5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 09月 23日 ( 2 )

巨大化する植物たち

 そろそろ冬のことを考えなければいけない時期になってきました。最大の懸案事項は、夏の間だけ外に出していた植物を室内に取り込むことです。それまで室内にあったものをふたたび室内に取り込むだけなら、それほど問題はないのじゃないかと思われるかもしれませんが、夏の太陽でしっかりと光合成をして育った植物の成長の凄まじさは動物の比ではありません。

 外に出していたといっても、玄関の風除室フードの内側や、ポーチに時々出していたというようなものもあるのですが、それらでさえも成長は著しいものがあり、出したものをすべてもとの場所に戻すということはとても不可能に思えます。

 例えばこのポトス、玄関に出した時には葉が10枚位だったはずです。

巨大化する植物たち_c0025115_22020781.jpg

 これは、今年になってそれほど大きく育ったというわけではないドラセナですが、もともとは10センチくらいの挿し穂でした。

巨大化する植物たち_c0025115_22021247.jpg

 おなじみのハイビスカスも倍くらいに膨らんだ気がします。

巨大化する植物たち_c0025115_22021606.jpg

 今年はあまり花を着けなかったスパティフィラムは、おそらく増えすぎて根が詰まりすぎるくらいになっているのだと思います。

巨大化する植物たち_c0025115_22022941.jpg

 そして、一時はイモムシに食べられて丸裸にされたフクシアですが、その被害から復活するとともに猛烈に花を着けています。


巨大化する植物たち_c0025115_22022402.jpg

 さて、全体に倍増してしまった植物の株を狭い部屋に取り込むにはどうしたらよいでしょうか?ここに動物と植物の決定的違いがあります。いったん巨大に成長した動物を狭い部屋に戻すのは不可能ですが、植物のあ場合にはどんどん剪定をして、小さく仕立て直すということができます。むしろ、そうすることでより元気を取り戻したりすることもありますので、植物は「すごい」と思います。

 場合によっては、8割くらいを切り落としたり根ごと小さくした株にしたりすることで、それらの「遺伝子資源」を温存することが簡単にできるのです。

 というわけで、夏の間に元気に育ってくれていたならば、躊躇することなくどんどん切り落として小さく仕立て直して冬ごもりさせることができます。

 逆に冬も外に出したままで室内に入れる必要のないものはどんどん成長を続けてジャングル状態になってしまっています。もちろん、これらもどんどん剪定して小さく仕立て直すことも可能なのですが、外にあるものはどうしても甘やかして大きくしすぎてしまうのが悩みの種です。

 たとえば、こちらのアジサイはもう2メートル級に育ち、ガレージを覆い隠すほどになってしまいました。

巨大化する植物たち_c0025115_22160095.jpg

 同様に2階まで伸びたフジや、絡みついたイチイが見えなくなるほどに育ったノウゼンカズラ、そして植えた記憶もないのにどんどん花を咲かせ続ける白花のムクゲなどが我が家を覆い尽くそうとしているのも、庭主の私の決断力のなさの証明のようにも思えます。

巨大化する植物たち_c0025115_22162313.jpg

 逆にこういう植物に取り囲んでもらうことで、古くなってくる家を耐震ハウスにしてしまうということを考えている私だったりします(笑)。






by stochinai | 2014-09-23 22:21 | 札幌・北海道 | Comments(2)

9月22日のtwitter

[exblog] 本格的な秋に突入 (開成高校の解体進む) bit.ly/1uRNAKp

posted at 19:08:42

@sanaeganbare 「多少の不利益があっても・決して無駄にはならないし・子供たちの栄養になる」という意見にはまったく同感です。つまらない目先の利益に踊らされているのは政府・官庁・多くの大学それに大企業というわけで日本がダメになっていっているのだろうと思います。

posted at 16:17:10

@sanaeganbare 「国際化」の意味がわかっている一部の私立はおっしゃるように「正しく」運用しているようですが、最悪は文科省に言われるがままに意味もわからず「国際化」を推し進めようとしている国立大学のような気もします。

posted at 13:16:15

【評価する上で・油断のならない・情熱・人は嘘をつくものだから】面接でのやる気は本物か?求人応募者の情熱がわかる4つの質問|ライフハッカー www.lifehacker.jp/2014/09/140922… レベル高いですが:最新情報の入手法、解決したい問題と理由、人脈作りの方法、仕事に満足する状況

posted at 13:06:41

【教科書を買わない学生】ブルーバックス、カラー図解アメリカ版大学生物学の教科書の第5巻が出ている。: ホットコーナーの舞台裏 iiyu.asablo.jp/blog/2014/09/2… 「医学部の学生でも数千円の教科書すら購入せず・教員が準備した配付資料のみですましているものが多い」これ事実

posted at 13:01:50

【超優秀な人材以外は落ちこぼれる】日本の学校が求めているグローバル人材って何?ボストン式起業と教育の話 multicultiblog.com/2014/09/21/%E6… 「表向きは外国に住んでいた子供たち大歓迎って・でも・いた学校に戻るにしてもテスト・英語力以上に、日本の学校レベルの数学や日本語力」

posted at 12:57:48

[exblog] 9月21日のtwitter bit.ly/1mxgLkQ

posted at 06:47:13


by stochinai | 2014-09-23 21:53 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai