5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:季節( 132 )

台風接近でてんやわんや

 今朝10時のひまわりの画像です。

c0025115_22031382.jpg

 台風19号の雲が日本を覆いつくそうとしているように見えます。

 雲は必ずしも台風に直接関係したものばかりではないのではっきりしませんが、Windyというアプリで風を見ると台風の本体がはっきりと浮き出てきます。これは今朝の8時の風の状態だそうです。

c0025115_22044800.jpg

 西日本への接近をうかがっている様子がはっきりと見えてきます。

 進行速度がかなり遅いので、夜になってもなかなか本土への影響が目に見える形にはなってきませんが。明日にかけて日本の交通機関はほとんどが停止を予定されているようで、今日中に移動したいという方々が駅や飛行場に押しかけているようです。

 話はちょっと身近になりますが、あちこちで飛んでいるという情報がはいってきているユキムシがようやく我が家にもやってきました。

c0025115_22105435.jpg

 もう日の入りが5時位になってきているので、午後4時といえば夕方の時間帯ですが、我が家のセイヨウアサガオは昼頃に開いてこの時間でもまだ開いたままです。

c0025115_22145243.jpg

 夜になって午後9時の風の様子です。

c0025115_22150844.jpg

 午前中とあまり位置が変わっていませんね。

 雨雲も中心部はまだそれほど本土にはかかってきていないようです。

c0025115_22152983.jpg

 この様子だと台風の進路にお住まいの方は今夜は眠れなさそうですね。

 50年か100年に1回位の台風ということでしかたがないかもしれませんが、できるだけご安全なところに身をひそめて朝まで過ごされますようお気をつけていただければと思います。

 何ごともなく「台風一過」となりますことを祈っております。









by STOCHINAI | 2019-10-11 22:24 | 季節 | Comments(0)

菊の秋

 秋の花といえば圧倒的にキクということになると思います。

 我が家にも少なめですがキクはあります。数年前、切り花で購入したものが根を出したので地植えにしていたものが今年も咲きました。

c0025115_22441994.jpg

 キクもじっくり見るとなかなかきれいな花です。

c0025115_22455740.jpg

 もとから生えていた黄色のキクも満開です。

c0025115_22460380.jpg

 こちらは株を購入して育てている白いキクです。

c0025115_22460645.jpg

 ハチも一緒に写っています。

 ついでに撮った青いアサガオ。日に日に形の良い花が咲くようになってきました。

c0025115_22461840.jpg

 そして、こちらはそろそろ室内に移動を始めたムラサキツユクサ。地味ですが大きな袋の中からツユクサらしい3弁の白い花を咲かせます。今日は一輪だけですが、3輪ほどが一度に咲くとミニ花束のようでかわいらしいものです。

c0025115_22462533.jpg

 最後にもう一枚、紫のキクをどうぞ。

c0025115_22462950.jpg

 台風18号は北海道を嫌っているのか、東北地方で日本を去りそうな気配です。道民は歓迎ですが、直撃される地方の皆さまはどうぞお気をつけください。

c0025115_22463352.jpg

 今日も暖かい日でしたが、週末に台風が日本を離れる頃から北海道にも本格的な秋の寒さがやってくるらしいです。








by STOCHINAI | 2019-09-30 22:54 | 季節 | Comments(0)

9月の雨

 9月最後の日曜日でした。気温は高めに推移して午後3時ころには最高気温が24.5℃と夏日に迫る勢いでしたが、昼過ぎには弱いながらも雨が降っていました。

c0025115_22131603.jpg

 9月の雨、September Rain というとすぐに思い出されるのが太田裕美さんの「九月の雨」です。太田裕美さんといえば、先日乳がんで闘病中というニュースが出ていました。1955年生まれだそうですが、我々の記憶の中では永遠の美少女のイメージしかありません。

 とりあえず「9月の雨」を聞いてみてください。


 太田裕美さんといえば「木綿のハンカチーフ」なのでついでにそれも探して見ましょう。



 私が個人的に一番好きなのはこちら「太田裕美/さらばシベリア鉄道」です。



 「9月の雨」から「太田裕美特集」になってしまいましたが、一日も早く病気からの回復を願いつつ本日はこれまでということで失礼します。










by STOCHINAI | 2019-09-29 22:49 | 季節 | Comments(0)
 去年は9月の下旬だったのですが、今年は少し早く今日が十五夜でした。

c0025115_20552224.jpg

 少しモヤがかかっていましたが、雰囲気のある名月が見えました。

 今日はキリスト教的には良くない日と言われているらしい13日の金曜日ですし、月齢の満月は明日なのだそうですが、今日が十五夜と決まっているそうなので夜空を仰いでみたところ、幸運なことに美しい月が上っておりました。

 Googleのドゥードゥルも例年通り十五夜バージョンになっています。

c0025115_20591859.jpg

 今年の十五夜はちょっと早いので、我が家のススキはまだ穂が出ていませんし、お月見団子もありません。最近のカメラは優秀なのでちゃんと写すとウサギも見えませんが、月見とウサギと団子は日本人の心に染み付いた十五夜の習慣です。

 そして私の「夏休み自由研究」のツユクサの観察ですが、ここへきて4日連続で今日も咲きました(もちろん、それぞれの枝では1日おきに咲いています)。この感じが続くと明日も明後日も咲いてくれそうですが、気温が下がってきたのでどうなるかわかりません。

c0025115_21065077.jpg


 気温が下がってきて、今日は22℃くらいにしかならないと朝の天気予報がいうので今日は春から気になっていたウッドデッキのペンキ塗りをしました。

c0025115_21065441.jpg

 やり始めたからには完成させるまでやり続けましたが、22℃の予報というのにジリジリと照りつける太陽はかなりの暑さでした。それでも日陰にはいるとひんやりと涼しいので実は気温はそれほどでもなかったのかもしれません。汗をかきながら塗り終えたころの最高気温は22.7℃ということで、気温は予報通りそれほど高くはならなかったようです。それでもまだまだ日中の直射日光の威力は強く、日差しは夏のものでした。

 夜になるとさすがに涼しく(というか、外に出ると寒く)月の観察は早々に終えて屋内に逃げ帰ってきた時にはさすがにもう夏ではないことを思い知りました。

 家に入る前に撮った最後の写真は、札幌新道のところにたっている中古ショップビルの屋上のサインです。

c0025115_21065774.jpg

 これを見るとなんとなく秋を感じるのは不思議です。

 冬が来る前にまだまだ北海道の秋を味わいつくしたいと思います。









by STOCHINAI | 2019-09-13 21:14 | 季節 | Comments(0)

台風は東の海上へ

 残念なことに今朝はツユクサは咲きませんでした。もはやツユクサの開花の時期は終わったのか、それとも今までの開花の規則性は単なる「気まぐれ」だったのかはわかりませんが、彼らの生き方のルールが私ごときの数日の観察で明らかになると思うのが大きな思い上がりだったというべきでしょう。自然の前に敗北するのはちっともくやしいことはなく、また新たなチャレンジへの意欲がわいてくるというものです。

 ツユクサが咲くのを中断あるいは停止した理由はまったくわかりませんが(というか明日はまた咲きそうな気もしていますが)、少なくとも秋が来て涼しくなったからということが理由ではありません。

 というのは、今回の台風の影響もあるのか昨日今日と北海道(だけじゃなさそうですが)には真夏日が戻ってきているのでした。

 札幌だけをみても、昨日と今日は真夏日になり、夜も熱帯夜とまではいきませんが20℃を切らない寝苦しい夜が続いています。

c0025115_22244057.jpg

 かつての札幌は8月になると涼しくなってきて、海に行く気もしなくなると言われていたものですが、今年は9月になっての連続真夏日ですから寒さのせいでツユクサが咲くのを止めたということはありえません。

 今年だけ台風の影響でこんなに遅く酷暑がやってきたという可能性はあるのかもしれませんが、全地球的な気象変化の可能性もあります。いずれにせよ、あと何十年かたってみなければ結論は出ないことでしょう。

 今回、太平洋から関東を直撃した台風15号もようやく東の海上に去っていったようです。これは午後9時の風の流れです。

c0025115_22290404.jpg

 台風が東日本の東海上にあることがはっきりとわかります。

 今日の午後6時の天気図がこちらですが低気圧に挟まれている北海道がなぜか高温で明日も天気が良くなるとのことです。

c0025115_22320571.jpg

 こちらが明日の東区の天気予報です。

c0025115_22445214.jpg

 明日も最高気温が28℃とこの時期としては高いですが、それを過ぎるとだんだんと普通に戻っていくのではないかと思われます。

 という異常気象のせいなのか、はたまた人間が獲りすぎたのがたたっているのか、ここ数年は秋の味覚のサンマの漁獲量が少ないだけでなく、とれた魚も小さくて油が乗っておらず超高価であるにもかかわらず美味しくありません(下の図は「くらしのこよみ」で配信されてきた旬のさかなです)。

c0025115_22445445.jpg

 サンマは庶民の味と言われるように秋になると大型で油の乗った個体が大量にとれて安く売られるはずのものだったのですが、ウナギと同じようにだんだんと「伝説の幻の魚」になりつつあるのかもしれません。

 同じように伝説のサカナとなったニシンは最近、少しずつ北海道に戻ってきていますが50年・100年たつと旬のサカナなどもどんどん入れ替わってしまうのかもしれませんね。

 諸行無常








by STOCHINAI | 2019-09-09 22:56 | 季節 | Comments(0)

夏も秋も感じる一日

 午前中は曇りがちで涼しく、午後は強烈な太陽も照って暑く、一日で秋も夏も感じられる日となりました。

 私としてはそろそろ冬越しの心配をする毎日ですが、今日は何年間もほったらかしにしてあったサボテンと多肉の鉢の土を入れ替えました。

c0025115_22305140.jpg

 左側はクラッスラ・ゴーラムという棍棒状の葉の多肉植物、左は500円玉くらいだったサボテンを育ててきたものです。どちらも枯れたりすることはないのですが栄養不足は明らかでしたが、鉢増しをして大きくするのも嫌だったので、土だけを交換してもとと同じ鉢に植え戻しました。これでしばらく我慢してもらうことにします。

 こちらは増えすぎた株の鉢増しをした時にちぎれた枝先を葉挿しした多肉植物(ポーチュラカリアかもしれません)です。発根率100%でした。花でも咲いてくれるとうれしいのですが、いまのところその気配はありません。

c0025115_22340064.jpg

 あまりの丈夫さ加減に驚いていますが、この感じだと小中学校で植物の栄養生殖の教材としても使えそうです。

 同じように葉挿しで何年も増やし続けているブライダルベールの花です。この植物も水差ししておくとほぼ100%発根して新しい植物体になります。

c0025115_22384947.jpg

 ツユクサ科特有の3枚の花弁が真っ白で美しいのですが、ちょっと小さいのが難点かもしれません。

 
c0025115_22404429.jpg

 サボテンのようなトゲの生えた茎をもったハナキリンも切った枝を水に挿しておくとほぼ確実に根が出る植物で、大きくなりすぎたら枝先をちょっと切って水に挿し、根が出てきたら小さな鉢に植えて、もとの大きな株は廃棄してしまうことを続けて、我が家では40年くらい植え継いできているような気がします。

 宿根草ではありますが冬の寒さを越せない植物も冬の間だけ小さな株にして室内にいれ、夏場は外で増やすということを繰り返して増やし続けているこのシラサギカヤツリ(シラサギスゲ)ももう20年近く維持していることになると思います。

c0025115_22460657.jpg

 英語では流れ星(Shooting star)と言われるように、穂先の花が星のように見えますが、日本人には白鷺に見えるようです。

 アイビーの多くは雪の下でも冬越しできるようで、庭に地植えしたものが増えすぎて困るくらいです。

c0025115_22485083.jpg

 ムクゲなどは植えた記憶もないのに勝手にどんどん生えてきて木になって、花も咲かせているものが何本もあります。これなどはその代表ですが、きれいなので放置してあります。

c0025115_22494695.jpg

 こちらの1本だけが私が意図的に植えたムクゲです。

c0025115_22503359.jpg

 と、無数に増えた我が家の植物と戯れているとあっというまに一日が終わってしまいます。

c0025115_22514292.jpg

 夕方のグラデーションに秋を感じますね。









by STOCHINAI | 2019-08-18 22:53 | 季節 | Comments(0)

台風(?)がやってきた

 これほどまでに待たされた台風も珍しいと思いますが、予報通り北海道にもやってきました。

c0025115_21514851.jpg

 9時過ぎのひまわりの画像ですが、台風の渦はもうほとんど確認できなくなっています。

 雨雲をレーダーで見るとかろうじて渦の片鱗は見えるようでもあります。

c0025115_21530324.jpg

 今日は朝から蒸し暑く風の強い一日でした。朝の天気予報ではなんと昨日から今朝にかけては最低気温が25.0℃という熱帯夜だったのだそうです。

c0025115_21581072.jpg

 今日は午後3時まではほとんど雨は降らず、午後3時から6時ころまでは小雨で、その後に本格的な雨になるという予報だったので、今朝も雨粒は少しぱらついていたのですが自転車で市の中心部まで出かけ、2時間ほどの会議の後3時前までには家に逃げ帰ってきましたが、幸いなことに予報はズバリ的中し、濡れずにすみました(実は会議をやっている間にけっこう降ったようで街は濡れていたのですが私は濡れませんでした(笑))。

 暗くなるにつれて雨は本格的に降ってきたのですが、風がどんどん弱まってきたのと、気温が下がってきたので助かりました。

 もう気温は今朝より下がってきています。

c0025115_22025094.jpg

 今朝の時点での天気図でははっきりとした台風が日本海にいたのですが、今は崩れてしまったものと思われます。

c0025115_22034706.jpg

 この調子だと明日の朝は台風一過の快晴になるのかもしれませんね。とはいえ、今回の台風の後では大変な高温を置き土産にしているようで、札幌も明日は30℃を越える恐れもありそうとのことで、そちらはそちらでちょっと心配ではありますね。








by STOCHINAI | 2019-08-16 22:09 | 季節 | Comments(0)

北海道らしい夏日

 最高気温は25.1℃とかろうじて夏日になりましたが、涼しい風が吹き渡り、太陽が出ても日陰に入るだけで十分に涼しい北海道らしい夏の一日になりました。

 夏といえばノウゼンカズラ。我が家のノウゼンカズラも真っ盛りです。こちらは今朝、私の部屋から見下ろしたノウゼンカズラです。

c0025115_22421753.jpg

 向こうにあるのがもともとのノウゼンカズラの大株。イチイの木にしがみついて樹高を越えて花を咲かせます。

c0025115_22422180.jpg

 そして、居間からも座ったままで眺めたいということで数年前から家の壁の沿わせて伸ばしている手前の株がこちらです。

c0025115_22422407.jpg

 もっとも最近種をまいて育ってきているのがこちらのセイヨウオダマキです。

c0025115_22465573.jpg

 ちょっと発芽率が良すぎて密生状態ですが、まずは間引きせずに競争させているところです。日陰になってしまった成長の遅い芽を後で抜こうと思っています。

 こちらは昨年種をまいて冬を越したモミジバフウです。

c0025115_22485290.jpg

 10本以上の幼木が育っていたはずですが、玄関内でも冬を越せなかった株が意外とたくさんあって、今年も成長しているのは5-6本に淘汰されてしまいました。

 こちらは屋外では決して冬を越せないオリズルラン。

c0025115_22503549.jpg

 左が昔からある葉のヘリに斑がはいったオリズルラン(ソフトオリヅルランと呼ぶらしいです)と、右側が葉の中心に斑がはいって葉の広いナカフヒロハオリヅルランです。パッと見ると同じに見えるのですがよく見ると斑の入り方が逆なので見るたびに感心します(笑)。

 こちらは庭のあちこちに勝手に生えてきているアスパラガスです。

c0025115_22545999.jpg

 繊細な葉が美しいと思います。

 不思議な形をした多肉植物のクラッスラ・ゴーラムも夏の間は外でも大丈夫です。

c0025115_22565896.jpg

 最近この葉が一枚あれば、そこから新しい植物を育てることができることを知って密かに育てています。

 接ぎ木されたサボテンの上の部分が枯れてしまった台木を育てていたらドラゴンフルーツだということを知って、少し大事に育てています。

c0025115_22570200.jpg

 どうやったら、あのドラゴンフルーツの実がなるのかまったく不明ですが、そのうちに挑戦して見たいと思っています。

 外で冬を越せない連中をどうやってコンパクトに室内で冬越しさせるか、今からいろいろと計画を練っている今日このごろなのでした(笑)。








by STOCHINAI | 2019-08-13 23:05 | 季節 | Comments(0)
 今日も最高気温が25℃と涼しい日になりました。札幌の今の季節としてはこれくらいが普通なんでしょうね。

 涼しくなってくると植物も動物も元気を取り戻すようです。初夏に咲いたバラがまた咲き出しました。

c0025115_23034936.jpg

 涼しくなってくるとスローなバラードでも聞きたくなりますね。

 今日は In a sentimental mood でも聞いてみましょうか。オリジナルはかの有名なデューク・エリントンが1935年に吹き込んだSP盤のこちらのようです。



 これはデューク・エリントン・オーケストラの演奏ですから、ビッグバンドでスローではありますがダンス・ミュージックのような雰囲気があります。

 この曲がヒットしたので後に歌詞が付けられて歌われるようになりました。その中でやはりエラ・フィッツジェラルドのものが群を抜いていると言われています。



 伴奏はバーニー・ケッセルのギターだけという野心作です。

 ソニー・ロリンズがモダン・ジャズ・カルテットと共演したものも不滅の名演ですね。



 ピアノの演奏も名演がたくさんあるのですが、ちょっと渋めのトミー・フラナガン・トリオはどうでしょう。


 そして、最後にはやはり作曲したデューク・エリントン自身がジョン・コルトレーンと共演したこれに止めをさすのではないでしょうか。



 ウイスキーのオンザロックをちびちびとなめながら、しっとりとこういうのを聞いて秋の夜長をゆったりと過ごしたいものですね。

 外の気温は適温の夜だと思います。

c0025115_23035893.jpg

 今日は一日中曇っていましたが、明日は太陽も見られそうです。









by STOCHINAI | 2019-08-12 23:31 | 季節 | Comments(0)
 今朝の最低気温は23℃でついに熱帯夜を抜けました。23℃という温度がこんなに快適なものとは知りませんでした。涼しいです。

 今朝もアサガオが2輪咲きました。一昨日咲いたのと同じ赤いのと白いのです。

 こちらは白い花。

c0025115_23013514.jpg

 こちらが赤い花。

c0025115_23013981.jpg

 朝9時に撮った時にはどちらも開いていましたが、1時間後に見るとなんと激変でした。

c0025115_23034328.jpg

 上の方にある白い花はまだ開いたままなのですが、下の方にある赤い花はなんともうしぼみ始めているのです。

 こちらが白い花。

c0025115_23051976.jpg

 こちらが上から約1時間後の赤い花です。

c0025115_23052587.jpg

 一昨日の赤い花も開いていたのを見たのは幻ではなく、この赤い花はいわゆる西洋アサガオではなく日本のアサガオと同じように朝に咲いてすぐにしぼむタイプのものだったということです。

 そんなことにはおかまいなしにノウゼンカズラは咲き続けています。

c0025115_23075664.jpg

 こちらは一日咲き続けて翌日にはボトリとおちるイサギのよい花です。

 さて、札幌の熱帯夜は記録的に3日間続きましたが今朝は最低気温が23℃と下がりました。23℃という気温がこんなに心地よいものだとは知らなかったというほど今朝は爽やかな朝でした。

 昼には相変わらず34.2℃まで気温が上がるという異常気象は続いているのですが、夜になると涼しくなる北海道の夏が戻ってきているようです。

 もうエアコンはいりません(笑)。

 では、おやすみなさい・・・。







by STOCHINAI | 2019-08-02 23:11 | 季節 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai