5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 11月 12日 ( 2 )

ボヘミアン・ラプソディ

 月曜日の午前中にしかもシニア割引で映画を見られるというのは年金生活者の特典ですね。今日は封切り後の最初の平日で少しは空くかと思い映画を見てきました。

 オフィシャルサイトはこちらです。シュコちゃんに叱られそうな趣味の悪いデザインのサイトですが、いちおうオフィシャルに敬意を表して最初はこちらを引用しておきます。

c0025115_21384515.jpg

 久しぶりに大音量でロックンロールに浸れたのですっきりしました。ネット時代になって音源や映像にはいつでもアクセスできるようになりましたが、昔のように音質の良い大音量で聴くという機会は逆に少なくなったような気がしますが、時々はこういうところで音に浸るといいものです。

 実を言うとQueenとはリアルタイムで接していたのですが、なんというかあらゆるジャンルの音楽をてんこ盛りにしたコテコテの演歌のようなロックンロールをやっているように思われたQueenには当時それほど注目してはおりませんでした。それでも、いろいろと名曲があったということは評価していたものとみえて、私もこのCDは持っております。

c0025115_21500529.jpg

 最初のLPレコードは1981年に発売されているようですが、私がCDを買ったのはすでにフレディー・マーキュリーが亡くなった1991年より後のような気がします。グレイテスト・ヒッツはこの後もII・IIIと出ているのですが、私にとってのQueenはこの1枚だけでもう結構という感じで、その後の曲は真面目に聴いた記憶もありません。

 今回の映画もやはりというかQueenの黄金期のこのグレイテスト・ヒッツに入っている曲がほとんどだったと思います。ちなみに私の持っているCDは日本版ですが現行CDにははいっている、日本語の歌詞を含むボーナストラック「手をとりあって」が収録されていません。こちらが曲名のリストです。耳に残る名曲が多く、今でも時々取り出しては聞いています。(特に目覚ましミュージックにはなかなかいいのです(笑)。)

c0025115_22023595.jpg

 Queenといえばフレディー・マーキュリーで、彼がホモセクシュアルでありエイズで亡くなったということはかなり有名な話ですが、この映画はそのフレディー・マーキュリーを中心として彼がなくなるまでのQueenの自伝のような構成になっています。Queenファンではなかった私としてはフレディー・マーキュリーがインド系の移民だとか、ボーイフレンドだけではなく一緒に生活していた女性がいたということなどはこの映画で初めて知った「事実」でした。

 事実が根底にある映画ですので、筋を語るのも野暮なので、英語版の最新の予告編を引用しておきます。


 本編ではカットされている日本公演のシーンと思われる日本の観客が熱狂するシーンが43秒ころに一瞬だけ出てきますので、興味のある方はチェックしてみてください。

c0025115_22205551.jpg


 この映画はQueenのヒット曲をオリジナルのまま聞かせてくれて、それが生まれた背景を教えてくれるという意味でよくできた映画だと思いますので、物語を見る映画だと思わないほうがよさそうです。

 巷で言われているように、この映画の最高の見せ場は最後の20分間に延々と流される1985年に行われたチャリティーコンサート「Live Aid ライヴエイド」をほぼ完全に再現したシーンだという件に関しては同意します。ここを見るだけでもこの映画に付き合う意味はあると思います。Live Aid では6曲演奏し実際にその6曲を完全に再現したシーンが撮影されたとのことですが、映画では4曲だけを見ることができます。(実はYouTubeを検索すると全演奏が高画質で録画されているものを見ることができます。興味のある方は探してみてください。)

 世の中には物好きな方もいて、この映画と実際のLive Aidのボヘミアン・ラプソディの演奏シーンを比較した映像が作られています。これはちょっと驚きますが、映画を作った人々がいかにこのシーンの再現を一所懸命やったかがわかります。



 上半分の横幅の狭い画質の良いほうがリアルのライブで、下半分の横長で画質の悪いほうが映画のシーンです。

 まだほとんどの関係者が生きているということもあって、あまりエグい描き方ができなかったのかもしれませんので、そういった物足りなさを訴える評者もたくさんおられるようですが、ノンフィクション・エンターテインメントとしては十分に楽しめるものですから、Queenをリアルに知っている人も、フレディー・マーキュリーが亡くなった後でQueenを知った人も見て損はない映画だと思います。










by STOCHINAI | 2018-11-12 22:37 | 趣味 | Comments(0)

11月11日のtwitter

暖かいとはいえ着実に気温低下中 を投稿しました。 #エキサイトブログ shinka3.exblog.jp/29844182/ pic.twitter.com/SlSlRDwieY

c0025115_23263862.jpg
ヤマボウシの紅葉

posted at 22:31:14

【クラーク会館(北8条)から北18条門(教養棟付近)まで(1km強)はママチャリで3分を切れる】北大メインストリートは最速で何分?(自転車編)【編集部ブログ】 | THE MAINSTREET www.hokudaishinbun.com/2018/11/11/pos… 北大の全学部の授業は時間が揃っており、休み時間は15分あることを考えると余裕で移動可能

posted at 21:11:49

【萬平が台湾人であると知るとあの憲兵による拷問も理解しやすいが】なぜNHK「まんぷく」は、安藤百福の“台湾ルーツ”を隠したのか(野嶋 剛)現代ビジネス gendai.ismedia.jp/articles/-/58365 「安藤が台湾出身者であるという事実については、今後も日本社会で広く知られていくべきである」

posted at 21:05:10

【教育現場もただの「企業」にすぎないことが明らかになっただけ?】河合塾、講師を一斉雇い止め…労働局が指導「社会通念上、疑問」、無期雇用転換を阻止か|ビジネスジャーナル biz-journal.jp/2018/11/post_2… 「無期雇用への転換を嫌がった雇用者側・無期雇用への転換の直前・別の理由をつけて雇い止め」

posted at 20:57:50

【設備の老朽化と人手不足で「衰える工場」という現実】衰えるニッポンの工場 品質不正を招く:日本経済新聞 www.nikkei.com/article/DGXMZO… 「国内工場は改修に改修・国内技術員が人手不足・コストや納期を守るために、現場の判断で不正に手を染め・現場の感覚や頑張りだけに頼ったものづくり」の終わり

posted at 20:51:44

【「金を稼ぐためにはまず金を払う必要がある」という話に乗る人がいることが信じられない】「1分で1万円らくらくGET」 虚偽のアンケート、消費者庁が注意喚起-ITmedia NEWS www.itmedia.co.jp/news/articles/… 「消費者が支払った入会金は、多くの場合24万9800円だった」っておかしいぞ!

posted at 20:46:22

【5段階のゆるい評価では入試の合否判定には使いにくい】大学入試:新テスト 国語の記述式問題は5段階評価に-毎日新聞 mainichi.jp/articles/20181… 試験を変えるということだけが目的化されて、どういう試験によれば受験生を判別できるのかという視点が弱いのが気になる。

posted at 20:41:25

【やってみればわかるでしょうが、多くの内定者は逃げると思います】大学1年生に内定を出したらどうなるのか~変わる就活ルール|LIMO limo.media/articles/-/8267 「在学生に対する採用活動はせず、卒業生に対する採用活動をする」方式が日本では難しいというのは「逃げ」の論理

posted at 20:35:57

【このまま実行すると「見切り発車」となるだろう】大学入試:新テスト センター試験から大きく様変わり-毎日新聞 mainichi.jp/articles/20181… 「成績上位層の実力差は測りやすいが、下位は得点差が表れない可能性もある・まだ採点基準の設定が甘く・自己採点がしづらく」

posted at 20:30:45

【大学の意向に沿ったものの給与を上げ、そうでないものは下げると読める】国立大学協会 国立大学教員のための"人事給与マネジメント改革"の考え方を公表|大学ジャーナルオンライン univ-journal.jp/23476/ 「給与システム・勤続年数ではなく業績評価によって決定・基本給、業績給、諸手当で構成」

posted at 20:27:02

11月10日のtwitter を投稿しました。 #エキサイトブログ shinka3.exblog.jp/29842925/ pic.twitter.com/XBiVaqMgYS

posted at 08:33:56


by STOCHINAI | 2018-11-12 07:20 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai