5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 09月 19日 ( 2 )

 数日前に配信されてきたNational Geographic 10月号の表紙です。

c0025115_21475090.jpg

 昨年の春に死亡した地球最後のキタシロサイのオスであるスーダンの最期の姿です。あと世界に残っているキタシロサイはスーダンの娘と孫娘の2個体のメスだけとなりました。スーダンは死んだ時に精子を取り出されて保存されていますが、残ったメスは既に老齢でありこれらの個体が子どもを生むことは考えられないため、これらの個体から卵細胞を取り出しスーダンの精子と人工授精して近縁種のミナミシロサイを代理母として子どもを生ませることが計画されていますがうまくいくかどうかはわかりません。

 いずれにしても我々はキタシロサイの絶滅の瞬間に立ち会っています。

 このように我々の時代になって大型の動物が地球から次々に姿を消しています。その原因の多くはヒトが作っていることもわかっています。キタシロサイに続いてヒトが絶滅させようとしている動物の写真集も載っていました。

c0025115_21540800.jpg

 動物園や水族館でおなじみの動物もいますが、彼らは確実に絶滅の道を行進中なのです。

 さて最後のキタシロサイはチェコの動物園で繁殖されていたのですが経済的な理由で繁殖計画は中断され、お爺さんであるスーダンと娘と孫娘の3頭はケニアのオルペジェタ自然保護区に移動されて武装したレンジャーに24時間警護されていましたが、スーダンが老齢のため昨年亡くなったというわけです。

 これは保護区で撮られたスーダン(左)と孫娘(右)の記念写真です。

c0025115_22034950.jpg

 2頭とも密猟を恐れて角が切除されていますが、サイの絶滅は主にこの密猟によるものだということですからヒトとは本当に罪深い存在です。さて、このサイを我々人間が知ることになったのはほんの250年くらい前だということを示しているのがこちらの絵です。

c0025115_22055077.jpg

 日本ではビュフォンの「博物誌」として知られる図鑑に描かれたサイです。上の写真と比べると似てはいますが、皮膚が鎧のようになっていることなどから実際に見た人が描いたものではないのかもしれません。こちらはストラスブール大学の図書館のデジタル遺産コレクションとしてパブリックドメインとして公開されているものです。最近パブリックドメイン・レビューで紹介されていました。


 もうひとつ「博物誌」からキリンの絵を借りてきました。

c0025115_22113760.jpg

 こちらもナショジオからキリンの写真を引用してみます。

c0025115_22114260.jpg

 どうでしょうか?やはりいろいろと違うところがありますね(笑)。

 わずか四半世紀くらい前にようやく知ることになったこれらの動物が今や絶滅の危機にあるというのですから、人間の活動の激しさとその気の短さで地球全体がガタガタになってきていることも不思議ではないような気がします。

 これらの動物を絶滅させないようにすることは単なるセンチメンタリズムではなく、我々人間というものの生き方を考え直すきっかけになるはずだということが絵や写真を通じて訴えかけてくるように思われる時代を超えた2つの雑誌の出会いのような気がします。

 もちろん人間がいなくても生物は絶滅を繰り返してきてはいるのですが、産業革命以降の人間のやっていることは次元の違う「皆殺し」だということがしみじみと感じられてなりません。

 どうしたものでしょうね?





【追記】
 忘れていましたが、今朝もツユクサは咲きました。2日前に初めて咲いた枝の先でした。このくらい寒くなってくると1日おきという周期は無理になってきているような気もします。





by STOCHINAI | 2019-09-19 22:21 | 生物学 | Comments(0)

9月18日のtwitter

RT @na03o: 私が住む山武市の一部が、まだまだ停電と断水で苦しい思いをしている住人の方々が沢山います。支援物資もそうですが、何より倒木や電柱の撤去が急務です。 どうか、拡散お願いします。 pic.twitter.com/xEtIIEnvnB

posted at 22:35:29

【当然こうなります】2021年卒学生の81.9%が就活始動「合わなければ転職」半数超える|大学ジャーナルオンライン univ-journal.jp/27877/ 「3年生の6月より前に、インターンシップや自己分析など準備を始める学生が増えている・在学中いつでも選考が受けられることを支持したのは19.3%」

posted at 20:35:09

【どこかの会場地域が直撃されたらダメ】東京五輪は大丈夫か。千葉大停電で被災者たちが率直に感じた不安-まぐまぐニュース! www.mag2.com/p/news/415640 「「想定外」は・死語・この対応の遅さは、台風と闘ってきた国にあるまじき・携帯と無線・基地局の非常用バッテリーが24時間・誰も助けには来ない」

posted at 16:48:32

すぐにいらなくなるものだから、これはサブスクリプションでいいと思う【大学受験】電子参考書が読み放題「ポルト」月額980円 リセマム resemom.jp/article/2019/0… 「主要科目である5教科・17科目の参考書・約30冊・今後は、2020年夏までに、現在の約3倍となる累計100冊の参考書を提供予定」

posted at 16:30:19

【強い寒気接近中! 日本海側は雷雨や突風に注意:明日は初雪も!】北海道ニュース UHB uhb.jp/news/ 「強い寒気・中心は11月中旬並み・あす・利尻山や旭岳など、高い山では雪が降る・利尻や礼文では雪が降る・前線・4時ごろには降り始め・留萌や札幌では夜8時ごろ・強く降り」

posted at 15:54:43

【政府の狙いはキャッシュレス化で税収確保の徹底】なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは stage.st/articles/2nLPU 「金融と非金融の境界が薄れ・2025年までに銀行収益の10~40%が喪失・代わりに非金融事業からベンチャー企業がFin Tech市場に参入・あらたな技術革新につながる」かな?

posted at 15:47:56

【野外実験失敗:個体数は一過性の減少の後もとに戻り、殺虫剤耐性まで獲得という最悪の結果】遺伝子操作による蚊の減少実験が失敗、さらに「不死身の蚊」が誕生?ナゾロジー nazology.net/archives/45233 野外に放たれた組み換え遺伝子は増え続け、結果は予測不能。

posted at 15:41:15

【国や地方自治体にクライシスマネジメントが欠如】千葉の停電は「的外れな議論」が多すぎる|東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/303… 千葉県の災害対策本部設置・停電発生から丸1日以上・9月10日「政府・災害対策本部・設置されていない・必要な・リスクマネジメントの議論と合意形成手法の確立」

posted at 15:28:34

【書評 小熊英二『日本社会のしくみ』アマゾン amzn.to/2V0hApT 】日本の大学生の「低学歴化」が進んでいる J-CAST BOOKウォッチ www.j-cast.com/bookwatch/2019… 「日本・相対的に高学歴な国だった・現在では相対的に低学歴の国になりつつある・出身大学を重視・大学名の競争」有用な関連図書紹介。

posted at 15:20:46

【マイナンバーが流出したようなもの:これからは情報流出することを前提にシステムを作りたい】全国民以上の個人情報流出 エクアドルで2000万人分 news.tv-asahi.co.jp/news_internati… 「生年月日や住所、銀行口座の情報など、2000万人分以上の個人情報がインターネット上に流出・人口は約1700万人」

posted at 15:10:50


by STOCHINAI | 2019-09-19 08:10 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai