5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:生物学( 376 )

2月12日ダーウィン・デー

 Wikipediaによると「ダーウィンの日は、1809年2月12日に誕生したチャールズ・ダーウィンを祝う記念日である。 ダーウィンの科学への貢献を呼び物とし、科学全般を促進させるための日として制定されている」ということです。彼の科学全般に対する貢献に敬意を表してWikipediaからお借りした写真を掲げます。

2月12日ダーウィン・デー_c0025115_22162613.jpg

 ダーウィンのすごいところはガラパゴス島をめぐって、似ているけれどもちょっとずつ違うトリ(ダーウィン・フィンチ)がいるのを見て、「これはもともとは一種類だったものが食べ物などが違うことから別の種に分かれたものだ」と直感したところなのだと言われています。ナショジオのサイトから図をお借りしてきました。

2月12日ダーウィン・デー_c0025115_22435675.jpg

 「もとは一種類だった」というところがミソで、これはものすごい「原理」としてあらゆる生物に普遍的に適用できるとともに、それを実行すると「地球上の生物はもともとは一種類だった」というとてつもない「真理」に到達することになります。

2月12日ダーウィン・デー_c0025115_22455656.jpg

 「地球上のあらゆる生物には共通の祖先がいる」ということは、分子生物学などが発達した現在では理解しやすくなってきてはいるのですが、とてつもなく多様な生物が同じ分子・細胞からできているなどということは当時の知見からはなかなか想像できることではなかったと思いますが、それを言い切ったところがダーウィンのすごさなのだろうと思います。

 というわけで、毎年2月12日には彼を思い出すことにしようということで記念日を作りました。2月11日がどうして日本の「建国記念日」なのかということを説明できる人はあまりいないと思いますし、もちろん科学的裏付けなどはないのですが、ダーウィンの記念日には我々の科学を成り立たせるにあたってどのくらい大きな貢献があったのかということは誰でもが瞬間的に理解できるものだと思います。

 さて「ダーウィンの日」とは関係なく、札幌は(日本の他の地方と同様に)突然の高温に襲われました。さすがに9℃とか10℃とかにはなりませんでしたが、午後2時半ころに8.0℃までになりました。3日前の最高気温がマイナス7.7℃だったことを考えるととんでもない気温のジャンプです。

 午後には家の前に大きな水たまりもできていました。

2月12日ダーウィン・デー_c0025115_22572356.jpg

 屋根に積もった雪もどんどんカサが減るとともに歪んで変形してきました。

2月12日ダーウィン・デー_c0025115_22584153.jpg

 傾いた屋根からはどんどん雪が滑り落ちてきますし、落ちてこないところではその場でどんどん水になってしたたり落ちてきています。

2月12日ダーウィン・デー_c0025115_22584589.jpg

 午後になって日差しが出てきた時に室内にできた影絵です。影絵は黒白ですが、この写真はカラーで撮っているのはよく見ると影絵のスクリーンに色があることからおわかりになると思います。

2月12日ダーウィン・デー_c0025115_23004992.jpg

 さて、今日は夜になっても気温が下がってきません。

2月12日ダーウィン・デー_c0025115_23093949.jpg

 ひょっとするとプラスのまま明日になるかもしれません。










by STOCHINAI | 2020-02-12 23:13 | 生物学 | Comments(0)
 水挿しにしたツユクサ(ホワイト・ベルベット 白雪姫)が今朝は3輪も咲いていました。

我々の脳は色と形を別々に扱っているらしいことを示す「幻覚」_c0025115_21483744.jpg
 やっぱり暖かいのがいいのでしょうね。

 クリスマス・カクタスもあっという間に満開期になってしまった感じです。

我々の脳は色と形を別々に扱っているらしいことを示す「幻覚」_c0025115_21484377.jpg

 さて今日は Scientific American のサイトで面白い記事を見つけました。我々の「幻覚」を解析することで脳の中で色と形が別の部位で、別々に処理されていることがわかるというものです。

我々の脳は色と形を別々に扱っているらしいことを示す「幻覚」_c0025115_21532160.jpg

 きれいな色をしたインコの写真が冒頭に出てきますが、この写真をよく見ると色のついているのは格子状の部分だけで、インコそのものの写真は白黒(グレイ)です。それなのにパッと見るとカラー写真に見えるという「幻覚」です。

我々の脳は色と形を別々に扱っているらしいことを示す「幻覚」_c0025115_21553700.jpg

 このインコの色などについて記憶しているのでそのように見えてしまうのではないことは、このインコを初めて見たという人でもそのように見えることから、記憶などではなく我々の脳が色と形を別々に近くして合成しているからだというのがこの記事の説明のようでした。

 この幻覚を生むための写真の作り方が解説されています。

 まずカラー写真から色情報を網目状に抜き出します。

我々の脳は色と形を別々に扱っているらしいことを示す「幻覚」_c0025115_22005124.jpg

 カラー写真に網目状のスクリーンをかけて、網目の細い部分だけを残すとぼんやりとしたカラーの画像が得られます。格子状に透明な部分のあるすりガラスを透してインコを見ている感じで、拡大するとこういうふうに見えます。

我々の脳は色と形を別々に扱っているらしいことを示す「幻覚」_c0025115_22030137.jpg

 続いて、同じ写真を白黒(グレイ)にして、形の情報を抽出します。

我々の脳は色と形を別々に扱っているらしいことを示す「幻覚」_c0025115_22045644.jpg

 これはちょうど網の向こうにいるインコを見ている感じになります。

 拡大するとこうです。

我々の脳は色と形を別々に扱っているらしいことを示す「幻覚」_c0025115_22050404.jpg

 こうしてつくられた2枚の写真を重ね合わせると、色のついた網と色のないインコが見えるかというとそうはならずに2つの画像に含まれる情報が合わさって色のついたインコが見えてくるというわけです。

我々の脳は色と形を別々に扱っているらしいことを示す「幻覚」_c0025115_22075740.jpg

 最初の写真がこうして作られたもので、よく見ると確かに格子の部分にだけ色がついていて、四角い部分は白黒です。

我々の脳は色と形を別々に扱っているらしいことを示す「幻覚」_c0025115_22102502.jpg

 というわけで、我々はよく「この目で確かに見た」などと主張するわけですが、確かに見たはずのものが「幻覚」だったのかそうではなかったのかは自身がなくなってくる記事でありました。

 「目撃証言」などというものも疑ってかかったほうがいいのかもしれません。










by STOCHINAI | 2019-10-27 22:16 | 生物学 | Comments(0)
 生物学の研究でいまだに多くの人を引きつけるのもののひとつはなんといっても「新種の発見」だと思います。とはいっても、最近発見される新種は目に見えないような小さな生き物や、大きな生き物ではどう見ても同じにしか見えないものが遺伝子DNAを調べてみると別の種が混ざっていたということがわかり種が分けられたというようなものが多く、大型の動物ではっきりと形も違う新種が発見されるということはそうそうありません。そういう状況でありながら、なんとこのたびあの大きなワニ(クロコダイル)の新種が見つかったという論文が発表されました。これが新種として記載されたニューギニアのワニです(フロリダの動物園で飼育されているもの)。

ワニの「新種」が発見された_c0025115_23264955.jpg

 ニューギニアにすむこのワニが今まで新種として認識されてこなかったのは別の種だと思われていたからでした。

 ニューギニアの地図がこちらです。

ワニの「新種」が発見された_c0025115_23285426.jpg

 見てすぐにわかるように、この島は島全体を貫く山脈によって北と南に分けられていますが、北にも南にも同じ種のニューギニアワニ(Crocodylus novaeguineae)がすんでいると考えられてきました。ところが1980年代に Philip Hall という研究者が山脈に北に住むワニと南に住むワニは生殖行動などが違うことを見出し、これらは別の種なのではないかという論文を書いていました。残念なことに彼はこれらが別の種であると言うことを証明する前に亡くなってしまったのですが、このたび4人の研究者が各地の博物館に収められている51個のニューギニアワニ(Crocodylus novaeguineae)の骨格標本を詳しく調べることで、南のワニと北のワニは形態的にもはっきりと異なる別の種であることを証明したのです。

 詳しく調べられたのは頭骨の標本です。調べるポイントを細かく決めて定量的に比較しました。

 こちらが測定した頭骨の部位です。

ワニの「新種」が発見された_c0025115_23412043.jpg

 上が背中側からみたもので、下が腹側(口の中)からみたものです。

 調べてみると、北のワニと南のワニははっきりと違うものだとわかりました。こちらが背中側。

ワニの「新種」が発見された_c0025115_23413163.jpg

 そしてこちらが腹側です。

ワニの「新種」が発見された_c0025115_23413415.jpg

 3つのうちの一番上が北の集団、下2つが南の集団です。我々素人がみても下の2つは鼻先が丸く太いのがわかりますね。これを詳しく調べた論文がこちらです。

ワニの「新種」が発見された_c0025115_23451158.jpg

 オープンアクセスなのでどなたでも全文を読むことができます。

 この論文で今まで1種のニューギニアワニ(Crocodylus novaeguineae)の種内変異とされていた南のワニは新しい名前を与えられました。その名も前にワニが2種類いるのではないかと主張していたHallさんにちなんでホールのニューギニアワニ(Crocodylus halli)という学名です。

 学名に研究者の名前がつけられるということは最近はあまり多くはなくなってきたのですが、このケースのように新種だろうと主張しながら、そのことを証明できずに世を去った研究者に敬意を表して種名に残されるなどという話は、分類学以外ではなかなかない「生物学のいい話」ではないかと思います。

 それとともに、90年前に採集されて世界の博物館で保存されている標本が、現在でも新しい種を記載するための材料になるという博物館と標本というものの貴重性を証明することにもなった研究者の働きにも乾杯したいところです。


【追記:解説記事】












by STOCHINAI | 2019-09-27 23:55 | 生物学 | Comments(0)
 数日前に配信されてきたNational Geographic 10月号の表紙です。

National Geographic とビュフォンの博物誌_c0025115_21475090.jpg

 昨年の春に死亡した地球最後のキタシロサイのオスであるスーダンの最期の姿です。あと世界に残っているキタシロサイはスーダンの娘と孫娘の2個体のメスだけとなりました。スーダンは死んだ時に精子を取り出されて保存されていますが、残ったメスは既に老齢でありこれらの個体が子どもを生むことは考えられないため、これらの個体から卵細胞を取り出しスーダンの精子と人工授精して近縁種のミナミシロサイを代理母として子どもを生ませることが計画されていますがうまくいくかどうかはわかりません。

 いずれにしても我々はキタシロサイの絶滅の瞬間に立ち会っています。

 このように我々の時代になって大型の動物が地球から次々に姿を消しています。その原因の多くはヒトが作っていることもわかっています。キタシロサイに続いてヒトが絶滅させようとしている動物の写真集も載っていました。

National Geographic とビュフォンの博物誌_c0025115_21540800.jpg

 動物園や水族館でおなじみの動物もいますが、彼らは確実に絶滅の道を行進中なのです。

 さて最後のキタシロサイはチェコの動物園で繁殖されていたのですが経済的な理由で繁殖計画は中断され、お爺さんであるスーダンと娘と孫娘の3頭はケニアのオルペジェタ自然保護区に移動されて武装したレンジャーに24時間警護されていましたが、スーダンが老齢のため昨年亡くなったというわけです。

 これは保護区で撮られたスーダン(左)と孫娘(右)の記念写真です。

National Geographic とビュフォンの博物誌_c0025115_22034950.jpg

 2頭とも密猟を恐れて角が切除されていますが、サイの絶滅は主にこの密猟によるものだということですからヒトとは本当に罪深い存在です。さて、このサイを我々人間が知ることになったのはほんの250年くらい前だということを示しているのがこちらの絵です。

National Geographic とビュフォンの博物誌_c0025115_22055077.jpg

 日本ではビュフォンの「博物誌」として知られる図鑑に描かれたサイです。上の写真と比べると似てはいますが、皮膚が鎧のようになっていることなどから実際に見た人が描いたものではないのかもしれません。こちらはストラスブール大学の図書館のデジタル遺産コレクションとしてパブリックドメインとして公開されているものです。最近パブリックドメイン・レビューで紹介されていました。


 もうひとつ「博物誌」からキリンの絵を借りてきました。

National Geographic とビュフォンの博物誌_c0025115_22113760.jpg

 こちらもナショジオからキリンの写真を引用してみます。

National Geographic とビュフォンの博物誌_c0025115_22114260.jpg

 どうでしょうか?やはりいろいろと違うところがありますね(笑)。

 わずか四半世紀くらい前にようやく知ることになったこれらの動物が今や絶滅の危機にあるというのですから、人間の活動の激しさとその気の短さで地球全体がガタガタになってきていることも不思議ではないような気がします。

 これらの動物を絶滅させないようにすることは単なるセンチメンタリズムではなく、我々人間というものの生き方を考え直すきっかけになるはずだということが絵や写真を通じて訴えかけてくるように思われる時代を超えた2つの雑誌の出会いのような気がします。

 もちろん人間がいなくても生物は絶滅を繰り返してきてはいるのですが、産業革命以降の人間のやっていることは次元の違う「皆殺し」だということがしみじみと感じられてなりません。

 どうしたものでしょうね?





【追記】
 忘れていましたが、今朝もツユクサは咲きました。2日前に初めて咲いた枝の先でした。このくらい寒くなってくると1日おきという周期は無理になってきているような気もします。





by STOCHINAI | 2019-09-19 22:21 | 生物学 | Comments(0)
 ややこしくなってきたのですが、昨日咲いたツユクサの花は今まで咲いたことのなかった茎の先端でした。それと関係があるのかないのかまだわかりませんが、それまで1日おきに咲いてきた茎の先端では昨日は花が咲きませんでしたので、この位置に花がさくのは終了したのかと思っていたら、なんと今朝またその場所に花が咲いたのです。

 これがそれです。

今朝咲いたツユクサの位置が不思議_c0025115_21283748.jpg

 雨上がりの朝でしたので葉は濡れています。咲いた花もナメクジかなにかに食べられたのか左側の縁が欠けていますが、今までと同じ普通の花だと思います。

 右の奥のほうの茎の先端にちょっと濃い赤いい点が見えるのが昨日咲いていた花がしぼんだものです。

 ここで、また新しい「仮説」が頭をもたげてきました。それは「このツユクサはもともと一株のものなので、同じでは花は1日おきにしか咲かず、ある茎の先端で花が咲く時、他の茎の先端に咲きかけのツボミがあったとしてもその開花は抑制される」というものです。もしもこれが真実ならば、ツユクサには花を咲かせるフロリゲン以外に同じ株の花の開花を抑制するアンチ・フロリゲンというものが存在するかもしれず、それが証明されたならばなかなかの「世紀の大発見」になるのかもしれません。とりあえず、あと数日観察を続ければこの未熟な「仮説」は簡単に棄却される可能性は高いですが、いずれにせよ仮説の検証というだけでワクワクするのはまだ私にも「科学者スピリット」が残っているということなのかもしれません(笑)。

 今日の午後は孫のお供で生まれてはじめて月寒公園に行きました。

今朝咲いたツユクサの位置が不思議_c0025115_21393019.jpg

 想像していたよりはるかに広く美しい公園でした。今日はすべてを踏破できませんでしたので、また行ってみたいと思います。

 夜になっていきなり近くで轟音が響いてびっくりしたのですが、今日は「モエレ沼芸術花火」の日でした。

 いつもは我が家からでもそこそこ楽しめるくらい見えるのですが、今日は前半は高いところには雲で隠されていたようで、ドカーンという音はすれども姿が見えない状態で、低いところではじけた花火がかろうじて見えるくらいでしたので、早々に見るのをあきらめていました。

今朝咲いたツユクサの位置が不思議_c0025115_21453837.jpg

 それでもドーン、ドーンという音を聞くと気になって、後半になってからまたベランダに出てみると、雲がなくなって高いところの打ち上げ花火も見えるようになっていました。

 雲や電線が邪魔ですが、まあまあ花火らしい花火が見えてきました。

今朝咲いたツユクサの位置が不思議_c0025115_21492722.jpg

 同じ高さに上がっている色変わりです。

今朝咲いたツユクサの位置が不思議_c0025115_21513978.jpg

 フィナーレに近い頃に上がった大玉です。

今朝咲いたツユクサの位置が不思議_c0025115_21531901.jpg

 今日の昼間は曇っていて気温は昨日ほど高くはなかったのですが、湿度が高くまた公園で遊んでいたこともあって大汗をかきました。

 そんな昼が終わって涼しくなった夜空に上がる花火を眺めるのは、「行く夏を惜しむ」という感じでなかなか風流なものでした。

 明日はなんと30℃から32℃までを予報している天気予報もあって大変な暑さになりそうです。明後日までは台風が連れてくる熱風で最後の(何回目だ?)夏を楽しみたいとおもいます。








by STOCHINAI | 2019-09-07 21:57 | 生物学 | Comments(0)

ツユクサの咲かない朝?

 一昨日咲いたツユクサですから、今朝は咲くはずでした。

ツユクサの咲かない朝?_c0025115_21513539.jpg

 ところが、一日おきに咲き続けた花が今朝はありません。上の写真の手前の枝の頂点に咲くはずだったのです。

 ところが、ところがです。よくよく見るとず~っと奥のほうに花が咲いているではありませんか。

 根本はつながっている同じ株の別の枝先に紫色のものが見えます。なんと今朝はこちらに始めて咲きました。

ツユクサの咲かない朝?_c0025115_21513861.jpg

 株全体で一日おきの開花の辻褄を合わせたのか、たまたまこちらの枝先が咲きおわったタイミングで別の枝が咲き始めたのかはわかりませんが、おもしろい現象をまた見つけてしまったようです。

 こちらの枝先の花も今までのものと同じように一日おきに咲くのか、はたまた一昨日まで咲いていた枝はどうなるのか、観察する楽しみがまた増えました。

 さて、またパブリックドメインものですが、The PUBLIC DOMAIN REVIEW で紹介されていたものです。まだ著作者がなくなって数年しかたっていないのですが、ジョン・マーゴリーズ John Margolies (1940–2016) がアメリカの道路脇に立つ建物や看板などを写した Roadside America が彼によって管理を委託された米国議会図書館からパブリックドメインとして公開になっています。

 アメリカの田舎の道路脇にはいかにも古き良きアメリカを象徴するようなものが点々と建っていて、写真を見ているだけでも車でアメリカ大陸を横断している気分にさせてくれます。Amazonから書籍として購入することもできますが、せっかく彼が著作権を放棄して議会図書館で公開してくれたすべての原版写真をお楽しみください。

 その中から気になったいくつかをここでもご紹介します。

 本の表紙にもなっている有名なミネソタのレストランです。

ツユクサの咲かない朝?_c0025115_22252171.jpg

 寂しいところに立っていますが、クラブカフェが近いという看板です。

ツユクサの咲かない朝?_c0025115_22262521.jpg

 こんな寂しいところでこんな看板に出会ったら思わず立ち寄りたくなります(笑)。

 洗車場です。

ツユクサの咲かない朝?_c0025115_22284116.jpg

 キャバレーですか?

ツユクサの咲かない朝?_c0025115_22294883.jpg

 シアトルのガソリンスタンドだそうですが、いかにも「西部」の趣です。

ツユクサの咲かない朝?_c0025115_22312301.jpg

 「インド交易所郵便局」などと書いてありますが、レストランでしょうかね。寄りたくなります。

ツユクサの咲かない朝?_c0025115_22333961.jpg

 なんとこんなところにドライブイン・シアターが(カリフォルニア)。

ツユクサの咲かない朝?_c0025115_22344052.jpg

 ニューメキシコにあるアステカ風のモーテル。今日はここに泊まりましょうか?

ツユクサの咲かない朝?_c0025115_22355877.jpg

 と、眺めているといつまでも終わらないのですが、「パリ・テキサス」のようなロード・ムービーを見るような気分になりながら、懐かしいアメリカを堪能できます。








by STOCHINAI | 2019-09-06 22:42 | 生物学 | Comments(0)

ファーブル昆虫記

 日本では知らない人はいないほど有名なファーブル昆虫記で、日本語版もくり返し出版されていますが、原著や翻訳版の多くもすでにパブリック・ドメインになっています。

 昨日はブログThe Public Domain Reviewでファーブル昆虫記の英語版が紹介されていました。もちろん全編パブリック・ドメインです。

 これが扉です。

ファーブル昆虫記_c0025115_22133873.jpg

 こちらで全ページを見ることができます。

ファーブル昆虫記_c0025115_22170624.jpg

 文献の紹介を見るとファーブルの原著をAlexander Teixeira de Mattosという人が英語に翻訳した本のようです。その中の図はファーブルの本の原図ではなく、この本のためにE. J. Detmoldという人がイラストを描いています。そのイラストがけっこういいのでご紹介します。

 セミです。

ファーブル昆虫記_c0025115_22210374.jpg

 ミノムシとミノガです。

ファーブル昆虫記_c0025115_22212208.jpg

 スズメバチとその巣です。

ファーブル昆虫記_c0025115_22214908.jpg

 そして、ファーブルと言えばフンコロガシのコガネムシですね。

 まずは転がしているようす。

ファーブル昆虫記_c0025115_22224507.jpg

 そして巣です。

ファーブル昆虫記_c0025115_22224955.jpg

 この本の原著となるフランス語版ファーブルの昆虫記もこちらで公開されています。

 
ファーブル昆虫記_c0025115_22254553.jpg

 こちらの本の中にあるフンコロガシたちの図も見ることができます。

ファーブル昆虫記_c0025115_22254962.jpg

 こちらも上の図と比較してみてください。

ファーブル昆虫記_c0025115_22255439.jpg


 見ているだけでも十分楽しいですが、これだけのものにネットを通じてアクセスできるならばその情報だけで修士論文くらい書けそうですね(笑)。









by STOCHINAI | 2019-07-06 22:30 | 生物学 | Comments(0)
 1886年に米国農務省が作成した世界の果物の細密水彩画7500点以上がこちらで公開されています。

米国農務省の果物水彩画コレクションが公開されています_c0025115_22202998.jpg

 画像は自由に利用していいのだそうですが、こちらの文章を付けてくださいということです。以下に紹介するのはすべてこちらからの引用なので一括してこちらに表示させていただきます。

"U.S. Department of Agriculture Pomological Watercolor Collection. Rare and Special Collections, National Agricultural Library, Beltsville, MD 20705"

 今回はいくつかのおなじみの果物を検索してみました。

 まずは今が盛りのサクランボです。

米国農務省の果物水彩画コレクションが公開されています_c0025115_22253721.jpg


 次はイチゴ。

米国農務省の果物水彩画コレクションが公開されています_c0025115_22254909.jpg

 アボカド

米国農務省の果物水彩画コレクションが公開されています_c0025115_22272202.jpg

 ブルーベリー

米国農務省の果物水彩画コレクションが公開されています_c0025115_22272901.jpg

 最後はブラックベリーです。

米国農務省の果物水彩画コレクションが公開されています_c0025115_22273569.jpg

 これほど素晴らしい図版を「ご自由にお使いください」と言われる時代って、やっぱりいいんじゃないでしょうか(笑)。









by STOCHINAI | 2019-06-27 22:30 | 生物学 | Comments(0)
 今年もダンゴムシが出てきたので捕まえて飼育をしています。

ダンゴムシは意外と水が好き_c0025115_22220644.jpg

 我が家ではワラジムシとダンゴムシが一緒にとれるのですが、どちらかというとダンゴムシはワラジムシよりは乾燥しているところにいる気がするので、飼育するときにも少し乾燥気味の環境を用意しておくことが多いのですが、そうすると意外にも乾燥して死んでしまうことが多いように思いました。

 そこでミズゴケなどで適度な湿り気を与えて管理しているつもりなのですが、なかなか湿度の維持が難しいと思っていました。

 というわけで、先日からスポンジに水を染み込ませた「水飲み場」を作ってやったところ、意外なことにそこにダンゴムシが集まって休憩しているではありませんか。

ダンゴムシは意外と水が好き_c0025115_22221687.jpg

 実は、ダンゴムシは水が好きだったということを認識できました。これなら乾燥して死ぬこともないでしょう。

 それから、ダンゴムシは植物食なのだろうと思って、枯れ葉やミズゴケをやっていたのですが、こちらも実はいろいろあったほうが良さそうな気がして、今はザリガニのエサを与えています。

ダンゴムシは意外と水が好き_c0025115_22223096.jpg

 こちらも意外と食べているような気がします。

 というわけで、ダンゴムシの飼育環境が確定できたら飼育キットでも作って売り出してみようかと思っています(笑)。

 日陰にあってなかなか咲かなかったシャクヤクも咲きました。

ダンゴムシは意外と水が好き_c0025115_22223978.jpg

 玄関前では、今年はまだ見ていないトンボの死骸をアリたちが一所懸命引きずっていました。

ダンゴムシは意外と水が好き_c0025115_22223677.jpg

 こちらの気が付かないうちにも動物も植物も必死で夏を生きているのでした。








by STOCHINAI | 2019-06-19 22:31 | 生物学 | Comments(0)
 沖縄にいるヤンバルクイナもあまり飛ばないようですが、もともとクイナの仲間は飛ぶことのできるトリです。

 マダガスカルに分布しているノドジロクイナというトリが400キロメートルほど海を隔てたサンゴ礁(環礁)の島に移り住んで、飛ぶ能力を失うように進化したことが知られています。


この島に来ると飛べなくなるように進化するクイナ_c0025115_22213113.jpg


この島に来ると飛べなくなるように進化するクイナ_c0025115_22232326.jpg

 見た目はそんなに違いませんが、マダガスカルに住むものは飛べて、アルダブラ諸島に住むものは飛べなくなっています。

 実はアルダブラ諸島は過去に何度か海面上昇による水没を経験しており、その時に陸上生物はすべて絶滅してしまっていることも知られています。

この島に来ると飛べなくなるように進化するクイナ_c0025115_22280711.jpg

 おもしろいことにこの島からは13万6000年前の最後の水没によって絶滅したそれ以前に生きていた別亜種のノドジロクイナの化石も出てきており、驚くべきことにそれは現在生きている飛べなくなったノドジロクイナの亜種とよく似た飛べない特徴をもつ骨格を持っていたこともわかりました。つまり、飛べなく進化していたのです。

 今この島に住んでいる飛べなくなったノドジロクイナの亜種は13万6000年前の最後の水没の後にマダガスカルから移住してきたグループだということが確かめられており、その前に住んでいたノドジロクイナはおそらく24万年前から22万年前にマダガスカルからやってきて住み着き飛ぶ能力を失う進化をしたことが想定されました。そして、彼らは飛べなくなっていたために13万6000年前の島の水没とともに絶滅してしまったのです。

 ということは、この島にやってきて数万年住み着くとノドジロクイナは飛ぶ能力を失ってしまうという進化をするというルールがあるのではないかということが推測されます。進化学ではこうした減少を収束進化または収斂進化と呼び、特定の環境のもとでは同じような生物は同じような過程を経て同じような進化をするということが考えられています。

 収斂進化は結果としてたくさんの例が見られると主張されていますが、今回のように化石と地質的変遷という証拠が揃って示された例は極めて少なく、同じ環境のもとでは同じ進化が繰り返されるということの強い証拠となるものと考えられます。

 このことを示した論文はZoological Journal of the Linnean Societyの5月8日号に掲載されています。

この島に来ると飛べなくなるように進化するクイナ_c0025115_22471625.jpg

 残念ながらオープン・アクセスではありませんが、あまりにもおもしろいので日本語にも訳された解説記事があります。


 ヤンバルクイナの先祖もどこかから渡ってきて、沖縄の気候のよさに飛ぶことをやめたのだとしたら、クイナは小さな島を見つけると飛ぶことをやめるように進化するという一般的性質があるということも証明されるのかもしれません。

 それにしても、動物がのんきな方へ進化するというのは想像するだけでも楽しいことですね。

 のんきに暮らす飛べないノドジロクイナの想像図はこちらにもありました。

この島に来ると飛べなくなるように進化するクイナ_c0025115_22554360.jpg

 飛べないので島の水没とともに絶滅してしまったのですが、水没がなかったとしてもこんなところにヒトがはいってきたら、カメもクイナもあっという間に滅びてしまう危険性も大きいですよね・・・。









by STOCHINAI | 2019-05-20 23:05 | 生物学 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai