 23:56 | 大学・高等教育 | Comments(0)

3月4日のtwitter

[exblog] 前肢を温存して翼を得たトカゲ bit.ly/1lw5mPV


posted at 19:57:54


【遅すぎたけど、釈放しないよりはずっと良かったと思います】PC操作事件の片山被告の保釈認める - 47NEWS(よんななニュース) htl.li/udaAE 「東京高裁、パソコン遠隔操作事件の片山祐輔被告(31)の保釈を認める決定をした。」


posted at 18:16:16


【Yahoo検索で「3.11」と検索すると10円寄付ができる】3.11、検索は応援になる。 - Yahoo!検索 yahoo.jp/-hfYGW 「1ユーザーにつき10円(上限500万円)が寄付金として東日本大震災復興支援財団に寄付される」3.11の日24時間のみ


posted at 18:09:21


【BCは虚数?】ビットコインの「価値」について議論するための基礎知識(経緯を含めて理解できる初めての解説です) htl.li/ucPZr 「虚数(i)」みたいなもの・存在しない・仮定したら、便利になった。ビットコインは仮想・お金とみなしたら、便利になるかも」


posted at 12:36:30


【賛否両論】平成26年4月1日付け大学教員任期法等の改正(労働契約法の特例)について- 国立大学職員日記 htl.li/ucO2H 任期付き大学教員に対する「大学教員任期法」とポスドクなどに対する「研究開発システム法」無期雇用転換請求に必要な期間が10年に延長


posted at 12:09:10


【国家を越えた新しい通貨制度は既存国家によって止められるか?】ビットコインの目指すもの-百醜千拙草 htl.li/ucNeZ 「中央銀行が勝手に操作できないようなより「公正」な通貨制を市民自らが作り出す」という意味で、成功すれば世界が変わる可能性を秘めている。


posted at 11:55:15


[exblog] 3月3日のtwitter bit.ly/1di5Jc6


posted at 06:36:23


by stochinai | 2014-03-05 06:37 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai