5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:大学・高等教育( 390 )

 放送大学面接授業2日目です。何やら空模様が怪しいのですが、家を出る8時20分頃にはなんとか1時間位持ちそうだと判断されたので自転車で出発しました。ちょっと心配したとおり、北18条の北大通りに来たあたりでポツポツと降り出しましたが、ずぶ濡れになる前には目的地に着くことができました。

c0025115_21104775.jpg

 聞いてみると大学卒の経歴を取るためには放送大学がもっとも経済的だとのこと、ただ今学生募集中でした(笑)。

c0025115_21152106.jpg

 調べてみると放送大学の学生の属性はおもしろいです。

c0025115_21163770.jpg


 女性がやや優勢で、会社員や看護師という職業を持つ人が多く、年齢は60代以上が多く、それに40代、50代が続きます。普通の大学生の年代は10代・20代を合わせても30代の学生より少ないという構成になっています。

 私が今回担当したクラスの53名もほぼ似たような年齢構成になっているようで、なかなかおもしろかったです。

 中でももっとも印象に残ったのは、休憩時間の過ごし方です。特別講義ということがなくても放送大学ではクラスメートなどの知り合いが少ないということなのか知り合い同士で談笑するという姿は少なく、ほとんどの人は一人で机に座って時間をつぶしています。今どきの学生ならば、たとえそういうシチュエーションでも十中八九スマホをいじっているものですが、そういう人はそれほど多くはありませんでした。逆に結構落としを召した方がiPadを使っていたり、若者がノートパソコンを使っていたりと、今どきの大学生よりもITスキルは高い人が多いと感じられました。講義の前後でもUSBメモリーを持ってきて講義に使ったスライドのファイルを請求した人も5人位いたのは普通の大学ではあまりしない経験です。

 そしてなにより驚いたのは座っている人の3割ほどが読書をしていたことです。昔は珍しくなかった大学生の読書ですが、今は見るとびっくりするということに私自身が驚いてしまいました。年齢の問題もあるとは思いますが、この放送大学生の自立心の高さにはほとほと敬服いたしました。また機会があったらぜひとも講義をやらせていただきたいと思ったほどです。

 というわけで久々に2日続けて「9時から5時まで」の労働をさせていただきました。

 終わってみるとさすがにこれを一週間続けることはできないと思いながらセンターを後にしましたが、天気も回復しており、まあまあ心地よい帰り道でありました

c0025115_21293337.jpg

 昼間に講義をしていた時間には雷と激しい雨も降っていたようですが、帰る時には雨も嵐も収まり涼しい風が吹いていました。

c0025115_21324986.jpg

 毎日と言われたらお断りするしかないハードな2日間でしたが、たまにならまたやってもいいなと思える楽しい授業でありました。








by STOCHINAI | 2018-07-15 21:37 | 大学・高等教育 | Comments(0)

裏口入構

 テレビでは「3連休の始まりです」とか言っていましたが、私は8時半前には家の前のマリーゴールドに送られて久々の「出勤日」となりました。

c0025115_21361575.jpg

 今日は珍しく北大の20条門から裏口入学ならぬ、裏口入構して高等教育機能センター南にある放送大学北海道学習センターに向かいます。

c0025115_21362066.jpg


c0025115_21385222.jpg

 この写真ではなんだかわかりませんが、高等教育機能センターと北図書館の間にある建物は意外と目立ちません。グーグルストリートビューにいい写真がありました。ちょうど1年前に撮ったもののようで、今朝と同じたたずまいです。

c0025115_21410238.jpg

 今日と明日ここに缶詰になって、面接授業なるものをやります。

c0025115_21415384.jpg

 この頁の一番下にあるということは、今期の最後の面接授業のようです。


 いずれにしろほぼ初めての講義ですから、どうなるものやらと思っているうちに一日目が終わりました。

 明日もあるので、そろそろ寝ないと(笑)。








by STOCHINAI | 2018-07-14 21:45 | 大学・高等教育 | Comments(0)

49年目の同級生

 49年前に一緒に北大に入学した同級生が2名、タイミング良くタイと飛騨高山から札幌に来るというので、私も会いに出かけました。もちろん場所は北大キャンパスです。ちょっと曇ってはいましたが深緑の13条門から入りました。

c0025115_21225426.jpg

 ここまで来たので一応恒例の定点写真も撮っておきます。

c0025115_21225870.jpg

 ちょっと時間があったので学内をウロウロしました。例のジンギスカンテラス付きセイコーマート北大店も完成間近です。

c0025115_21242455.jpg

 横の道を東にはいると弓道場横の林ではオオウバユリがそろそろ開くところでした。

c0025115_21254470.jpg

 ここのオオウバユリは知る人ぞ知るすごいジャングル状態です。

c0025115_21254757.jpg

 弓道場横の散歩道にはポプラの種が降り積もっており、さらに降ってきてもいました。

c0025115_21272355.jpg

 そろそろ待ち合わせの時間なので、中央ローンの横を回ってクラーク会館へ向かいます。相変わらずローンは美しいです。

c0025115_21282901.jpg

 たまにはこちらから図書館とシダレヤナギを撮っておきましょう。

c0025115_21283362.jpg

 年はとっても北大教養部の同級生は昔のままでした。








by STOCHINAI | 2018-07-09 21:31 | 大学・高等教育 | Comments(0)

盛岡2日目

 1講目の講義にゆっくりと間に合うように早めのJR東北線に乗りました。

c0025115_00404288.jpg


 久しぶりのローカル線です。

c0025115_00404606.jpg

 4つ先の矢幅駅で下車して大学まで1キロメートルほどを歩きました。

c0025115_00410476.jpg

 昔、盛岡城が不来方城と呼ばれていたという話は聞いており「不来方(こずかた)」というのは盛岡の古い呼び名だと理解していましたが、今はこのあたりが不来方と呼ばれているのでしょうか。そういえば、近くに不来方高校という高校もありました。

 大学までは新興住宅街といった町並みが続きます。

c0025115_00405917.jpg

 立派なお宅の庭には、右にピンクのヤマボウシ、左に白のヤマボウシが咲いていました。

 大学に着きました。

c0025115_00412198.jpg


 隣では巨大な大学病院が新設中です。

c0025115_00412432.jpg

 医学部らしくヒポクラテスの木の子孫だというプラタナスの木と由来を書いた碑がありました。

c0025115_00413818.jpg

 午前中いっぱい講義をして、お昼ご飯を食べたら「さらば盛岡」となりました。

c0025115_00414800.jpg

 岩手山

c0025115_00415896.jpg

 十和田湖

c0025115_00420472.jpg


 八甲田山(?)

c0025115_00420818.jpg

 あっという間に新千歳空港です。

c0025115_00424392.jpg

 脚を出した機影が着地する瞬間です。

 今のところ、来年までは盛岡に行く予定はありません(笑)。








by STOCHINAI | 2018-06-06 23:59 | 大学・高等教育 | Comments(0)

初夏の北大構内

 ちょっと寒くはありましたが、北海道としては十分に初夏の雰囲気の北大構内でした。

 いつものように定点観測。銀杏並木は新緑が美しかったです。

c0025115_21033627.jpg

 振り向いた工学部も新緑でしたが、並んだ自転車は今日がウィークデーで講義中だということを示しています。

c0025115_21034275.jpg

 イチョウの根元には大きく育ってきたオオウバユリが。

c0025115_21034618.jpg

 大野池まで行きます。

c0025115_21035980.jpg

 雲はすでに夏っぽいですね。確認するために空を見上げます。

c0025115_21040254.jpg

 池の周りは鬱蒼と茂る巨木のせいで薄暗く、木の下にあるツツジは日光不足で花着きが悪いのですが、このくらい少ないのも味があっていいと思わせられます。

c0025115_21041603.jpg

 目的地のエンレイソウ向かいでは、セイコーマート北海道大学店がその姿を現しはじめていました。

c0025115_21042854.jpg

 北大の姿もどんどん変わりますね。








by STOCHINAI | 2018-05-25 21:17 | 大学・高等教育 | Comments(2)
 北海道大学の北キャンパスの創成研で15年間科学コミュニケーションを担当してきたK本さんが北大の広報組織の改編に伴い南キャンパスの本部へ異動することになり今日は彼女の15年間を総括する「最終講義」に相当する講演がありました。

c0025115_22190947.jpg

 創成研究機構では毎年2回ずつ創成科学サロンという講演会とそれに連なる交流会(「春の宴」や「夏の宴」)をやってきており、今回が第38回ということは15年目ということです。ということはK本さんの15年は創成研究機構の科学サロンだけではなく、創成研究機構そのものの歴史ということになり、今回のK本さんの異動は創成研究機構にとってもエポックメイキングな節目になることを意味します。

 そんな中でK本さんの半生ともいえるこの15年間の活動の総括を聞くことができる機会は創成研究機構だけにとどまらず、北大の歴史の中における大きな証言となるものでした。

 創成研に来るのも一年ぶりくらいです。

c0025115_22324288.jpg

 こちらが会場のレストラン。

c0025115_22324503.jpg

 北キャンパスといえども雪はすっかり少なくなっていました。

c0025115_22324850.jpg


 講演会が始まる前のK本さんには後光がさしていました。

c0025115_22325605.jpg

 K本さんの創成研での歴史は、北海道大学におけるCoSTEP(科学技術コミュニケーター養成ユニット)の歴史とも重なり、K本さんの半生が北大における科学技術コミュニケーションの歴史でもあることが思い起こされる講演で、まさに「最終講義」の名にふさわしいものでした。

c0025115_22325918.jpg

 最後に近いところで出てきたスライドには最近の大学が置かれた厳しい状況に対する危機感も表明されました。大学における科学コミュニケーションの興隆を経験した上で現在の大学の状況を知っているK本さんならではの「重さ」があります。

 というわけで「最終講義」が終わった後は最後になるのかもしれない「春の宴」となりました。

 久々に大学らしい手作りの宴会(コンパ)を楽しませてもらい、いい気持ちになって暖かい夜道を帰ってきました。









by STOCHINAI | 2018-03-27 22:53 | 大学・高等教育 | Comments(0)

送別会

 年度末になると人の動きも大きくなります。

 今日は理学部のアクティブ・ラーニングを一緒に進めた仲間の一人が北大からF工大へと転出されることが決まったのでお祝いをすることになりました。

 場所は北大から遠くない札幌駅周辺となりました。

 私は東区の奥から札幌駅へと出かけます。

c0025115_22465536.jpg

 久しぶりに出てみると駅周辺はさすがに「都会」ですね(笑)。

c0025115_22472195.jpg

 幸運なことに我が家からの地下鉄に乗ると会場までに直結されておりました。

c0025115_22473349.jpg

 ちょっと時間があったので地上に出てみました。

c0025115_22473804.jpg

 札幌駅JRタワーです。

 札幌駅前もすっかり大都会風です。

c0025115_22474480.jpg

 ここから地上を通って会場へ向かいます。

c0025115_22475257.jpg

 会場の上にあるビルの中になんと懐かしい「農協観光」の文字を発見。

c0025115_22480774.jpg

 当時、日本の農協が世界の観光地へ団体で出かけて「爆買い」をして顰蹙を買ったことを思い出しました。あの当時、今のように中国や東南アジアから日本へ大量の観光客が流れ込み「爆買い」をするなどということを想像した人は誰一人いなかったのではないでしょうか。我々の先を見る目のなさをひしひしと感じさせられる思い出です。

 と、札幌駅南の農業関連団体のビルが並ぶ一帯の地下にはいって送別会へと向かいました。

c0025115_22481113.jpg

 諸行無常ですね。








by STOCHINAI | 2018-03-05 23:07 | 大学・高等教育 | Comments(0)
(昨夜、投稿ボタンを押し忘れていました。汗)

 今日は北大で勉強会。朝、また雪が積もったので今日もまた地下鉄です。札幌駅で降りました。地下通路を通って北大方面へ向かいます。

c0025115_23074403.jpg

 ここから地上へ。

c0025115_23075293.jpg

 駅の北口にある建物にはこんなおしゃれな回廊もあったのでした。

c0025115_23075672.jpg

 北大正門前は以外にも春でした。

c0025115_23081014.jpg

 構内にはいって中央ローンに降りてみると、雪だるままつりが開催中のようでした(笑)。

 一番目、あごひげおじさん。

c0025115_23081969.jpg

 2番目、火星人。

c0025115_23082491.jpg

 3番目、クレヨンしんちゃん?

c0025115_23082717.jpg

 4番目、ウサギ?

c0025115_23083004.jpg

 まだいくつかありましたが、雪まつりの雪像よりこっちのほうがずっと味がありました(笑)。

 日当たりの良い中央ローンはさすがに美しいです。枯れ木を通して古河講堂を仰ぎます。

c0025115_23085521.jpg

 クラーク先生もたまにはお背中を写させていただきました。

c0025115_23085811.jpg

 謎のような文字が彫られているのは意外と知られていないかもしれません。

 Ⅰ Ⅸ Ⅱ Ⅴ
   BY
SEKIRO TAJIMA


by STOCHINAI | 2018-02-16 23:55 | 大学・高等教育 | Comments(0)
 今日は今年初の勉強会。

 会場はいつものようにエンレイソウ。こちらです。

c0025115_21294499.jpg

 正面入口。

c0025115_21294967.jpg

 理学部北にある生協の中央食堂のさらに北側にある建物です。

 実は北大構内にはもう一つ「えんれい草」という建物があります。

c0025115_21311913.jpg

 北大関係者でも知らない人が多いかもしれません。

c0025115_21312564.jpg

 ここで、後ろを振り向くと北大病院が裏側から望めます。

c0025115_21323516.jpg

 ここを通るために今日は北大構内に裏口入学ならぬ裏口入構しました。こちらからです。知る人ぞ知る剣道部の練習場の脇を通っていきます。

c0025115_21332649.jpg

 せっかく北大まで来たので定点観測の写真だけは撮っておきました。

c0025115_21341512.jpg

 寒そうなイチョウ並木です。

 ここから右にパンするとクラーク会館へ向かう中央通路があります。

c0025115_21341866.jpg

 道路は凍りついてツルツルですね。さすがに自転車では走れません。

 さらに右にパンすると大野池。池の端に自転車がシュールに放置されていました。池には落ちていないようです。

c0025115_21342143.jpg

 そうそう、上に紹介した大学病院の裏の「えんれい草」ですが、北大の地図でも建物名が明示されておらず、どうやら秘密の建物らしいので正体は書かないでおいたほうがよさそうなので、そうします。

 では、では。










by STOCHINAI | 2018-01-19 21:42 | 大学・高等教育 | Comments(1)
 凍てついた朝でしたが晴れていました。

c0025115_21405451.jpg

 朝日は見えませんでしたが、火事のように見える向こうの林が印象的でした。よく見るとカラスの巣らしきものも「火」の左上のほうに見えます。

 数日前にコーヒーの実を収穫したばかりですが、今日はもう次のシーズンの花が咲き始めました。

c0025115_21410817.jpg

 花の向こうにはまだ昨シーズンの実が未熟のまま残っているものもあります。

c0025115_21411258.jpg


 昨夕、帰宅してきた頃に降っていた雪はその後止んだようで、窓の外に目をやると朝の積雪は昨日の夕方の時のままのようでした。

c0025115_21405887.jpg

 今日は頑張れば自転車にも乗れたかもしれませんが、最終日が終わったらお疲れさまの打ち上げがあるかもしれないということだったのでバスに乗りました。

c0025115_21411990.jpg

 日曜日だというのに札幌新道は車でいっぱいです。

 地下鉄に乗り継いで北12条駅で下車、北大構内へは北12条門からはいります。門に入る前に南を仰ぎ見ます。

c0025115_21412295.jpg

 実はこの後天候が崩れ、雪になったりもするのですが、ともかく朝のうちはまぶしく晴れ上がっていたのでした。

 本日は私の担当で、タイトルはN波さんが決めてくれた「ゲノム編集CRISPR/Cas9がもたらした未来」でした。午前中は座学で私の講義「ゲノム編集CRISPR/Cas9とは何か」と調べ学習「ゲノム編集CRISPR/Cas9ですでにどんなことがやられているのか」をやっているうちに昼食時間が来てしまいました。学生諸君は食事を忘れて検索に熱中していました、と、ここまではまあよくある「アクティブラーニング」の光景だったのですが、午後になって「ゲノム編集CRISPR/Cas9でやっていいこと、ダメなこと」のディスカッションに入ってからものすごい盛り上がりになりました。最初は4つのグループそれぞれの中で同じタイトルでディスカッションをしてもらい、無理かもしれないが、できるだけグループ内で統一見解を出してそれを発表し合うという場面に入ってからが、すごい盛り上がりになりました。最初に各グループ内で議論した時からすでに意見が割れる傾向があったのですが、それでも頑張って各グループでまとめ上げた意見を表に出して全体でのディスカッションとなったところから、グループ間というよりグループを越えた多くの個人間での鋭い意見のやり取りが止まらなくなったのです。

 時折、教員も介入しましたが、学生同士の議論がここまで盛り上がった光景を私は大学で初めて見た気がしました。最初は20-30分位も続けばいいかなという気持ちで設計した議論の時間が、予定の時間を越えて休み時間になってもまったく切り上げることができず、結局1時間以上かかっても収まらないので半ば強制終了せざるを得ないというところまで盛り上がりました。まさにアクティブな学習風景が繰り広げられたのです。

 今の学生は答があることに関しては極めてクールに対応して、答が見つかると淡々とそれを受け入れるというスタイルで学習することが多いように思いますが、今回のテーマのように答がなく、しかもまだ問題点すらもはっきりしていないことに関してはこれほどアクティブに立ち向かうことがあるのだと改めて感動させられました。

 参加してくれた学生達にも良い経験になったことと思いますが、教える側のこちらにしてもいろいろと教えられることがあった今日のアクティブラーニングでした。

 全体を取りまとめてくださっているO田先生が風邪ということで本日の打ち上げは延期になりましたが、私は奇妙な充実感をもらって熱くなった頭を冷やしながら北大構内を歩いて帰路に着きました。

c0025115_21412699.jpg

 疲れましたが、いい経験をさせてもらいました。









by STOCHINAI | 2017-12-17 22:23 | 大学・高等教育 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai