5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 06月 25日 ( 2 )

西へ

 道央の山だから寒いのかと思いましたが、今日は札幌も寒かったようで、北海道中がまた寒いサイクルに入ってしまったのかもしれません。

 目覚めたら山の上の湖のほとりでした。

西へ_c0025115_21442472.jpg

 ここでは、雲と霧と水が時に区別がつかなくなるくらい混ざり合うことがあります。

西へ_c0025115_21442858.jpg

 朝は雲が水面にまで降りてきて、向こう岸の水面は見えず、当然山も見えないという神秘的な光景で始まりました。

 また温泉をいただいて山を降ります。途中でこの辺の地形の成り立ちを知るために「とかち鹿追ジオパークビジターセンター」に寄りました。表示は出ているものの、他に誰もおらず普通のお宅のような作りの建物のドアを開けるには少し勇気がいりました。

西へ_c0025115_21481587.jpg

 それでも向こうに見えるサインに励まされ鍵のかかっていないドアをノックして開きました。

西へ_c0025115_21481924.jpg

 これが大正解でした。学芸員さんにつきっきりで解説をしていただき、このあたりの1万年くらいの歴史をじっくりと教えていただきました。スケールの大きな話はとても面白いです。今回の旅の最大の収穫になりました。

 来る時には道東自動車道をスイスイと走ってきたのですが、帰りは狩勝峠を通って富良野・芦別などを経由してきました。

 道東自動車道ができてからの狩勝峠の寂れようは想像を絶するものでした。

 狩勝峠頂上の道路サインがこちら。

西へ_c0025115_22040667.jpg


 その脇にある「峠の茶屋」はもう何年も前から閉鎖されているようでした。

西へ_c0025115_22041060.jpg

 交通手段が変化すると付随する施設も大きく変化する見本を見るために、修学旅行ではこういうところを見せるのが教育的かもしれません。

 と道を走るだけでいろいろと考えさせられるのが今の日本です。

 途中で休憩した三段滝です。

西へ_c0025115_22093739.jpg

 展望所へ続く道の脇に今日はあちこちで見かけた半分白くなった葉の木を近寄って観察することができました。

西へ_c0025115_22094526.jpg

 最初はハンゲかと思いましたが、調べてみるとどうやらネコの好きなマタタビ(モクテンリョウ)みたいですね。現地ではわからなかったため家で待つネコたちのお土産にできなかったのが残念でした。








by STOCHINAI | 2018-06-25 22:13 | 札幌・北海道 | Comments(0)

6月24日分のtwitter

by STOCHINAI | 2018-06-25 16:56 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai