5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:コミュニケーション( 53 )

東京日帰り出張

 1月に日帰り出張をした時と同じ、自宅近くの停留所から朝6時3分のバスに乗って千歳に向かいました。1月の時には夜明け前の暗闇の中でしたが、今の時期の6時は十二分に明るくなっています。
東京日帰り出張_c0025115_19192454.jpg
 向かった先は、東京です。赤坂にあるイマジカのビデオセンターで、今週土曜日に放映の迫った「世界一受けたい授業」のビデオ編集を行っているのですが、その中で不足していた私のしゃべりをいくつか追加してきました。

 番組のほうは、もうあちこちで番組紹介が出ているようですが、Yahoo!テレビに出ている出演者をご紹介しておきます。
出演
【校長先生】堺正章 
【教頭先生】上田晋也(くりぃむしちゅー) 
【学級委員長】有田哲平(くりぃむしちゅー) 
ほか生徒役ゲスト 麻木久仁子、関根勤、次長課長、石塚英彦、南明奈、misono、鎌苅健太、デンジャラス、細山貴嶺
 私は、当日生徒さんのすべてを認識することはできなかったのですが、「デンジャラス」さんは出ていなかったような気がします。どこかに、いたのかな?

 内容紹介はnikkansports.comから引用しておきます。
病の原因は進化にあるサルは腰痛知らず!?▽損をしない医療知識▽夢を叶える最先端科学
◇世界一受けたい授業!!◇科学技術ジャーナリストの赤池学氏は、特別な眼鏡を掛けなくても立体的に浮かび上がって見える映像など、世界の最新科学技術を教える。多摩大教授の真野俊樹氏は、病気になっても損をしない医療の情報を伝える。北大大学院准教授の栃内新氏は、腰痛や風邪など人間の病気の起源を紹介。人間が病気に苦しむようになった原因の多くは、サルからヒトへと進化した過程にあるという。
 編集スタッフの方々と私しかいない中で、私一人がスタジオに入って画面に合わせて音声を入れていくのですが、これが秒単位での時間とのたたかいで、なかなか難しいものでした。最初は画面の上に秒単位で出てくる数字と画面の両方を見てタイミングを合わせるということがなかなかできず、良くテレビや映画で出てくるNGシーンのようなことを何度もやってしまいました。

 「・・・・・・・・・(無言)。すみません。出るタイミングをつかめませんでした。もう一度、お願いします。」

 「・・・・・なんですね。、、、、あああ~ごめんなさい。言い間違いました。もう一度、お願いします。」

 こんなのの連発でしたが、最新のマルチトラック音声編集装置と、技師さんが繰り出す数分の1秒単位での音声の切り貼りの技で、なんとか「まあ、これでいけるんじゃないですか~」というOKが出ました。当日は、(内容にあまり自信がないので)どこが生音で、どこがアテレコかを聞き分けるというあたりをお楽しみいただけると良いかと思われます。

 時間とのたたかいで、言葉をぎりぎりまで削っていく作業の結果、必ずしも科学的には「正確」ではなくなってしまった部分もあるかとも思いますが、私の出演パートに関しては私が責任を持ちますので、何かご意見がありましたら、こちらにお寄せいただけると幸いです。

 というわけで、スタジオを後にして羽田空港からトンボ返りをしてきました。

 行きの飛行機の中ではずっと眠っていて、飲み物サービスもいただかなかったのですが、帰りは飲み物サービスのところで目を覚ましました。ふと地上を見ると、とても美しい山が見えます。
東京日帰り出張_c0025115_19535040.jpg
 あとで調べてみると、どうやら岩手山のようです。

 東北地方は比較的良く晴れていて、いろいろな景色が楽しめました。こちらは青森の三沢空港のようです。
東京日帰り出張_c0025115_19561926.jpg
 下北半島の東端には、たくさんの風力発電機が並んでいるのが見えましたが、まるで西洋のお化けが行列しているような感じでした。
東京日帰り出張_c0025115_201452.jpg
 東京もそれほどの暑さではなかったのですが、北海道に帰ってきてみると10℃くらいとのこと。ものすごく、寒く感じます。

 さて、今日は早寝したいですね。
by stochinai | 2009-05-13 20:07 | コミュニケーション | Comments(5)

予告編

 昨日の番組の最後にあった予告編に出ていたので、突発事故でもない限り、来週は放映されることになると思います。
予告編_c0025115_21111963.jpg
 逆立ちするニホンザルのりく君、共演はゆりあさん、そして背景に私。

 内容は下にある私のからインスパイアされていることになっておりますが、あくまでも制作側が作った番組に私が協力するという形式です。どんなものになるのかは、私も番組を見るまでわからないのでドキドキです。思い返せば、NHKの時もそうでした。

進化から見た病気 (ブルーバックス)
予告編_c0025115_21133723.jpg
 授業を受ける人は、予習しておいてください(笑)。
by stochinai | 2009-05-10 21:36 | コミュニケーション | Comments(2)

マスコミの力

 一昨日の朝日新聞朝刊の科学欄に、ダーウィン特集第4弾として「ダーウィン医学」が取り上げられており、その中で私への取材をもとに書かれた部分もありました。
マスコミの力_c0025115_1972165.jpg
 朝日新聞読者のコミュニティサイトであるアスパラクラブにログインできれば全文が読めますが、読者の方ならばすでに紙面で読まれているかもしれません。

#話は横にそれますが、こういう記事は新聞を購読していない人にこそ貴重なので、たとえば1ヶ月たったら会員でない人も自由に購読できるようにするなどのサービスを考えるべきではないかと思います。

 私は、学生時代から30年以上も朝日新聞の購読者なのですでに現物を持っておりましたが、今日掲載誌が送られてきました。
マスコミの力_c0025115_19205891.jpg
 新聞社とか警察とかから郵便物が届くとドキッとするのは、心にやましいところがあるからでしょうか(笑)。差し出し元を見て、一瞬あせりましたが、差出人の名前で封を切る前に中身が想像できました。掲載紙でした。

 この記事のなかで、ブルーバックスの「進化から見た病気」について言及されているのですが、間違いなくその影響で、一時数千位から1万位のあたりまで後退していたアマゾンのランキング(早い話が、売れ行きが落ちていたもの)が、一昨日から急激な上昇に転じたのにはびっくりしました。これは、昨日のある時点におけるランキングです。
マスコミの力_c0025115_19433942.jpg
 今日になって落ち着きを取り戻しつつありますが、波及効果なのか3年前に出したブルーバックス「新しい高校生物の教科書」が、本 > 新書・文庫 > 科学・テクノロジー > 生物で1位になるなどの影響も出ているようで、改めてマスコミの力の大きさを再認識させられております。

 これで、テレビに出ると、また売れ行きがあがったりするのでしょうかね(半分、期待していたりして^^;)。

 マスコミの力が落ちているなどと言われることが多い昨今ですが、まだまだ大きな力を持っているのだとすれば、その力の残っているうちに反攻に出るべきだと感じられるエピソードでした。
by stochinai | 2009-04-30 19:43 | コミュニケーション | Comments(4)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai