5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 12月 04日 ( 2 )

 今朝は札幌全市で10センチほど新雪が積もったようです。天気予報では暴風雪に大雪で数十センチは積もるかもしれないとさんざん脅かされていたので10センチくらい、しかもマイナス6℃くらいでの積雪は軽くてササーッと除雪を済ませることができました。

 今朝は、今季最後の「枝・葉・草」の回収日ということで、1ヶ月間ためていた10袋近い「枝・葉・草」を出してスッキリできました。

 積雪は大したことがなかったものの、気温はこの時期としては寒すぎで、最高気温がマイナス3℃までしか上がりませんでした。ということでもちろんキンキンの真冬日となりましたので、除雪と買い物以外は外に出る気にもなりませんでしたのでもっぱら電子メディアをザッピングしておりました。

 今月はちょっと遅かったような気もするのですが今日見てみると National Geographic 誌の12月号が配信されていました。この雑誌は12月になるとエルサレムの特集が多くなる傾向があるのですが、今回も先史時代から現代までこの狭いエルサレム旧市街の地下から地上までを数千年かけて様々な勢力によって次々と利用されてきた歴史が今も発掘されては新しい発見があるというような記事になっていました(というか、このあたりの歴史に詳しくないとなにがなにやらわからない複雑さです)。

 こちらが12月号の表紙です。

今季最後の「枝・葉・草」の回収日は新雪に埋もれて_c0025115_21045109.jpg

 昔の建造物は地下に埋まっているものも多く、今でも掘れば新しい発見もあるようなのですが、狭いところなのでかなり彫り尽くされて過去の歴史もパノラマのような絵地図として描かれています。

今季最後の「枝・葉・草」の回収日は新雪に埋もれて_c0025115_21050212.jpg

 ここに今の世界を支配しているキリスト教とムスリムの他にユダヤ教やアルメニア人(キリスト教)を熱心に信仰する人々が入り混じって暮らしているという不思議な都市です。

 日本語で読んでもよく理解できない複雑な歴史を背負った街ですが、その分得も知れぬ不思議さも感じられる魅力的なところには違いないと思われます。

 今月号は内容がてんこ盛りで、他に氾濫を繰り返し何度も流路を変えたミシシッピ川の地図が2種類あって、ひとつは半世紀以上前に航空写真をもとに描かれたもので、もう一つは最新科学の光計測によるものを比較したものが興味深く並べられていました。

今季最後の「枝・葉・草」の回収日は新雪に埋もれて_c0025115_21275875.jpg

 左が手描きの地図で右が光計測で作られた地図です。同じ場所を示しているので比較対照しやすいと思います。

 そして2億7千5百万年前の電動丸ノコのような歯をもったサメの再現図は圧巻です。というか、これはナショ・ジオというよりは Scientific American のテイストを感じました。

今季最後の「枝・葉・草」の回収日は新雪に埋もれて_c0025115_21332016.jpg

 となかなか興味深いグラフィック満載で楽しめるのですが、いかにもナショ・ジオらしい特集がこちらでした。

今季最後の「枝・葉・草」の回収日は新雪に埋もれて_c0025115_21340352.jpg

 かわいいトラの子達ですが、今や米国内で飼育されているトラの頭数は野生のものより多くなっているということで、その多くはペットや見世物として飼われているもので、この状況が良いのか悪いのか疑問を投げかけています。

今季最後の「枝・葉・草」の回収日は新雪に埋もれて_c0025115_21341459.jpg

 もちろんいいわけはないのですが、現実は厳として眼前にあるわけで彼らを自然に戻すといってもそうそう簡単ではなさそうです。

 と National Geographic 誌の宣伝になってしまいましたが、National Geographic は有料なのでどなたもすぐにご覧になれるわけではありませんんで、無料で誰でも見られる Google Arts and Culture から Natural History のコーナーで非常に興味深い3つの特集がありますのでご紹介しておきます。

今季最後の「枝・葉・草」の回収日は新雪に埋もれて_c0025115_21441514.jpg

 上の写真では3つが並んでいて、最初は「カエルの変態」のお話、次が「透明骨格標本」図鑑、そしてあまり普通の人は普段は立ち入ることのできない大学や博物館の「液浸標本室」探検です。

 いずれも National Geographic や Scientific American に負けず劣らずの素晴らしい特集になっています。右端にある→をクリックするとまだまだあるようです。

 動画も使えるのでこの手の記事は雑誌を越えてきていることは間違いないところですね。











by STOCHINAI | 2019-12-04 21:58 | 札幌・北海道 | Comments(0)

12月3日のtwitter

積雪をリセットして新たな降雪 を投稿しました。 #エキサイトブログ shinka3.exblog.jp/30615933/ pic.twitter.com/5mbm2PIfWY

12月3日のtwitter_c0025115_21410127.jpg

posted at 21:43:59

【研究費が与えられるのはありがたいが彼らの給与は誰が出すの?】若手研究者に年700万円支援 政府、最長10年継続:日本経済新聞 www.nikkei.com/article/DGXMZO… 「研究開発費や海外渡航費など・平均で年700万円を支援・原則7年間で、最長で10年間」ポスドクには定職が欲しいのだが

posted at 20:54:00

【一流じゃないのに無頓着だとバカにされるだけ】一流経営者が「服と食事」にこうも無頓着な理由|東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/amp/3… 「はいている下着が高級ブランドでもユニクロでも、ランチがホテルのレストランでも駅前の牛丼店でも、ほとんど自分自身は何も変わっていないことに気づく」

posted at 20:45:21

【脳科学部門特任准教授として採用:マーモセット研究をメインでやっていただくポスドク研究者を1名募集します】pooneilの脳科学論文コメント: 北海道大学 人間知・脳・AI研究教育センター(CHAIN)に異動します/ポスドク研究者募集します pooneil.sakura.ne.jp/archives/perma…

posted at 20:36:19

【収入が税金同様保証されている企業としてはNHKの給与はどのように決まるべきか考えさせられる】NHK、大卒全員が年功序列で最低1500万まで出世のお手盛り待遇「平均的な出世でも年収1700万円までは到達します」――受信料が給与に化け、拡がる官民格差:MyNewsJapan www.mynewsjapan.com/reports/2502

posted at 20:32:14

【このネット社会になぜ「タレコミサイト」でどんどん公開されないのか不思議だ】“就活セクハラ横行” 学生らが緊急声明|NNNニュース www.news24.jp/nnn/news162144… 就活学生側にもそれを隠して共犯となるものがいるということなのか?

posted at 20:08:33

【日本人に彼より強い力士がいないから】白鵬、禁断のカチ上げ連発に協会が大甘対応なのはなぜか|NEWSポストセブン www.news-postseven.com/archives/20191… 私もあの下品な「ひじ打ち」が見たくないので横綱の取り組みは見ずにチャンネルを変えるようになった。

posted at 20:03:05

【なぜ名簿を提出する勇気ある官僚が一人も出てこないのか、ということこそが日本という国全体の腐敗として深刻】政権は自信「逃げ切った」名簿流出なお警戒 桜を見る会【西日本新聞ニュース】 www.nishinippon.co.jp/item/n/564717/ たったひとつ出てくればそれで政権は崩壊という状況なのに

posted at 20:01:33

【必要ありません。以上!】池上さん、大学入学共通テストに記述式の問題は必要ですか? | 文春オンライン bunshun.jp/articles/-/16534

posted at 19:57:56

【与えられている「民間試験の活用自体が不適切」というメッセージは正しい】文科相が懸念「間違ったメッセージ与える」国立大の大半、民間試験活用見送りに-産経ニュース www.sankei.com/life/news/1912… 自分が発しているメッセージを各大学のせいにしないで欲しい。

posted at 19:57:07

【全額補償が当然だと思う】飲食店「無断キャンセル」最新防衛策がすごいことになっていた|ダイヤモンド・オンライン diamond.jp/articles/-/222… 「ホテル予約などでは・無断キャンセルのみならず、当日キャンセルでも予約金額の100%の支払いを請求されることが当たり前」

posted at 19:54:31


by STOCHINAI | 2019-12-04 08:00 | コンピューター・ネット | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai