5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2016年 02月 28日 ( 2 )

 日曜の朝が来ました。まぶしい太陽に照らされて、気温は上がらないままですが日にあたったところの雪はかなり解けています。

真冬日でもどんどん解けた一日_c0025115_21132282.jpg

 室外の気温はマイナス6℃くらいでも、日なたの雪は消えていきます。

 昨日の排雪で道路は気持ち良いほど広くなっています。

真冬日でもどんどん解けた一日_c0025115_21132564.jpg

 玄関の風除室では、コケがすでに目をさましているようです。

真冬日でもどんどん解けた一日_c0025115_21132842.jpg

 屋根の雪が解けて水になっておちてきますが、低温のために落ちるまもなく氷になってしまう場所もあります。

真冬日でもどんどん解けた一日_c0025115_21172859.jpg

 これはモクレンの枝にそってできたツララのような氷です。

 よく見るとふくらみ始めた花芽が氷に封入されたものがありました。

真冬日でもどんどん解けた一日_c0025115_21133472.jpg

 この程度の試練ではモクレンは負けないで花を咲かせてくれると思います。

 話変わって、久しぶりにアルバムをダウンロードしました。今日の午後はずっとこれを聞いています。何回聞いても飽きないです。

真冬日でもどんどん解けた一日_c0025115_21275880.jpg

 札幌出身の天才少女として一部ではかなり有名な彼女ですが、高校3年製の時に初めてのアルバムを出してから、これで4枚目になります。すべて買いましたが、どれも後悔することなく安心して聞ける正統派ジャズの演奏が流れてきます。
  1. NORTH BIRD(2010年6月23日発売)
  2. New York Attitude(2011年6月22日発売)
  3. BURKINA(2013年7月24日発売)
  4. A Time for Love(2016年2月19日発売)
 先月にCDは発売されていたのですが、MP3ファイルとしての発売は遅れていました。たまたま今日チェックしてみたら、iTunes storeでも Amazon のデジタル・ミュージックサイトでもダウンロード可能になっていました。よほどメジャーなプレイヤーならばともかく、こうした情報はなかなか広報されることはないので、欲しいと思ったら時々チェックしなければならないというのが「この世界」の常識です。

 このアルバムを出すに当たって行われた彼女へのインタビューがこちらにあります。


 レコーディング・メンバーは

Erena Terakubo(As)
David Hazeltine(P, B-3 Or)
David Williams(B)
Lewis Nash(Ds)
Rec. August 16, 2015, NJ
(Cellar Live Records CL080815)

 レーベルは珍しくカナダの会社ものです。バークレーを卒業して彼女ももう23歳(高校生の頃から考えると「もう」ですが、ジャズの演奏家としては23歳はまだ超若手)になっていますが、23歳にしてこの「老成感」はやはり信じられないです。しかも、女性であることを感じさせない太さがあります。

 この先、どこへ行くのかについては彼女が一番考えていることでしょうから、我々はいつものように次の作品を楽しみに待っていればいいのだと思います。

 札幌も偉大な若者を生んだものです。






by STOCHINAI | 2016-02-28 21:56 | 札幌・北海道 | Comments(0)

2月27日のtwitter

[exblog] 真冬日に冬を強制終了 exci.to/1TJLIB7


posted at 23:51:53


【ヒント】のっぺりした写真にさようなら。奥行きのある写真を撮る6つのコツ|ライフハッカー www.lifehacker.jp/2016/02/160227… 「手前に物を置く・収束線を見つける・低いアングルからの撮影・光のコントラストを見つける・フレーム内にフレーム・を入れて、景色を切り取り」


posted at 23:28:41


【あらゆる場で選考基準不明朗な日本】3分でわかる福士加代子のレース強行出場とリオ五輪マラソン代表選考の問題点-さようなら、憂鬱な木曜日 www.goodbyebluethursday.com/entry/fukushi 「現在・選考レースを基準タイムでクリアしても、代表に落選する可能性がある・理想的な調整・難しい」


posted at 23:23:50


【意味のない連続改革を続ける日本】大学入試制度はなんのために改革するのか?その改革のための改革よりも,さきにあつかうべき問題はないのか。社会科学者の随想 blog.livedoor.jp/bbgmgt/archive… 「現行の大学入試センター試験を・工夫・改良・使いつづける余地も十分にありうる」


posted at 23:18:49


【英語圏でも有名なんですね。「STAP幹細胞研究者のObokata」がまた論文撤回と記事になっています。】STAP stem cell researcher Obokata - Retraction Watch retractionwatch.com/2016/02/26/sta…


posted at 23:02:19


[exblog] 2月26日のtwitter exci.to/1LKKOMX


posted at 08:27:00


by STOCHINAI | 2016-02-28 07:43 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai