5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:季節( 152 )

 今朝もカーテンを開けたらまぶしい太陽の光が飛び込んできました。

 こういう時には最初に見えてものの写真を撮ることにしています。

 というわけで、今朝もまたホヤの花芽がまぶしく光っていました。

スズメが子どもをつれてきた_c0025115_22182496.jpg

 随分と花柄が伸びてきています。光は当たっていないので最初に目にはいることはないのですが、これよりも成長している花芽があります。

スズメが子どもをつれてきた_c0025115_22182985.jpg

 とりあえず、そちらも撮っておきます。こっちはもうそろそろ咲きそうです。

 こんなに明るく暖かいとコーヒーのつぼみも一気に開きます。

 今日もまた部屋中にいい香りを振りまきながらたくさんの花が咲いていました。

スズメが子どもをつれてきた_c0025115_22203740.jpg

 こちらでひとかたまり。

 またあちらでもひとかたまり。

スズメが子どもをつれてきた_c0025115_22204090.jpg

 こっちでは一輪だけが

スズメが子どもをつれてきた_c0025115_22210062.jpg

 という感じで今日はたくさん咲いていました。

 この花がしばらくすると実になってきます。

 室内なので昆虫もほとんど訪れず、受粉はしていないと思うのですがかなりの確率で実がふくらんできています。

スズメが子どもをつれてきた_c0025115_22230431.jpg

 はてさて、この実の中にある種が植えられた時に芽を出すのかどうか、興味深いのでいつかは実験しようと思っています。芽が出たら、未受精でも発芽できるのか、昆虫がこなくても自家受粉できるのかのどちらかですよね。

 さて、最近子育てしているらしいとは感じていたスズメですが、今日は子供を連れた親子で餌台にやってきていました。

スズメが子どもをつれてきた_c0025115_22284691.jpg

 右が親(父か母かはわかりません)で、左が子どもです。

 餌がたくさんある餌台にきても、親が餌をつついて子どもに食べさせていました。

スズメが子どもをつれてきた_c0025115_22285193.jpg

 手前側の親が向こう側の子どもに餌を与えています。子どもはまだ「くちばしが黄色い」ことも見てとれます(笑)。

 子どもが近くの木の枝に飛び移っていても、親はそこまで飛んでいって餌をあげています。

スズメが子どもをつれてきた_c0025115_22285419.jpg

 美し光景です。

 しばらく見ていましたが、かなり癒やされる景色でした。

 今日は天気がよく、気温も上がり、一ヶ月ぶりくらいで28.6℃という夏日になりました。さすがにこのくらいだと「暑い」です。









by STOCHINAI | 2020-07-06 22:39 | 季節 | Comments(0)
 今日から夏至も次候、第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」になりました。(引用は「くらしのこよみ」の配信からです。)

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22093160.jpg

 我が家で一昨日から咲き始めたのはオランダから来たアヤメのダッチアイリスですが、驚くほどそっくりでぴったりのタイミングでした。

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22120275.jpg

 ゼラニウムも咲きそろい始めました。

 ピンク

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22161723.jpg

 ショッキングピンク

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22163308.jpg

 赤

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22163784.jpg

 ゼラニウムもいくつかの花がかたまって丸くなって咲きますが、その咲き方ではアジサイにかないません。というわけで今日も「夏休み自由研究 アジサイ編」です。

 ここから「これでもか」とアジサイを並べてみます。

 アジサイ1

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22190720.jpg

 アジサイ2

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22193747.jpg

 アジサイ3

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22200747.jpg

 アジサイ4

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22203921.jpg

 アジサイ5

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22213484.jpg

 アジサイ6

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22224784.jpg

 そして、となりのアジサイ

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22252326.jpg

 品種が違うのか、咲きっぷりも随分違う気がします。

夏至の第二十九候「菖蒲華 (あやめはなさく)」_c0025115_22262493.jpg

 今日は一日中、どんよりと曇っていて、時々雨も降っていて最高気温も昨日とほとんどかわらない19.1℃と寒いエゾ梅雨デーでした。明日・明後日も同じような曇天時々雨で寒い夏が続きそうですが、植物には意外と快適なのかもしれません。









by STOCHINAI | 2020-06-26 22:31 | 季節 | Comments(0)
 寒い春をようやく抜けたようです。

 朝の光にオオデマリが絶好調です。

オオデマリが主役ですがフジやヤマブキもがんばります_c0025115_22143453.jpg

 空は青空、鼻歌も出るいきおいの朝になりました。

オオデマリが主役ですがフジやヤマブキもがんばります_c0025115_22144434.jpg

 毎日見るたびに「今日こそが最盛期」と思ってしまいますが、今日はほんとうの最盛期なのかもしれません。

 2階から見下ろしても美しいです。

オオデマリが主役ですがフジやヤマブキもがんばります_c0025115_22151019.jpg

 隣の部屋の窓から見てもさらに美しいです。

オオデマリが主役ですがフジやヤマブキもがんばります_c0025115_22151629.jpg

 白い花の球がモコモコです。

オオデマリが主役ですがフジやヤマブキもがんばります_c0025115_22152056.jpg

 やはり、今日が最高の一日なのかもしれません。

 隣ではフジの花も開き始めています。

オオデマリが主役ですがフジやヤマブキもがんばります_c0025115_22152622.jpg

 フジはマメ科ですので花も豆の花です。

オオデマリが主役ですがフジやヤマブキもがんばります_c0025115_22153030.jpg

 これは午後になってから撮ったものですが、後ろを振り返るとやはりオオデマリが美しく咲いているのでした。

オオデマリが主役ですがフジやヤマブキもがんばります_c0025115_22161419.jpg

 ヤマブキはそろそろ終わりなのですが、ググッと寄ってみるとまだまだ美しく咲いていました。

オオデマリが主役ですがフジやヤマブキもがんばります_c0025115_22162295.jpg

 明日からは真夏の暑さになる恐れもある札幌からでした。









by STOCHINAI | 2020-05-28 22:23 | 季節 | Comments(0)
 今日はこの春初めての「枝・葉・草」の回収日でした。

 もう雪がなくなって2ヶ月にもなりますから、各家庭からは大量の「枝・葉・草」が出てくるだろうと思っていましたが、いざ回収時間になってみるとそれほどでもありませんでした。

今年初めての「枝・葉・草」の回収日_c0025115_23261394.jpg

 例年ならば、最初の回収日には山のように袋や枝の束が積み上がるので、今年もそうだろうと思っていたのですが、意外と少ない感じです。とはいっても通常の燃えるゴミなどと比べると5倍位はあるのですが、昨年などはこの倍はあったような気がします。

 この町内もお年寄りが増えただけではなく、鬼籍に入った方、転出された方などもあって、町内全体のアクティビティが下がっているというところなのかもしれません。

 それでも、こういう枝の束などを見るとなんだかホッとします。

今年初めての「枝・葉・草」の回収日_c0025115_23261988.jpg

 この時間も雨が降っていましたが、今朝は明け方からずっと雨でした。

 それでもこの時間は傘がなくても外を歩ける感じでしたが、午後になってかなりの勢いで降ってきました。

 午後1時過ぎの雨雲レーダーです。

今年初めての「枝・葉・草」の回収日_c0025115_23262509.jpg

 我が家の周辺が集中的に雨になっているようでしたが、全国的にみても北と南が大雨だったようです。

今年初めての「枝・葉・草」の回収日_c0025115_23262957.jpg

 さすがに北海道ではカミナリは少ないのですが、南の島と東北・北陸などでは落雷も激しいようでした。

今年初めての「枝・葉・草」の回収日_c0025115_23263672.jpg

 夕方には雨がやんで、自転車にも乗れるようになりました。

 これは昨日の写真ですが、フジの花も咲きそうです。

今年初めての「枝・葉・草」の回収日_c0025115_23264167.jpg

 明日は咲くでしょう。

 今週末はいよいよ夏日もやってきそうです。

 「コロナ退散・夏よ来い」ですね。








by STOCHINAI | 2020-05-27 23:37 | 季節 | Comments(0)
 遠目に見ても白さがくっきりしてきたオオデマリ。朝一番の姿です。

白さが増してきたオオデマリ_c0025115_22530553.jpg
 寄ってみるともうすっかり白と言ってもいいくらい白くなりました。

白さが増してきたオオデマリ_c0025115_22531002.jpg

 午後になって西日に当たるオオデマリも撮ってみました。

白さが増してきたオオデマリ_c0025115_22552296.jpg

 大きな房の花もあれば、小さなものもあります。

白さが増してきたオオデマリ_c0025115_22552605.jpg

 木全体がびっしりと花に覆われています。

白さが増してきたオオデマリ_c0025115_22554220.jpg

 日陰の花も美しいものです。

白さが増してきたオオデマリ_c0025115_22554424.jpg

 そろそろピークを迎えたといことは、そろそろ散るフェイズも覚悟しなければならない時期に入るということでもあります。

 ともかく、今年はスズメのおかけで虫がほとんどまったくみあたらず、葉も花も無傷のままここまできたのは奇跡的に思えています。まさに生物農薬としてのスズメの力を見せつけてもらいました。

 これは自然に生えてきたオオバの苗だと思います。

白さが増してきたオオデマリ_c0025115_22594254.jpg

 ほとんどがこんなふうに緑のオオバですが、

白さが増してきたオオデマリ_c0025115_22594833.jpg

 中に一本だけ紫のシソが生えてきています。

白さが増してきたオオデマリ_c0025115_22595392.jpg

 交雑してできたのか、突然変異か。ともかくも興味深いことになっています。

 こちらも正体不明の双葉がたくさん生えてきていますが、センニチコウかもしれません。

白さが増してきたオオデマリ_c0025115_23013901.jpg

 種からの芽生えは可愛らしく力強く、植物の中でも大好きな姿です。









by STOCHINAI | 2020-05-26 23:04 | 季節 | Comments(0)

ツツジとオオデマリ

 来週の水曜日には月に一度の「枝・葉・草」の回収があるので、今日は伸び切ったツゲとドウダンツツジの剪定をしました。ドウダンツツジはまだ花が咲いている最中なのでちょっとかわいそうでしたが、庭木の剪定のタイミングは花が終わった直後が適期と言われているので、花が咲いている時に切るのは悪くないと信じています。

 数週間前からビニール袋に溜まってきている「枝・葉・草」は今日剪定した枝や葉を入れて、45リットルの袋が8つになってしまいました。

 午後になってだんだんと薄暗くなってきたので風が強いのが気になったのですが、これ以上待つと光が足りなくなるということでコンディションはあまり良くはなかったのですが写真撮影を強行しました。

 最初に登場するのはカーネーション。

ツツジとオオデマリ_c0025115_21511916.jpg

 我が家で何回も冬を越えて咲き続けているもので、現在の株は一昨年に挿し木をして仕立て直したものでそんなに立派なものではないのですが、私としては愛着のある一鉢です。

 そのすぐ上で艶やかに咲いているのは八重咲きのヨドガワツツジです。

ツツジとオオデマリ_c0025115_21512544.jpg

 そろそろ花期は終わる頃なのですが、まだまだ立派です。

ツツジとオオデマリ_c0025115_21512805.jpg

 八重の花は雄しべが花弁に変化したもので雄しべがありません。

 こちらは少し遅咲きのツツジ。いかにもツツジらしいのは原種に近いからでしょうか。

ツツジとオオデマリ_c0025115_21513199.jpg

 こちらは一重なので立派な雄しべがたくさん生えています。

 今、我が家の庭で存在感があるのはなんといっても日に日に白さをましてきているオオデマリです。

ツツジとオオデマリ_c0025115_21515621.jpg

 今年はおそらく毎日やってくるスズメのおかげだと思うのですがこの木が大好きなサンゴジュハムシの幼虫・成虫がほとんど見当たらず、どの葉も虫の食害をほとんどまったく受けておりません。もちろん花もきれいなままです。

 花はかなり白くなってきていて、近くで見ても白いと感じることができます。

ツツジとオオデマリ_c0025115_21515953.jpg

 ここまで寄るとほとんどアジサイに見えます。

ツツジとオオデマリ_c0025115_21520276.jpg

 よく見ると雄しべを出している花もあります。

ツツジとオオデマリ_c0025115_21520458.jpg

 鉢植えのアジサイを見てみると、まだまだ花芽は粟粒のようなレベルですが、大きな花を咲かせてくれそうで楽しみです。

ツツジとオオデマリ_c0025115_21520696.jpg


 今日も寒くて風の強い一日でしたが、明日から3日ほどは久しぶりに20℃を超えそうという予報で楽しみです。








by STOCHINAI | 2020-05-23 22:11 | 季節 | Comments(0)

立夏も末候

 今日はさすがに暑かったです。最高気温23.4℃でした。

立夏も末候_c0025115_22445688.jpg

 朝も寒く最低気温は8.4℃、今もまた気温が下がってきていますので明日の朝も晴れていたら寒くなるのかもしれませんが、今夜から明日は曇るようで気温もそれほど下がらなさそうです。

 コロナ騒ぎで季節の移り変わりをじっくりと楽しむ余裕もない昨今ですが、今は立夏、一年中でもっとも良い季節でもあります。

 立夏が始まったのは5月5日の子どもの日の頃です。立夏最初の七十二候は「かわずはじめてなく」でした。(写真はいずれも配信されてきた「うつくしいくらしのこよみ」から引用させていただきました。)

立夏も末候_c0025115_22501976.jpg

 そして10日頃からは時候の「みみずいずる」です。

立夏も末候_c0025115_22512391.jpg

 そして今日からは末候の「たけのこしょうず」になります。

立夏も末候_c0025115_22513278.jpg

 この写真のたけのこは北海道では普通に「たけのこ」と呼ばれている「根曲がり竹」のたけのこではないかと思います。太い孟宗竹のない北海道では筍というとこの親指くらいの太さにしかならないものを指していました。

 今日配信されてきた「くらしのこよみ」に出てくるマアジ。
立夏も末候_c0025115_22544647.jpg

 青味の魚はどれも好きですが、焼き魚ではこのアジは大好きです。中でも干物を焼いたアジはネコと奪いあいの喧嘩をしてでもホネまでしゃぶりたいほどおいしいと思います。









by STOCHINAI | 2020-05-15 22:59 | 季節 | Comments(0)
 今日は午後からは晴れたのですが、昨日の暑さとは打って変わって寒い一日となりました。最高気温は11.4℃。

 午後遅くに強い西日に映える咲きかけのヤマブキを撮ってみました。

子どもが喜ばない「こどもの日」_c0025115_21402827.jpg

 カレンダー的には今日は「こどもの日」だったのですが、ずっと休校が続いている子どもたちにはゴールデンウィークという大型連休の感覚もなく、基本的には自宅から離れないように指示されている子達にとっては一生記憶に残る「ダークこどもの日」となったに違いありません。

 そんな中、午後2時から旭山動物園からYoutubeで配信された坂東園長の解説による動物園案内は記憶に残るような楽しい配信だったと思います。

子どもが喜ばない「こどもの日」_c0025115_21443720.jpg

 最初のカバの母子のところで思わぬほど時間を食ってしまいましたが、1時間半ではとてもすべてを見ることができない動物園の楽しさを味わせてくれた良い配信だったと思います。普段の見学では見ることのできない、園長さんと動物たちのふれあいにも新鮮な驚きを感じることができました。

 逆に、いつになったら本当の動物園に行くことができるのか。子どもたちにとっては本当に受難の連休だということも再認識させられました。

 寒い中ですが、花を咲かせる植物たちは粛々と春を進行させています。

 こちらは青と白のツルニチニチソウ。

子どもが喜ばない「こどもの日」_c0025115_21525866.jpg
子どもが喜ばない「こどもの日」_c0025115_21530667.jpg

 レンギョウもそろそろ花が散り始め、葉が増えてきました。

子どもが喜ばない「こどもの日」_c0025115_21544000.jpg

 ローズマリーは日に日に花が増えてきています。

子どもが喜ばない「こどもの日」_c0025115_21545056.jpg

 モクレンは最盛期なのですが、同時に花がどんどん散る時期でもあります。

子どもが喜ばない「こどもの日」_c0025115_21554731.jpg

 ヒアシンスはそろそろ最後の若くてまだ花数の少ない株の花も開いてきました。

子どもが喜ばない「こどもの日」_c0025115_21555138.jpg

 地面に目をやると青ジソ(大葉)のこぼれ種が大量に芽を出してきています。

子どもが喜ばない「こどもの日」_c0025115_21555750.jpg

 カツラの葉も開いてきました。

子どもが喜ばない「こどもの日」_c0025115_21560656.jpg

 今日は北海道の新規新型コロナ感染者数が久しぶりに少ない11人で札幌はひと桁の9人でした。このまま下がってくれることを祈るばかりですが、今日の札幌のコロナ感染者状況のグラフには嬉しい変化が見られました。

子どもが喜ばない「こどもの日」_c0025115_21560905.jpg

 円で示されている現在患者数が減少に転じています。ここ数日、三角の陰性確認数(退院した方)が急上昇していることと今日の新規感染者の少なさが合わさってグラフの変化の向きが変わったのですが、これもこのまま推移してくれることを期待したいところです。











by STOCHINAI | 2020-05-05 22:11 | 季節 | Comments(0)

夕日のヒアシンス

 曇天で始まった一日、時折雨もばらつきました。

 それでも朝見たモクレンは花が開く前の一番美しい姿だったような気もします。

夕日のヒアシンス_c0025115_22392910.jpg

 夕方にちょっとだけ日が照り始めたころに、写真を取るために庭に出てみました。

 鉢植えのレンギョウは真っ盛りです。

夕日のヒアシンス_c0025115_22393267.jpg

 今日の狙いは西日が当たるヒアシンスです。

夕日のヒアシンス_c0025115_22394435.jpg

 最初はまだヒアシンスの列の端っこにある葉にちょっとだけ日が当たっていました。

夕日のヒアシンス_c0025115_22401765.jpg

 やがて(といってもあっという間の時間ですが)すべてのヒアシンスに日が当たり始めます。

 こうなってくると逆光にさらされた花がとても美しく見えてきます。

夕日のヒアシンス_c0025115_22410464.jpg

 昼間見ると地味な紫の原種っぽい花なのですが、この時間には見違えるようです。

夕日のヒアシンス_c0025115_22410930.jpg

 角度によってはびっくりするほどの艶やかさです。

夕日のヒアシンス_c0025115_22411372.jpg

 これが本当にヒアシンスかと思えるくらいです。

 花だけではなく葉も逆光で美しく輝きます。

夕日のヒアシンス_c0025115_22412954.jpg

 最後に全員で踊るラインダンスを撮りました。

夕日のヒアシンス_c0025115_22414807.jpg

 ほんの5分か10分の間ですが、この瞬間に出会えるといつもドキドキしてしまいます。








by STOCHINAI | 2020-04-29 22:52 | 季節 | Comments(0)

シジュウカラの水浴び

 毎朝、スズメの食餌のスキをねらうようにおそらく夫婦と思われる二羽のシジュウカラがやってきます。

シジュウカラの水浴び_c0025115_22414754.jpg

 スズメは基本的には餌だけを求めてやってきているようですが、シジュウカラは餌というよりは水浴びがしたくてやってくるようです。

 なかなか撮るのが大変ですが、いちおう「証拠写真」にはなりそうなものがこちらです。

シジュウカラの水浴び_c0025115_22415012.jpg

 生け花用の水盤で気持ちよさそうに水浴びをしています。

 その後、オオデマリの枝で羽づくろいです。

シジュウカラの水浴び_c0025115_22420063.jpg

 相方はレンギョウの枝で待っているようです。

シジュウカラの水浴び_c0025115_22420446.jpg

 今日も寒い一日で、最高気温は9℃まで上がりましたが、最低気温はプラスとは言うものの1.7℃(夜になってから記録されました)で時折雪がちらつき、夜には我が家のまわりでも少しだけ雪が積もっていました。明日の朝までにはなくなるでしょうが、この時期に雪が降ったり積もったりするのは珍しいことでもありません。

 室内ではコーヒーの花がたくさん咲いていました。

シジュウカラの水浴び_c0025115_22482339.jpg

 こちらでは向こうに熟したコーヒーチェリーも見えます。

シジュウカラの水浴び_c0025115_22481850.jpg

 こちらは長々と咲き続けれる玄関のフエフキスイセン。

シジュウカラの水浴び_c0025115_22495085.jpg

 思い切り寄って撮ってみました。








by STOCHINAI | 2020-04-23 23:07 | 季節 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai