5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:医療・健康( 103 )

抗生物質を食べる細菌

 抗生物質に耐性のある細菌がいることは、すでによく知られた事実です。細菌の抗生物質耐性は、細菌が抗生物質を排出したり、抗生物質が攻撃する細菌の持つ分子の遺伝子を変化させることで効かなくしたり、抗生物質を分解したりすることによって獲得されると考えられています。

 今日、発行されたScienceには、抗生物質を分解するだけに留まらず、それを栄養にしてしまうという、まさに「抗生物質を食べる」細菌がいるという報告が載っています。

 Bacteria Subsisting on Antibiotics
Science 4 April 2008:
Vol. 320. no. 5872, pp. 100 - 103
DOI: 10.1126/science.1155157
 抗生物質を分解して無効にしてしまうことがあるならば、分解したものを捨てるのではなく、それを栄養源にしてしまう細菌がいるはずだという、ちょっとしたアイディアがこの論文のもとになっています。

 やったことは難しいことではなく、あちこちの土のなかから多くの種類の細菌を取ってきて、1匹から増やした1種類ごとのクローン集団を、1種類の抗生物質しかはいっていない「培地」に入れて、殖えるかどうかをチェックしました。

 そうすると驚くほどたくさんの細菌が、文字通り抗生物質を「食べて」(栄養にして)殖えることがわかりました。私は細菌の分類にはまったく無知なのですが、この図の中に小さな□で示されているように、抗生物質を食べる細菌は系統樹のどこの枝にも同じように分布していることがわかります。
c0025115_19453057.jpg
 食べられる抗生物質は、カビなどによって作られる生物由来のものばかりではなく、化学合成されたものもあり、細菌の能力のすごさを改めて感じさせられます。

 今回の研究で発見された細菌は、そのままヒトに対して病原性を持ったものはないようなのですが、それらの近縁種には病原性細菌もいるらしく、こうした抗生物質を食べるという遺伝的性質が病原性細菌に導入される恐れはあるようです。

 自然界では、細菌が食べるものが抗生物質しかなくなるという状況はほとんど考えられませんので、このような性質を持った細菌がどんど増えて、ヒトの脅威になるということは想定されにくいのですが、抗生物質に耐性になる手段として「食べる」という方法があるということは、ある細菌を殺そうとして与えた抗生物質が餌になって、減るのではなく増えるという、笑えない結果を引き起こすことになります。

 自然には、まだまだ我々の知らないことがたくさんありますね。
by stochinai | 2008-04-04 20:01 | 医療・健康 | Comments(0)
 もう3日くらい前のニュースになるのですが、どうして他社が追ってこないのか、むしろそちらの方が気になり始めています。

 ナノチューブ:投与マウスにがん…厚労省が予防策
 電気製品などへの応用が期待される筒状の炭素ナノ材料「カーボンナノチューブ」を投与したマウスに中皮腫ができたことを、国立医薬品食品衛生研究所などが確認した。
 カーボンナノチューブは化学的毒性は想定できないと思われるのですが、同じ性質を持ちながらも中皮腫というきわめて悪性のがんの原物質とされるアスベスト(石綿)と形状が似ているので、以前から危ないかもしれないと指摘されていたのですが、ついに実験的にその危険性を指摘する結果が出たということだと思います。

 ただ、マウスで実験をやるにあたって、たとえアスベストを使っても、吸入によってマウスに中皮腫を起こしにくいということがあることから、腹腔内注射という普通では考えにくいルートからの導入による実験であることは注意しておいたほうが良いかもしれません。それにしても、結果はアスベストと同等の「極めて強い」中皮腫誘導能が「証明」されたと言えそうです。
 発がん性をより早く調べるため、がん抑制遺伝子「p53」を欠失させたマウス(生後9~11週)を4群に分け、粒径が平均約100ナノメートル(ナノは10億分の1)で長さの異なるカーボンナノチューブ、アスベスト(青石綿)、炭素ナノ材料で球形の「フラーレン」、何も含まない溶液を注射。カーボンナノチューブについては、長さが5マイクロメートル以上のものの影響を観察した。

 カーボンナノチューブ群では、84日目に初めて腹腔内に中皮腫が見つかり、その後の180日間で16匹中14匹にできた。青石綿でも18匹中14匹で見つかったが、フラーレンと溶液の群では腫瘍(しゅよう)は見られなかった。
 p53というがん抑制遺伝子が働かない条件にしたマウスではありますが、この発症率は異常に高いと思います。

 アスベストによる中皮腫の場合は、呼吸によって肺に吸い込まれることが原因となっていますので、今回のように液体に懸濁して腹腔に注射された実験の結果をそのまま空気中に浮遊するカーボンナノチューブが呼吸経由で取り込まれても同じように中皮腫を誘導するかどうかについても、実験的に(マウスではダメだというのならば、動物を変えるなどして)検討する必要がありそうです。

 アスベストも登場した時には、ハイテクで魔法の材料と言われていたと思います。今、カーボンナノチューブは同じように言われています。

 我々は、アスベストの教訓を生かして先取りしたリスク回避策を取るべきでしょう。
by stochinai | 2008-03-10 22:42 | 医療・健康 | Comments(1)
 「薬のことなら薬事日報ウェブサイト」さんのサイトからのニュース転載です。

 今年のインフルエンザのピークも過ぎたという報道や、タミフルに耐性のインフルエンザが出たとかいうニュースも小さな扱いで通り過ぎていく今日この頃ですが、タミフルの「重大な副作用」に劇症肝炎が追記されたそうです。29日のヘッドラインニュースです。
 タミフルは以前から、肝機能障害の副作用があることが知られていた。同局安全対策課によると、2001年の発売以来、6例の劇症肝炎が報告され、50~70代の4例が死亡、うち2例は専門家による精査の結果、タミフルとの因果関係が否定できないと判断された。

 厚生労働省医薬食品局の27日付け、「医薬品・医療機器等安全性情報」第244号に載っているとのことでしたが、それを見つけるのにちょっと手間取りました。なかなか見つけにくいところにありますが、発見しました(^^;)。ここです。
7 〈抗ウイルス剤〉 リン酸オセルタミビル
[販売名] タミフルカプセル75,同ドライシロップ3%(中外製薬)
[副作用(重大な副作用)] 劇症肝炎,肝機能障害,黄疸:劇症肝炎等の重篤な肝炎,AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTP,Al-Pの著しい上昇等を伴う肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には,投与を中止し,適切な処置を行うこと。

by stochinai | 2008-03-01 14:29 | 医療・健康 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai