5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 01月 03日 ( 2 )

 本日も真冬日、日照時間の合計は一日で24分と暗くて寒い一日となりました。子供の頃からお正月は寒くて雪が積もっていても晴れているものという記憶が強く、今日のような天候だとまったく正月気分になりません。

  こんな日は、昔ダウンロードしたアプリでアーティストの絵画作品が表示されるだけのアプリを眺めていると気が晴れます。不思議なことにこのロートレックのアプリは昔iPad2にダウンロードしてあったものですが、今はどこを探しても見つけることができません。iPadのアプリは一度購入するとアプリストアにあれば別のiPadに無料で何回でもダウンロードすることができますが、あるiPadから別のiPadにコピーしたり移動したりすることはできません。つまりこのロートレックのアプリは(もともと無料だったものなので文句も言えませんが)このiPad2にあるものでしか見ることのできないという貴重なアプリになりました。「電子書籍」の最大の弱点のひとつがこうしたアプリ(書籍)の消滅なのです。

 それはさておき、このロートレックのアプリを眺めていると、ムーラン・ルージュのポスターで有名になった彼が、ポスターの絵とは全く異なる極めて正統的な油彩も残していることがわかります。例えばこの「白い馬ガゼル」などは彼のポスター画からは想像もできない画風だと思いました。

c0025115_21380960.jpg

 同じアプリの中で目に止まったのがこちらです。

c0025115_21383655.jpg

 現代の女性の絵だといっても何の違和感もないものですが、シンプルな白と黒のコーディネートと今でも完全に通用する髪型の女性を描いたこの絵のタイトルが「洗濯女」だと聞いてもにわかには信じられないほど高貴な作品だと思います。

 この人がこんな絵を描いていたという意味で印象に残ったのがゴッホの作品を集めたアプリの中にあった漁船の絵です。

 まずモノクロのコンテが目に止まりました。

c0025115_21421945.jpg

 他の絵も見ているとこれとそっくりな構図の彩色された作品がありました。

c0025115_21422350.jpg

 こちらはゴッホだと言われればそうかなと思われる作品ですが、海の上に浮かぶ帆を張った船を除くと陸に上がった船の構図はほぼまったく同じで、上の絵をもとに色をつけたものではないかと思われます。

 とまあ、一人の画家の作品を一気に流し見ることができると素人は素人なりにいろいろと感じることができて楽しめます。

 こういう画集が無料だったり、きわめて安価に提供されることができるのも著作権が著作者本人が亡くなってしばらくすると消滅すると決められてきたからで、人類の一員が作った著作物は本人に十分利益が還元された後は人類全体の共同財産としてこのように誰でも自由にアクセスできるようにすることになんの不都合もないばかりか無限の利益があるということを日々実感させてもらっているところです。

 TPPの発効のおかげで、著作者の死後50年だった著作権が70年になるなどというバカな本人以外のハイエナばかりを利する営利主義がまかり通るような状況ですが、なんとかもとの精神が生かされるように戻ってくれることを祈るばかりです。










by STOCHINAI | 2019-01-03 21:56 | 季節 | Comments(0)

1月2日分のtwitter

2019 Day 2 を投稿しました。 #エキサイトブログ shinka3.exblog.jp/29930336/ pic.twitter.com/mtDdGu5ca6

c0025115_00480011.jpg
ミロ「The singer」

posted at 00:52:20

先回りの服従【読書感想】忖度バカ ☆☆☆-琥珀色の戯言 アマゾン amzn.to/2BXu5Jo 「人間というのは、みんなに公平、公正であるよりも、「自分のために何かをしてくれる人」についてくる」

posted at 00:20:03

【日本の採用システムが天然の天才型をうまく拾えていない】プログラミングばかりしている学生を外資系企業が採用していく話|100% Pure NEET www.onaneet.org/blog/archives/… 「プログラミングの能力が高(い)・学生はある種の社会常識に疎い結果・常識の外にある会社に職を求める」

posted at 00:07:15


by STOCHINAI | 2019-01-03 08:42 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai